40歳以上の人は週3日しか働かないほうがいい」と指摘する専門家がいる理由



thepremierdaily.com

もし、あなたが月曜から金曜までの週休2日制以外の仕事を選べるとしたら、あなたはそれを選びますか?おそらく、あなたの答えは「はい」、「絶対に」、「すぐに」、「文句なしに」、特に週3日しか仕事をしないのであればなおさらです。幸運なことに、今度上司のオフィスに行って新しいスケジュールや休暇の交渉をするときに引用したい研究結果があります。

2016年、経済研究者たちが「Melbourne Institute Worker Paper」シリーズで発表した研究によると、40歳以上の労働者の場合、週休3日制にすると最高のパフォーマンスを発揮できるという結果が出ました。これを聞いて、自分のワークライフバランスに基づいて何年も前から知っていたことを確認しただけ、という人もいるでしょう。しかし、彼らはどのようにして魔法の数字である「3」にたどり着いたのでしょうか?

週3日の仕事は、本当に有益なのか?



メルボルン大学のMelbourne Institute of Applied Economics and Social Researchは、オーストラリアの女性3,500人と男性3,000人を対象に、一連の認知テストを通じて仕事の習慣を分析してもらいました。その中には次のようなものがありました。

人々の生活の質、経済的な幸福度、家族構成、雇用などを考慮した結果、経済研究者たちは、週に平均25時間働いている人が最も高いパフォーマンスを発揮する傾向にあることを発見しました。実際、全体的な認知能力は、25時間を超えるまでは上昇していましたが、25時間を超えると、疲労やストレスのために認知テストのスコアが低下し始めました。

研究に参加した慶應義塾大学経済学部のコリン・マッケンジー教授は、「仕事は諸刃の剣です」と述べています。「脳の活動を活性化させることができますが、同時に、長時間の労働や特定の種類の作業は、疲労やストレスの原因となり、認知機能にダメージを与える可能性があります」。


プライドがあるのか、本当に仕事が好きなのかは別として、気をつけないと、仕事に没頭した結果、燃え尽きてしまうことがあります。そこで、家族や友人よりも職場を大切にしている人が気をつけるべきことをいくつかご紹介します。

特に、定年退職や公的年金の受給年齢が後ろ倒しになる可能性がある中で、体や脳を犠牲にして苦痛を伴う労働をすることは、良いトレードオフではなく、持続可能なものでもありません。

フランスなどの国では、勤務時間外に従業員にメールを送ることを違法としているのには理由があります。また、科学者たちは現代の週休2日制を4日制に変更することを提案しています。このように、少なくとも北米では、ワークライフバランスに真剣に取り組む必要があるのは言うまでもありません。

週休3日制に賛成の方はSay "Aye!"



機会があれば、誰もがそう思うのではないでしょうか。実際、この報告書の数字によると、非常に長い時間働いている人は、働いていない人よりも認知能力が低いということです。

ランカスター大学経営大学院の経済学教授であるGeraint Johnesは、「著者らが発見したのは、労働者が週25時間働くまでは認知機能が向上し、それ以降は低下するということです」と述べています[1]。「実際、最初のうちは低下は非常にわずかで、労働時間が週35時間になってもあまり効果はありません。週40時間を超えると、その減少はより急速になります」。


とはいえ、誰もが仕事と遊びのバランスが取れた、情熱を持って取り組める高収入の仕事に就けるわけではないことは理解しています。長時間労働を余儀なくされている人や、今の仕事に飽き飽きしている人は、自分が最も大切にしたいことで人生を満たしてください。さて、あなたはどう思いますか?週に3日働きますか?

https://thepremierdaily.com/why-experts-suggest-that-people-over-40-should-only-work-3-days-a-week/
317 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧