電球の危険性を発見した男性が周囲に注意を促す



thepremierdaily.comより

ほとんどの人は家の火事を経験することはありません。しかし、経験したことのある人、あるいは危うく火事を免れた人は、その恐ろしさを実感していることでしょう。この男性は、電球が原因で家が火事になるところだったとFacebookに投稿しました。この男性の投稿をきっかけに、多くの人が自分の家の電球をチェックするようになりました。

てんとう虫の入った電球で家が火事になるところだった。

2019年、ジェイソン・ウィテカーという男性が、家族と一緒に家の火事を経験しかけたことをFacebookに投稿しました。その犯人は?てんとう虫がたくさん入っていた電球です。彼は投稿の中で、電気火災の始まりのようなにおいを嗅ぎ続けたことを説明しています。その匂いの原因を探すために、彼は「家をバラバラにした」と言っています。最終的に、彼は電球の一つにてんとう虫がいることを発見しました。

この電球はあなたの家を燃やします。このランプの中に4~5年入っています。てんとう虫だけがぎっしり詰まっています。発火する寸前までいったのがわかる。私はすべての電球を交換しました。あなたも確認してください」と書いています。


インターネットで感謝される

もちろん、この写真と彼の話には多くの人が衝撃を受けた。多くの人が、自分の家にも同じ電球があり、てんとう虫もたくさんいると言っていました。すぐに確認するように言われました。

わぁー。うちも調べてみようかな。うちにはてんとう虫がいっぱいいるよ」と言う人もいました。

だから、今夜は私の分もチェックして、その種類を使います」と言う人もいました。


多くの人が、この電球の危険性について話していました。このような理由で、昔から別のタイプの電球を使っていたという人もいました。

私は昔、1つのランプが燃えて火事になりそうになった後、すべてのランプを外しました。すべての照明をLED電球に取り替えた。君のホームステッドの友人に何も起こらなくてよかったよ」とある人が言った。

私はあの蛍光灯が好きではありませんでした。私はすべての電球をLEDに変えてきました。これで無事に済んでよかったよ」と話す人もいました。


あなたの家で最も安全な電球は?

品質の悪い電球や不適切に使用された電球は、常に危険です。ハンセンライティングによると、最も安全なのは高品質のLED電球だそうです。また、最近ではプラスチックやアクリル製のものが多く、飛散しにくく、万が一割れても危険性が少ないという。おまけに消費電力も少なく、頻繁に交換する必要もありません。

一口に電球といっても、さまざまな種類があります。ここから得られる教訓は、常に高品質のものを購入し、メーカーの指示に従って使用するようにすることです。何か変な臭いがしたり、少しでも不安を感じたら、プラグを抜いて取り外すこと。家の火災を防ぐためには、常に安全側に立つことが大切です。

https://thepremierdaily.com/startling-light-bulb-discovery/
1230 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧