皮膚科医が語る「爪のカビ」の原因と対処法



thepremierdaily.comより

足の爪のカビは楽しいものではありません。見た目も悪いし、感触も悪いし、不快感もあります。サンダルを履いたり泳いだりするのも気が引けますし、他の感染症と同様、放置すると危険な状態になることもあります。爪真菌の原因はいったい何なのか、どうすれば治るのか。これは、あなたが知っておくべきことです。

爪真菌とは?

まず最初に、この症状は皆さんが思っているよりもずっと一般的なものだということをお伝えします。もし、あなたがこの病気にかかっているとしたら、それは決してあなただけではありません。爪真菌は、通常、爪の先端の下に白または黄色の斑点として始まります。足の爪によく見られますが、指の爪にも発生することがあります。爪の奥深くまで感染が進むと、爪が厚くなったり、変色したり、端の方がガサガサになったりしてきます。

爪真菌は爪水虫とも呼ばれています。爪水虫が足の指の間や足の皮膚に感染するのに対し、爪水虫は爪にのみ感染する点が異なります。爪水虫は軽度でトラブルもなく、自然に治ることもあります。痛みがあり、爪が薄くなってしまった場合は、適切な処置をする必要があります。残念ながら、感染症が再発することが多いのです。

爪真菌の原因は?

真菌性爪炎は、意外にも真菌が原因で起こりますが、酵母やカビも原因となります。若い人よりも年配の方に多く見られます。というのも、年齢を重ねると爪がもろくなり、乾燥してしまうからです。そのため、ひび割れが生じ、感染症にかかりやすくなります。菌はいろいろなところから拾うことができます。床、爪切り、そして常に靴を履いているということだけでもリスクがあります。リスクとなる要因は以下の通りです。

  • 高齢になると、血流が悪くなり、真菌にさらされる期間が長くなり、爪の成長が遅くなるため。
  • 大量に汗をかく
  • 水虫の既往歴がある。
  • プールやジム、シャワールームなど、湿気の多い場所を裸足で歩く。
  • 皮膚や爪に軽傷を負ったことがある、または乾癬などの皮膚疾患がある。
  • 糖尿病、血行障害、免疫力の低下がある。


  • 爪真菌の症状

    爪真菌の症状はいくつかあります。わからない場合は、以下のリストをチェックしてみてください。

    • 厚みのある
    • 白っぽい、または黄褐色の変色
    • 脆い、砕けやすい、ボロボロになる
    • 形が歪んでいる
    • 爪の下にゴミが溜まって黒くなっている
    • 少し臭いがする


    このような症状がある場合は、まずセルフケアから始めましょう。症状が続いたり、悪化したり、痛みを伴うようであれば、医師の診断を受けてください。

    感染症にかかった場合の対処法

    いつものように、予防は必要な介入よりも優れています。頻繁に手足を洗う、爪切りを消毒して正しく切る、汗を吸収する靴下を履くなどが有効です。また、清潔な靴下を履き、足を呼吸させることも感染予防に役立ちます。また、プールや更衣室などでは必ず靴やサンダルを履くようにし、アクリルネイルをやめてみるのもいいかもしれません。

    爪が感染している場合は、その爪をトリミングして薄くすると効果的です。また、市販の抗真菌性の爪用クリームや軟膏を購入することもできます。これらが効かない場合は、医師が処方することもあります。

    • 抗真菌薬の経口投与
    • 薬用ネイルポリッシュ
    • 薬用ネイルクリーム


    場合によっては、外科的に爪を切除しなければならないこともあります。最も重要なことは、爪の感染症にかかった場合、本当にひどい状態になるまで何かをするのを待たないことです。早めに対処することで、より抜本的な対策を講じる必要がなくなります。

    https://thepremierdaily.com/dermatologists-explain-the-cause-of-nail-fungus/?t=rel
    796 : PV
    コメントを投稿
    お名前
    タイトル
    コメント
    ※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

    コメント一覧