NASAは、気候変動の原因がSUVや化石燃料ではなく、地球の太陽軌道の変化にあることを認めています。



naturalnews.comより

アメリカ航空宇宙局(NASA)は60年以上前から、惑星の気象パターンに起きている変化が全く自然で正常なものであることを知っていました。しかし、NASAはなぜか人為的な地球温暖化のデマを流し続け、人類の自由を奪ってきた。

正確には1958年にNASAが、太陽の軌道の変化と地球の軸の傾きの変化が、今日の気候科学者が「温暖化」(あるいは「冷温化」)と呼んでいる現象の原因であることを初めて観測した時のことである。つまり、人間がSUV車を運転したり、牛肉を食べたりすることで、地球を温めたり冷やしたりしているわけではないのである。

しかし、NASAはこれまでのところ記録を正すことをせず、代わりにリベラル派が家畜の食べ過ぎやプラスチックストローの食べ過ぎで12年後に世界が終わると騒ぐのを黙って見守ることにしている。

2000年、NASAは地球観測所のウェブサイトでミランコビッチ気候理論に関する情報を公開し、地球は実際に人間の活動とは全く関係のない外部要因によって変化していることを明らかにした。しかし、この情報は19年経った今でも主流になっていない。そのため、気候にこだわる狂った左派の人々は、二酸化炭素(CO2)の過剰排出によって地球が滅びるまで、本当にあと18カ月しかないと主張し始めている。

しかし、実際には、ミランコビッチ気候理論の名前の由来となったセルビアの天体物理学者、ミルーティン・ミランコビッチが提唱したように、地球に降り注ぐ太陽放射の季節的・緯度的変動が、地球の気候パターンの変化に最も大きな影響を与えているのです。

下の2枚の画像(ロバート・シモン氏、NASA GSFC)は、このことを説明するのに役立ちます。1枚目は、ほぼゼロの軌道にある地球、2枚目は0.07の軌道にある地球を示しています。この軌道の変化は、2枚目の画像では偏心した楕円形で表現されているが、これは近日点か遠日点かによって地球と太陽の間の距離が大きく変化することを示すために、意図的に誇張されたものである。





「地球の軌道の最大離心率である0.07でさえ、ウェブページの解像度で表示するのは不可能だ」とHal Turner Radio Showは指摘する。「それでも、現在の離心率0.017では、近日点での地球は遠日点での地球よりも500万kmも太陽に近いのです。"

気候変動や地球温暖化に関する、体制にとらわれない独立した視点からの関連ニュースについては、ClimateScienceNews.comをぜひご覧ください。

地球の気候を左右する最大の要因は太陽

地球の斜行については、下の2枚の画像(Robert Simmon, NASA GSFC)で、地球の軸と回転方向がどの程度ずれているかを見ることができます。地球の傾きが大きくなると、四季の変化が激しくなり、逆に小さくなると穏やかになります。地球の回転軸も同様で、近日点でどちらの半球が太陽を向いているかによって、両半球間の季節の違いに大きな影響を与えることになる。





これらの変数をもとに、ミランコビッチは過去にさかのぼって地球の表面温度を計算できる包括的な数学モデルを構築しましたが、その結論はシンプルです。地球の気候は常に変化しており、人間のせいではなく、常に変化し続けているのです。

ミランコビッチがこのモデルを発表してから、半世紀近く無視され続けた。そして1976年、ミランコビッチの理論が正確であり、歴史上のさまざまな気候変動の時期に対応しているという研究結果が『サイエンス』誌に発表された。

この研究が発表されてから6年後の1982年、米国科学アカデミーの国家研究評議会は、ミランコビッチの理論を真実として採用し、次のように宣言した。

「軌道変動は、数万年の時間スケールでの気候変動のメカニズムを最も徹底的に検証したものであり、日射量の変化が地球の下層大気に直接影響を与えている最も明確なケースである」と宣言し、ミランコビッチ説を真実として採用した。

全体を一言でまとめるとすれば、こうなります。地球上の天候や気候パターンに影響を与える最大の要因は太陽である、ということです。太陽に対する地球の位置によって、気候条件は大きく変化し、地球の仕組みについて人間が知っていたと思っていたことを覆すような異常事態が発生することもある。

しかし、今日の気候変動の「科学者」たちは、この真実を受け入れるどころか、左派の政治家や共謀する主流メディアとともに、スーパーで再利用可能な買い物袋を使わないことや電気自動車を持たないことが地球を急速に破壊していると主張し、その解決策として絶対に地球温暖化対策税を導入しなければならないと主張しています。

「気候変動に関する議論は、科学の問題ではありません。気候変動の議論は、科学の問題ではなく、エリートによる国民への政治的・経済的支配を目的としたものだ」と、ハル・ターナー・ラジオ・ショーのコメント欄に書かれていました。

「そして、人為的な地球温暖化を信じる者と信じない者とで、国民を分断するための別の方法なのです。

このリンクからハル・ターナー・ラジオ・ショーのレポートの全文を読むことができます。
https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/nasa-climate-change-and-global-warming-caused-by-changes-in-earth-s-solar-orbit-and-axial-tilt-not-man-made-causes

https://www.naturalnews.com/2019-08-30-nasa-admits-climate-change-not-caused-by-suvs-fossil-fuels.html#
220 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧