月の軌道の "ぐらつき "が2030年までに記録的な洪水を引き起こす可能性 - 研究



naturalnews.comより

高潮による洪水は、米国のさまざまな沿岸都市に大打撃を与えてきました。道路や家屋の浸水、下水処理場のオーバーフロー、企業の閉鎖など、様々な問題が発生してきました。しかし、新しい研究によると、月の引力と海面水位の上昇により、このような高潮による洪水がより頻繁に起こるようになると警告されています。

米国海洋大気庁(NOAA)によると、満潮時の洪水は、海面が1日の平均満潮時よりも2フィート(約0.6m)ほど高くなると起こります。そして、水は道路に流出したり、雨水管から湧き上がったりします。さらにNOAAは、「海面上昇が進むにつれ、数十年前には嵐の時にしか起こらなかったダメージを与える洪水が、満潮時や偏西風や海流の変化など、より定期的に起こるようになった」と付け加えています。

NOAAによると、アメリカでは2019年に600件以上の満潮洪水が発生したという。しかし、2021年6月に『Nature Climate Change』に掲載された研究では、2030年代が到来すると同時に、こうした洪水の頻度が増加すると警告しています。米国の海岸線の大部分では、少なくとも10年間、毎年3〜4倍の高潮洪水の日が続くだろう、と研究は付け加えています。

この研究を行った研究者たちは、これらの高潮日は1年を通して均等に分散するのではなく、わずか数ヶ月の間に集中する可能性が高いと警告しています。つまり、月に2〜3回の洪水に見舞われている沿岸地域が、やがて10回以上の洪水に見舞われる可能性があるということだ。また、沿岸部の洪水シーズンが長期化することで、早急に計画を立てなければ、人々の生活や人生に大きな支障をきたすことになると警告しています。

主任研究者であるハワイ大学のフィル・トンプソン氏は、声明の中で次のように述べています。「影響を及ぼすのは、時間をかけて蓄積された(洪水の)影響です。月に10回も15回も洪水が起きれば、企業は駐車場が水に浸かったまま営業を続けることはできません。職場に行けなくなって仕事を失う人もいます。浸水したセスプールは公衆衛生上の問題となります」。

海面に影響を与える月が、洪水の増加に一役買う

今回の研究では、2030年代に洪水が頻発する要因として、海面上昇と月の公転周期の2つが重要であると指摘しています。NOAAの発表によると、1880年以降、世界の平均海面は約21〜24cm上昇しています。海面上昇の約3分の1は、過去25年間に起こったものです。

また、月の重力が潮位の上昇に寄与していることにも言及している。しかし、月の引力の強さは年ごとに一定ではない。これは、月の軌道が18.6年かけて定期的に「ぐらつき」を起こしているためである。この「ぐらつき」は1728年に初めて報告されましたが、今回の研究では月の引力への影響が指摘され、海面水位にも影響を与えています。

この周期の半分では、地球の通常の潮汐が抑制され、満潮時には潮位が下がり、干潮時には潮位が上がる。一方、残りの半分の周期では潮汐が増幅され、満潮時には潮位が上がり、干潮時には潮位が下がることになります。地球の海面上昇によって潮の流れが一方向に向かっているため、月の18.6年周期はこの影響を打ち消したり、悪化させたりしています。

現在、月は潮の満ち引きを促進する周期にあります。この研究の著者は、月の周期によって増幅された海面の上昇は、より多くの洪水を引き起こすだろうと警告しています。東海岸と西海岸、ハワイとグアムでは、より激しい高潮による洪水が発生すると指摘しています。また、アラスカなどの極北の海岸線だけは、長期的な地質学的プロセスにより、あと10年以上は被害を免れるだろうとしています。

共同執筆者である米国航空宇宙局(NASA)のベン・ハムリントン氏は、今回の研究結果は沿岸部の都市計画者にとって重要な情報源であると指摘しています。NASAのジェット推進研究所の科学者は、次のように述べています。"計画の観点から、いつ増加が見られるかを知ることは重要です。すべての事象が特定の月に集中しているとか、年の前半より後半の方が深刻な洪水が多いとか、そういうことを理解することは有益な情報です」。

NASAのビル・ネルソン長官は次のように述べています。「海面近くの低地では、洪水の危険性と被害が増大しており、さらに悪化することが予想されています。月の引力と海面水位の上昇が組み合わさって、私たちの海岸線や世界中で沿岸の洪水を悪化させ続けるでしょう」。このように、トンプソン氏、ハムリントン氏らの研究では、これらの洪水に対する計画を早急に開始すべきであると結論づけている。

Climate.newsには、月などの天体が洪水にどのような役割を果たしているかについての記事があります。

https://www.naturalnews.com/2021-07-14-wobble-in-moon-orbit-will-cause-flooding.html#
372 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧