2020 The New Earth A travel report【24】エイジランド

2016/01/19


「2020 The New Earth A travel report-23」の続き…

エイジランド

「私には信じられなかった。起きていることがすべて2020 に書かれていたんだもの。単純化されてはいても、きっぱりとした言葉で書かれてある。あまり細かいことは出てこないけど、理解すべき骨子はすべて押さえてある。これからエイジランドのことが出てくるけど、自分が話したこととはいえ、当時の私にとっては5 歳年上の自己が話したことだった。

Eigi(aka Thomas)はWirkarte.deで見つけて最初に訪問した人よ。(訳注:Wirkarte.de は問題を解決したり、世界を変化させるために自由に協力し合うネットワーク)。私にとってWirkarte.deは本の一文に隠されていたイースターエッグだったの。

私は登録するときに、他に何人くらいいるか確かめた。登録した人同士、個人的に会ってもよかったの。

それはすごいことだわ。一週間後に彼に会って、バウチと会うことを希望したの。

だけどバウチは本のプロモーションのために、ドイツ中を回っている最中だった。後になって会えたけど。エイジは私に才能があることを分からせてくれたの。私のセクシュアリティーはちっとも歪んでいない。私がセックスが好きで、別のパートナーがいるからといって、私は異常じゃない。私が彼に、自分は男性の側で眠り、その人のために良いことをするのが楽しいと言ったとき、彼はただ笑っただけだった。

彼は私に言ってくれた。『エイジランドでは、あなたのような女性は非常に尊 敬されますよ。セクシュアルなエネルギーは物理的領域で最も高いものです。あ なたがそのエネルギーを物惜しみしないのなら、多くの男性があなたに引きつけられるのも当然のことです。 ただし、そのことをあなたのエゴの餌にしないよう に。それは自分の才能なのだと、ただ知っていればいいのです。この社会では、 それほどオープンでいられる女性は――自分でいたいような自分を認めてもらっ ている女性は――あまり多くありません。エイジランドは違います。私たちはお 互いに尊敬し合っている。あなたに嫉妬したり、あなたを尻軽女呼ばわりするよ うな女性は誰もいません。彼女たちもあなたに助けられたり、あなたから学んだ りしますよ!』
それには本当にびっくりしたわ。彼は私をジャッジしたり、娼婦として働くよ うにほのめかしたりもしなかった。彼は、私がありのままの自分自身を受け入れ て、それを最大限に活かすよう励ましてくれた。私はエイジランドのそういうと ころが大好き。この哲学が生きている。人々は平等であるという事実に即して形 成された"国" は、世界中に一つもなかった。(平等という理念が)生きているの よ! そして人々は今でもそのように生きている。
それは他の憲法にも書かれて いたり、常に引用されたりしているけれど、それは決して活かされなかった。そ れは、ヒエラルキーの中では不可能なのよ。だって、階層の中のどこかに自分を はめ込まねばならないから。エイジランドにはヒエラルキーは存在しない。誰も が自分の王様で、他の人たちの平和を乱すことはせず、みんながお互いに助け合 う。エイジランドには戦争が起こりっこないわ。住民に敵なんていないのだから。
エイジランドはTerraNia ネットワークの一部なのよ。今日では他にもたくさん そのネットワークに繋がっている。テラニアというのは私たちの地球という意味 よ。地球はみんなのもの。今日では誰も自分の子どもたちに、理屈上でさえ、戦 争が何なのかうまく説明できないわ。子どもたちには本当に理解できないの。彼 らの思考方法に適合しないのよ。あらゆるものがUBUNTU なの!
(訳注:ウ ブントゥ。南アフリカのズールー語で「他者への思いやり」を意味する。Debian GNU/Linux をベースとしたオペレーティングシステムの名前として有名)。
私たちは今ではもう、このような国家はすべてマインドの構成物でしかないことを 分かっているわ。誰も本気で国を通して自分を定義づけたりしない。虐殺が止む と、地球は遊び場になったの。たくさんのことが変わったわ・・・・・・」
彼女は黙り込み、じっと考えていた。
それから彼女は話を続ける。
「リチャードとの夜の後、何かが変化したの。朝食では私たちはほとんど何も しゃべらなかった。一晩中寝ていなかったのに元気よく旅立つ用意ができていた わ。私たちはただお互いに微笑んでいただけ。それで十分だった。セックスも違 っていた。それ以降私のセックスは、その夜と同じようなものになった。とても 気楽で複雑でなくなった。私はセックスが何なのか徐々に理解していっ た。SEX とはエネルギーを交換し合うことによる相乗効果よ。それにはお互い をバランスさせるエネルギーが必要なの。憎しみも愛と同じように作用し、セッ クスがなければ戦争もないでしょうね。戦争は憎しみが頂点に達したものだから。
やがて愛がどんどん高まっていく時期が来るわよ。そしてあなたがここで今日見 ている世界になる。その時期の間ずっと至るところでそうなるわ。似たようなエ ネルギーが引き寄せられる。そのエネルギー同士が出会って自由に動き回れると き、互いのエネルギーを高め合って爆発するも同然になる。憎しみもピークに達 したわ。それが破壊的なセックスだったのよ。でも愛は果てしなく続いていくこ とができる。なぜならそれは命を与えるし、何でも可能にしてしまうから。だか ら当時、多くの人たちにとってセックスが、特に問題つきのセックスが話題にさ れていたのよ。誰も自由に移動できなかったから、広がっていく余地がなかった。
すべてが変化したとき、私たちのセクシュアリティーも変化し、ほとんど誰にとっ ても物事は、あっという間に違うものになった。2015 年は大変化の年だった。 そして2016 年はみんなに自由が訪れた年だった。私たちを通して。
誰もが何が起こっているのか見ることができた。それはミステリーなんかでは なく、単純なロジックだったわ。もしも私たち全員がすべてのことをお互いに禁 じ合っているのなら、私たちは何も経験できない。それほど簡単なことなのよ。
人々が身の周りの禁止事項をすべて取っ払って、その規制に従うのをやめたとき、 人生はすぐに実体験的なものになった。そのことで新しくいろんな世界への扉が たくさん開いたの。あなたはSEX-セックスをサミラと初体験するわ。私は本当 にあなたとそうしたかったのだけれど、あなたが2015 年に戻って自分でそれを 見つけ出す楽しみと意欲を奪いたくない。私たちはお互いに見つけ合うだろうし、あなたのインパルスに従っていけばいいのよ。そうすればサミラの許に導かれる。 彼女に私からもよろしくと言っといてね。彼女は私の姉なの。行っていいわよ。
私は部屋を元通りにするから。この経験をあなたと分かち合えて良かった。私た ちは2015 年の終わりに出会うわ!」
僕は彼女と笑い、彼女にキスする。
「ありがとう。何もかもありがとう!」僕はそう言うと体を起こして出て行く。
部屋を出る途中でちらっと本を見るが、もう手にしようとは思わない。次に何が 起こるか、自分で見つける楽しみを台無しにしたくないからね!

目次





このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
4693 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧