1922年にはすでに反重力エンジンが完成していた!本当の地球の歴史とは?②

「コブラ情報」に大変ユニークで興味深い記事が掲載されていたので引用しておこう。
http://www.viewzone.com/vril22.html

[後半]

by Dan Eden

決裂の時・・・

戦争の実態が明らかになると、ブリルのメンバーたちは、自分たちが降ろしたテクノロジーを殺人マシンに利用する試みに、次第に不満を募らせていった。1943年のクリスマスの頃に、ブリル・ゲゼルシャフト(ブリル共同社会)は重要な会合をシーサイドリゾート、コルベルク(バルト海に面するポーランドの都市)で開いた。マリア・オルシックと「ジークルーン」が議長を務めアルデバラン・プロジェクトの緊急性を論じた。彼女たちは戦争の混乱が、自分たちの最終目的――ブリルエンジンをタイムワープに用いて、支援者をアルデバランの惑星に送ること――を危うくすることを恐れていた。霊媒たちは、アルデバラン太陽を回る居住可能な惑星についての詳細な情報を受け取っており、すでにそこを訪れる計画も立てていた

数週間後の1944年1月22日、ヒトラー、ヒムラー、(ブリルソサエティの)クンケル、シューマン博士の会合で、アルデバラン・プロジェクトについて意見が交わされた。テザーされた(繋がれた?)反重力エンジンは、時間の歪み場を生み出す。ブリルメンバーには、これが光よりも速い旅行を可能にすると伝えられていた。そこに至るまでの具体的な方法も詳細に伝えられていた。実際、とても具体的だった。テスト飛行が行われたくらいなのだから。

ブリルソサエティは、ちょうど完成してテスト済みの、直径45メートルの大容量円盤Vril-7の使用を許された。報告書によると、最初の「次元チャンネル」での試験飛行は、1944年の冬、きつくテザーされた状態で行われた。このようにすればブリルエンジンをある種のスターゲイトとして利用できるのだ。それは興ざめするような経験だった。災害とまではいかなかったが、Vril-7が「飛行」から戻ると「まるで何百年も飛行していたような」有様だった。外側の表面が何カ所もダメージを負っていた。確かにこのような問題には、アルデバランへ「本当に」トリップする前に取り組まざるを得ない。さもなければ乗員は生き残れないだろう。



[写真]ブランデンブルク・テスト飛行場。手前の女性はブリル・ゲゼルシャフトの霊媒「ジークルーン」。他にもFw190戦闘機の前に立っているWW2写真があり、本人と認定されている。彼女はVril-7の製造を指揮したばかりか、そのパイロットでもあった。



ブリルの霊媒「ジークルーン」は頻繁に施設を訪れ、Vril-7の製造とテストを監督した。1944年、ある技術者グループが彼女に近づいて頼み事をした。彼らはブリルTriebwerkエンジンを、自分たちのプロジェクトの一つ、アラドE.555戦略爆撃機に採り入れてもよいか知りたかったのだ[写真]。彼らはぶっきらぼうな"No"と共に兵器の設計図を突っ返された。ジークルーンにしてみれば、侮辱されたも同然だった。ブリル円盤の目的は、平和的宇宙飛行にあったのだから。

1945年5月初頭、トゥーレソサエティは手紙を受け取った。マリア・オルシックの署名があり、アルデバランを訪問することが書かれていた。ブリルグループにはすでに訪問を終え、そのまま残ることを決めた人もいたようだ。手紙はこう締めくくられていた。"neimand bleibt hier"――誰もここには残っていない。しかし彼女らは本当に別の惑星に行ったのだろうか?



今では多くの人たちが、そのアルデバランの話は攪乱情報だったと信じている。本当の行き先は、南極大陸に創設されたユートピア――ニュー・スウェイビランドだった。これこそが民族純化及び繁殖計画のレーゾンデートルだった。これが100隻以上の潜水艦と無数の貨物船が、連合軍の言うところの「行方不明」になった理由である。

 連合国軍占領下のドイツで、1945年アメリカ軍はホイネブⅡとVrilⅠの円盤写真を発見した。そのSS機密文書にはアンドロメダ装置――300フィート(約91メートル)の葉巻型円盤――の写真もあった。だが、一番貴重な見つけものは、2人の優れた科学者だった。現在は非機密扱いになったペーパークリップ作戦で、米国に迎え入れられたヴィクトル・シャウベルガー、ヴェルナー・フォン・ブラウンだ。

 あるアメリカの航空宇宙開発者が死ぬ前に、こう告白したとされるのも頷ける。

「もしも一般人が、私たちが長年このテクノロジーをもっていたことを知れば、それを秘密にしていたことを決して許さないだろう」。

ブリルの女たちの写真・・・何を意味しているのだろう?













上の写真]陰謀論者はUFO写真と一緒に、お馴染みのトゥーレ・ブリルのマークを、よく合わせて紹介する。彼らは、これが終戦前にナチが円盤で逃亡したことを裏付けており、我々があまりにもよくUFOを目撃するわけを説明していると言う。

 私は、ある人間のグループがどこかに存在し、より優れた健康な身体と精神を創り出しながら、遺伝学の向上に励んでいると思いたい。今日、我々の世界を眺めると、そのゴールには手が届きそうにない。

 ブリルエネルギーは、身体のDNAを修復できると言われている。若さを取り戻して一番健康な状態にもどるのだと。霊媒の「ジークルーン」はおそらく140歳だったが、決して老いなかった。時を操作できれば、多くのことが可能なのだ。

 もしブリルの女たちの誰かが、これを読んでいるなら、私は支度が出来ていますよ。

でも待って・・・最後にあと少し!



訳者:記事の概要はサウディアラビア国王(1924年生まれ。2005年即位)アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウードが、即位後間もなく治療とミーティングを兼ねて合衆国を訪れた際、若返りの薬を贈られ、その後の淫行をビデオに撮られ、政治的服従を強いられているというもの。2006年イスラエルのレバノン侵攻では、イスラエルに同調してレバノンのヒズボラに圧力をかけるように脅された。また、シリア大統領側近は、リディア(サウジの首都)がシリア反政府軍への支援をこのまま続けるなら、例の文書とビデオをメディアに流すと警告した。

見出しと黄色ラインの部分

内部告発者 サウジ王の秘密を暴露

テヘラン(FNA)―― サウジ王に近いソースによると、アブドゥッラー王が即位後から米国の外交政策に同調してきたのは、ある秘密を握られているからだという。その秘密が明らかになると、彼だけでなく国をも滅ぼしかねない。


"Herbal Red Mercury(水銀)"

彼(告発者)は、その物質は身体の細胞を癒やして蘇らせるのだ、身体に活力を与え、若返らせるので、見た目も気分もずっと若々しくなると言った。米ドルで100グラム600万だと付け加えた。

そのソースが言うには、退院後「国王は1グラムの Herbal Red Mercury を注射した。その後、ある米政府当局者が、複数のハイクラスの女性たちを国王に贈り、その場を去ったが、すでに彼の部下がスパイ装置を部屋に取り付けていた。その間の日々、国王は何もかも記録されていた」。

(了)

4141 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧