金融リセット情報四連発①

ついに明日!「15日アメリカ発」の大イベントは準備が整ったようだ!!
http://keen-area.net/?id=160

の記事から早くも3ヶ月その間全く何~にも起こらず、
「ますでガセネタ」のように見えているのだが、
事実はそうでないらしい。
以降関連記事を4本たて続けに引用するが、
世界は全く動いていないように見えているだけで
実際はダイナミックに動いているようだ。

当サイトをご覧いただくような方々はすでにご存じであると思われる、
GCR及びNESARAがいまにも起こりそうである。

ただし、ZAPレポートは今まで何度もGCR予定日を発表しは
「はずす」を繰り返しているので、
今回も本当にそうなるか、定かではない。
とはいっても今回はカレン・ヒューダス氏
(この方は陰謀論関係に詳しい人の中には有名なIMFの元職員である)
の発言もあるので、GCR及びNESARAが近いことは事実なのだろう。

以下引用記事

たきさんのホームページ様より
http://www12.plala.or.jp/gflservice/gflservice.html

ZAPレ ポート 2014年7月9日
http://s3alpha.net/forum/zap-mid-week
ZAP report
9 July 2014
ハイ、みんな。
にやっと笑いながら豚が戻ってきた。
リセットに備えて欲しい。
2014年7月20日は、多くの告知が行われる日であることが確認されている。

そのうちに、米国と、それから実に世界中の全ての決済が中断され、あるいはしばらく凍結される事になるだろう。その時は実に静かになる。
これはシステム変更のために必要なことなのだ。
RV(通貨の評価換え)はその後、数時間又は数日の間に起きるかもしれないが、確かではない。RVの時期は如何に迅速な処置が行われるかによる。
力のない権力者を抱えていたイラクにおけるこの問題はかなり前進している。彼はどこかで水パイプでたばこを吹かしている。
我々の側からのプロジェクト開始は公式に来週からだと言うことになっていて、資金の放出が行われている。他のいくつかのファンドもあちこちから放出され始めているが、まだ最高レベルへの供給に過ぎない。
非常に多くの言いたいことがあるが、まだ言える段階には ない。あなた方全ては喜びに溢れ始めていると言うことだけが確かだ。但しゆっくりと。事態が動き始めるには数日かかるだろうが、通貨交換は一般のものにな る。あなた方には多くのグルから内部情報であることがはっきりしている多くのワクワクの情報が届き始めるだろうが、多くは真実の情報だろう。大きいイメー ジから目をそらさないようにして欲しい。そしてそれはこれまでのような奴隷システムの終焉であり、世界通貨改革(GCR)、RV、繁栄資金の放出、などあらゆる事の進行を示す。
豚があなた方の所に届くように。

愛と光をもって、ZAPより。


1878 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧