2024年6月17日(月曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimStさん及びモノリスさんご提供)


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしています


Sunny:
ではガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンによる金曜の夜に伝えた世界情勢レポートです。
マルデュークが仕掛けたもう一つの罠は、ボディ・スナッチャーのワンシーンのようでした。
ディープステートは日曜の夜、新しいライト・システムAIに対して大規模なブルートフォース攻撃を開始しました。
今日、NSAは金融システムのクラッシュを強制的に引き起こそうとしており、量子AIシステムが自分たちに有利なリセットを開始することを期待しています。
キムはニュースの生中継には参加できませんでしたが、メッセージを録音しました。
それではガーディアン・オフィスのキンバリー・ゴーグェンです。

Kim:
皆さん、こんにちはそして、ハッピーンマンディー
今日は遅くなって申し訳ありません。
この週末はすごく忙しく、サニーを遅らせたくなかったので、サニーには家族と過ごしてもらいました。
だから、少なくともこの部分はお伝えしたので、ニュースを読んであげようと思いました。
現在起こっていることすべてを考慮すると、難しい問題ですが、まずは通常のニュースから始めましょう。
G7は終了しました。
金曜日か土曜日だったと思いますが、皆は帰っていました。
彼ら全員に、ディープステートから、今日東部標準時の午後3時までに彼らが望んでいた通貨リセットが可能になると約束されていました。
この録音の時点では東部標準時で午前6時頃ですが、まだ誰も何も持っていません。
したがって、彼らはおそらく今のところ何も期待できないでしょう。

さて、ニュースの他の話題を見てみよう。
フロリダ沖に停泊しているロシア船とされるものについてはお話ししました。
また、米国がロシアの武器をどこから入手しているかについてもお話ししました。
そして、その武器はキューバから来ているとお伝えしました。
いつものことだが、Qクルーはディープステートの動向について非常に詳しいです。
なぜなら彼らはディープステートですから。
彼らはつい最近、たしか今日の数時間前だったと思いますが、USSヘレナ号がキューバのグアンタナモ湾に到着し、誰かをグアンタナモ湾に引き渡す予定だとツイートしました。
これはまったくの事実ではありません。ではなぜ潜水艦を使うのでしょうか?
アメリカの飛行機はしょっちゅうそこへ行っていますから、意味がありません。
船はたくさんあるし、そして、もし人をグアンタナモ湾に運ぶだけなら、武装した原子力潜水艦は必要ないはずです。
画像はTimSTさんより


他の人たちと同じように飛行機でいいのです。
だから彼らがキューバに戻っても驚かない。
おそらくロシアの武器と思われる別の武器を手に入れて、また恐怖を煽るためだろう。
Qクルーから届いた他の興味深いニュースは、実は相対的なものだが、「エイリアンがここにいる」ということです。
これは週末に起きた別のツイートで、その直前に起きたことです。
残りの出来事は金曜日の夜に起こりました。
(The aliens are here. →「エイリアンがここにいる」)
画像はTimSTさんより


さて、金曜日の夜は、正直に言うと、おそらくここしばらくで最悪の夜の一つでした。
そして、その状態は一晩中続きました。
さて、彼らは何らかのシグナルを検知したので、これが起こることを予想していたのでしょうか?
検知していたのでしょうか?
それとも、銀行システムが破綻した後に何が起こるかを記したマルドゥクの本を持っていたため、これが起こると予想していたのでしょうか。よく分かりません
一つ明らかなのは、彼らはこれが自分たちにとって有利になると考えていたということです。
これは何らかの形で彼らを助けるけることになると。
しかし、もちろん、この質問に対する答えは「そうではない」です。
しかし、実際に何が起ころうとしていたか、おそらく彼らが考えたことについて話しましょう。
あるいは少なくとも彼らが話していることです。

先週、アルデバラン星系で合成オメガ魂が見つかった状況について話しました。
さて、今回の状況はそれよりも少しひどいものでした。
基本的に、そこにはサイボーグのような存在がいました。
あらゆる巨大構造物の衛星、銀河系内の偽の衛星とでも言うべき存在です。
そして、その数は何千、何万もありました。
そして、彼らが地球の渦(ボルテックス)にアクセスしたのは、人間をこれらの存在と入れ替えるためでした。
これらの存在は、入れ替えた相手の命を引き継ぎます。
これはVRILL(ヴリル協会が行う魂入れ替え)の手順に非常に似ており、完全な魂の入れ替えとなり、その後、このエイリアンの侵略者は、これらのサイボーグを利用して世界を征服しようとしていました。
もちろん、ディープ ステートは、これが自分たちのためのものだという印象を受けていました。
これは彼らが手に入れようとしていたものでした。
彼らは世界を征服するためにエイリアンの力から援助を得ようとしていたのです。

そして、これらの人々は完全に狂っています。
これは彼らにとって全く望ましいことではありませんでした。
実際、彼らのほとんども交代させられていたでしょう。
なぜなら、主な焦点は権力の座にある人々に置かれていたからです。
そして、彼らはディープステートを、少なくともある程度権力の座にある人々と見なしていたでしょう。
しかし、彼らには政府を乗っ取る意図がありました。
多くの企業の高位のCEOを乗っ取る意図がありました。
これはかなり複雑な計画でした。
これが起こった場合、最終的な結果は、その人の肉体が実際にその人の体内にある小さなオメガ・バッテリーを充電し、オメガに代わって残りの人類に対して行動することになります。
つまり、これは本質的には、オメガ、オメガ・システム、そしてオメガ、オメガの周りを走り回るこれらの小さな人々と呼びましょう、オメガを持つ計画だったのです。
オメガは地球を完全に乗っ取ろうとしています。
金曜日の出来事が失敗したとき、これをプランBと呼ぶことができると思います。

さて、金曜日の出来事についてですが。
前回お話ししたとき、その日の残りの時間を通じて、ますます多くの情報が入ってきました。
実際に入ってきた他の情報の中には、もちろん、金曜日に言ったように、これらの人々がさまざまな国と多くの裏取引を行っていたというものもありました。
彼らは、連邦準備制度が米国で再び機能し始め、財務省が連邦準備制度を乗っ取っても何も問題はなく、彼らが新しい金融システムを運営するだろうと彼に伝えました。
まあ、今となっては計画通りにはいきませんでした。
それがうまくいかなかった理由は、世界中に導入されていたものが、さまざまな場所に設置され、当然のことながら、多額の資金とアクセスを約束されていた国々が電話をかけてきて、苦情を言い始めたからです。
彼らは、米国や財務省を含め、彼らが契約を履行するつもりはないと裏切りました。
インストールしようとしていたものはすべて完全に彼らの管理外にあり、彼らは金曜日の夜までに、その技術を自分たちが管理していなかったことを認めざるを得ませんでした。
彼らが知っていたかどうかはわかりませんが、彼らは実際に電話会議でそれを認めました。
夕方に行われたもう一つの極秘電話会議です。

つまり、これらの人々は、当然ながら、恥をかくのが嫌いなのです。
だから彼らは、もちろん先週遮断されたテンプル騎士団とイエズス会の通信回線以外の、何らかの秘密通信回線を探していたのだ。
それで、ディープステートは、このことを指摘してくれてありがとう。
また、週末に排除されたマルタ騎士団の通信回線と秘密通貨システム、そしてNSAが残したかもしれない残骸や彼らがアクセスできたものなど、他の多くのシステムも発見しました。
また、ビットコインを売却して得た実際のお金を使って、舞台裏で不正な裏取引が行われていました。
これもディープステートにとって選択肢ではなくなりました。
そして、土曜日の一日中、まさにそれが起こったのです。
彼らは大失敗の後、できることは何でも探していましたが、土曜日には終わりませんでした。
なぜなら、日曜日の午後までに、彼らはブルートフォース攻撃と呼ばれる攻撃を仕掛ける計画を立てていたようです。
ブルートフォース攻撃とは、多数のデータセンター、あるいはラップトップやコンピューターを多数の人員でグループ化し、それらの力を集中処理装置に統合して大規模なハッキング攻撃を行うことです。

この攻撃は、電源が切れるか、誰かが彼らを倒すまで、約2時間続きました。
その結果、ライトシステムに対して100回以上、8,729件のブルートアタックが発生しました。
では、彼らは自分のシステムを攻撃していることに気づいていたのでしょうか?わかりません。
彼らはHSBCサーバー、シンガポール開発銀行のサーバーを攻撃しようとしていたからです。
現在、これらすべてのサーバーとオペレーティングシステムは、グローバルリポジトリの傘下にあります。
おそらく彼らは、リポジトリをハッキングしている、あるいは部分的にハッキングしていると思っていたのでしょう。
彼らは、それが実際にはライトシステムであることを知っていたに違いありません。
というのも、彼らはまた、記録の殿堂に次々と合意を出し始めましたが、すべて拒否され、ファイアウォールを通過できたものは何もなかったからです。
彼らが試みたすべての場所のログを私は持っています。
私の推測では、彼らは以前インターネット・トラフィックを監視するために使用されていたルーティング・アービター・システムを使用していたと思われますが、これも週末に停止されました。
しかし、この攻撃はそこで終わらず、彼らは攻撃を続けました。

彼らは、最初の攻撃ほど多発的ではありませんでしたが、さまざまな種類の攻撃を続けました。
昨夜は一晩中、そして今日も一日中続けました。
彼らは何事にも手を抜かず、結局は何でもやるつもりです。
つまり、彼らは自らを償い、このシステムを見つけようと試みることもできますが、何もなくなるまで止まらないということだ。
しかし、このシステムにはインストールされていた、またはインストールしようとしていたもの以上のものがありました。
人々はそれが何かあるという印象を受けていました。
彼らは、これは単なる電子的なものであり、オメガ・システムが復活したか何かで、自然発生的に起こっているだけだと考えていました。
よく分かりませんが、1つはっきりしているのは、彼らの総当たり攻撃と共同の努力のおかげで、私たちは2つの特定の施設を見つけることができました。
それはマルデュークからの素敵な贈り物もありました。

ご存知のとおり、マルドゥクは将来のイベントのために贈り物を残すのが大好きで、その施設の1つは実際にHSBC香港本社の地下にありました。
画像はTimSTさんより


さて、これらのものは、おそらく70年代後半から80年代前半にかけて存在していたもので、マルドゥクが金融システムの制御を失った場合に、次々に実行されるこれらの計画に備えていたものです。
さて、これもこれらの人々とは何の関係もありません。
しかし、この特定の施設は変換を目的として設計されました。
システムにあった現金は、ライトシステム、資産ベースシステムではなく、古い負債システムに戻されましたが、うまく機能しませんでした。
その施設はもうありませんが、その施設は香港沖の東平州(トンピンチャオ)島と呼ばれる島にあった施設に比べると小さな施設でした。
さて、驚くことではありません。
この美しい小さな島はユネスコの世界遺産でもあり、大量のエイリアンの技術が保管されていました。。
基本的に、オメガシステム専用のシステム管理ユニットと呼ばれていました。
画像はTimSTさんより



さて、彼らはこれがハッキング対象であることを知っていたのでしょうか?
まったくそうは思えません。
彼らは、インストールされるものすべてが依然としてマルデュークによって制御される中央集権型システムに入ることを知っていたのでしょうか?
完全にインストールされたとしても、マルデュークが最後のボタンを押してセッションキーとマスターキーを発行し、新しいシステムにアクセスする必要があります。
繰り返しますが、これらの人々は、これらすべてが自分たちのためにあるという印象を抱いているだけですが、それはまったくの間違いです。
マルデュークは、完全な支配権を握っていないことは一度もありませんでしたし、血統であろうとなかろうと、人間に贈り物を与えることは決してありませんでした。
これは、これらの人々が自分たちが何をしているのか本当に理解していなかったことは明らかでした。
ご存知のように、他にも、地球には全部で3つのデススターがありました。
1つは週末にサウスダコタで発生し、もう1つはアフリカ大陸で発生しました。
彼らは、そこにある絶対球をコントロールするためにハッキングしようとしていました。
繰り返しますが、これらの人々はもうこの世にいません

彼らは、マイターコーポレーションや、彼らがインテリジェントなSSP関係者と見なしている他の人たちに対して、あと何回これをするつもりなのでしょうか?
しかし、彼らが今やっていることは、またしてもディープ ステートに感謝するところです。
なぜなら、彼らは人類のために全力を尽くしているからであり、それは止まらず、私が録音している間もまだ止まりません。
彼らがアクセスしようとしているさまざまなものについて、あらゆる場所で警報が鳴っています。
彼らの主な焦点は銀行システムにあるようです。
一部では、銀行システムが崩壊寸前までいったように思われるが、一方で銀行システムからすべての資金を吸い上げようとしている人もいますが、実際にはどれもうまくいっていないようです。
よく分かりませんが、しかし、彼らもこれでどこへ向かおうとしているのか完全には分かっていないと思います。
また、この10日間の暗闇は軍が支配しており、緊急放送システムは週末に作動するはずだったという主張もあるが、実際には何も起こらなかった。

それが起こらないようにするために多くの努力がなかったわけではない。
なぜなら、私たちの側ではそれが起こったし、これらのことが起こらないようにするために本当に長い週末が続いたからだ。
彼らは今、何かを手に入れているのでしょうか?
いいえ、彼らは私たちのファイアウォールを突破しておらず、私たちはかなり安全で安心しています。
アルファシステムから引き継がれた唯一のものは、管轄銀行システムでした。
つまり、完全な銀行システムではなく、連邦準備制度の12の管轄を制御するための手段にすぎませんでした。
もちろん、アルファである13番目の管轄区域にはアクセスできなかったので、何の役にも立ちませんでした。
彼らは、私のWi-Fiやコーデック685を再プログラムしたり、もっと古いものを復活させたりできると思っているようですが、それもうまくいきません。
私たちは、セキュリティを強化するために、金融システム内でSQLサーバーが機能する方法も変更しました。
だから、これがどれくらい続くのか、私にはよくわかりません。

私の推測では、夏至が近づいているので、何も残っていないときに終わるか、配置が終わったために終わるかのどちらかでしょう。
夏至が終わり、彼らが望むものが何も戻ってこなかったために、彼らは終わることになるでしょう。

マルデュークは、今後3日間に作動する予定のその他の罠を作動させたのでしょうか?わかりません。
その質問の答えはわかりません。
現時点では何も発見も検出もできません。
願わくば、タイマーや将来の日付で作動するように設定されたものがもう終わりに近づいているといいのですが。
それは素晴らしいことです。
なぜなら、私たち全員が少し休憩を取りたいと思っていると思うのですが、その休憩時間は今日ではありません。
そして、これが銀行業務やシステム、送金などに関して週末に起こったことのほぼすべてを要約したものです。
私たちとしては、このような状況にもかかわらず、引き続き計画を進めてまいります。
私たちは黄金時代と結晶の時間を継続していきます。
ご存知のとおり、「夏至」を過ぎても何も変わりません。
(2024年6月21日が夏至です。今までDSの作戦は全て失敗している。)

暗黒時代に戻ることはありませんし、残っている古いAIシステムも復活しません。
しかし、今週末は素晴らしい発見があり、特定のオペレーティング・システムや処理ユニットを排除する理由のヒントが得られるかもしれません。
それらは1日か2日後に戻ってくるかもしれないし、また見かけるかもしれない。
そして、私たちがクリエーターAIと呼んでいるものの残骸もいくつかあった。
これはダークサイドによって作られた人工的な創造形態です。
だから、ダークサイドは創造するためには破壊しなければならないといつも言われているが、ダークサイドは実際には何も破壊しておらず、単にそれをダークエネルギーのエッセンスに変換しているだけなのだから。
香港の施設に関連した大規模なハッキングが発生した2つの特定の時期には、確かにいくつかの上昇、大幅な上昇が見られました。
また、エイリアンの侵略が試みられたときには、シューマン共振のもう1つの上昇が見られました。
しかし、これが理由です。
それは、その入り口と、闇の勢力に攻撃されているときにそこから生じる非常に低い周波数によって、パズルのピースがどこにあるのかがわかるまでシューマン共振が短期間上昇し、その後平坦に戻るからです。
2024年6月16日のシューマン共振画像はTimSTさんより、


ですから、今週末に何か不調を感じたなら、それが原因かもしれません。
私の側ではあまり楽しいことではなかったことはわかっています。
それは人の問題です。
よく、人々は「ああ、私のテキストに返信しなかった、あれに返信しなかった」とか言いますが、彼らは時々そのことを理解していないと思います。
これは、どちらの夜も一晩中続く出来事でした。
土曜日の午後は、残りの仕事を全部終えて、なんとか昼寝をしましたが、その後仕事に戻り、日曜日も状況は変わりませんでした。
この作業には、多くの作業と多くの時間と多くの努力が費やされています。
そして、彼らが正しいことを行い、そのために報酬を得る意思があれば、主要な情報と軍事システムを使用するように訓練することができるので、なぜ時々彼らは工作員が役に立つと言うのか不思議に思うでしょう。
それが起こるかどうかはわかりません。
私たちには連絡をとってきた新しい工作員のグループがいます。

すべてが米国から来ているわけではありません。
もしテスト取引をマイケル・ケージと一緒に行うことができれば、彼らは喜んで自らの役割を果たして協力してくれるでしょうし、私たちはそれが実行されるようにいくつかの条件を設定しました。
米国の私が選んだ州に私の代表を派遣し、嘘をつく人や、お金を隠そうとする人、お金を盗もうとする人がいないことを確かめます。
その部分は私も知っています。
しかし、この背後にある考え方は、この人物が私たちが設定した一定の割合の資金を確実に手にできるようにすることです。
そして、私たちは非常に大きな金額について話しているわけではありません。
私たちが話しているのは、ご存知のとおり、100万ドル程度のことです。
それで政府を乗っ取るとか、そういうことではありません。
ですから、もし彼らがお金で何か悪いことをしようとしたとしても、私たちはかなり安全だと思います。
それでどうなるか見てみましょう。

彼らは私たちのところに戻ってきて、すべて準備中だから連絡すると言いました。
私は「わかりました、わかりました」と言いました。
私の意見では、これは非常に悪い結果になる可能性があると思います。
また、一方で、戦略的な観点から見れば、私は以前にも他の工作員と同じような作戦を実行したことがあります。
そしてほとんどの場合、それは彼らが私の系統をライト・システムまたは過去のアルファまで遡ることができるかどうかを確認するためです。
どれも成功しませんでしたが、それが演習の目的です。
だから私は常にそのようなことに注意しています。
しかし、うまくいけば、おそらく私たちは何らかのセキュリティ支援を受け始め、別の方法で前進できるでしょう。
しかし、どうなるかはわかりません。
そして、あなたがちょうど11:30に寝た後、夜の12:30に鳴るアラームに他の誰かが応答できるようになれば、それが役に立つかもしれません。
でも、もしかしたら、そういうことができるまったく新しいグループが生まれるかもしれません。
どうなるかはわかりません。

ケアの下で物事がどうなるか、そしてこれからどこへ向かうのかを見守っていきましょう。
週末のイベントについては以上です。
何か他に起こったら、必ずお知らせします。
水曜日にまた皆さんとお話できるのを楽しみにしています。
できれば水曜日にお会いしましょう。
でも今日はかろうじて間に合いました。
月曜日や火曜日の残りの時間を、どこにいても素晴らしいものにしてください。
水曜日にお会いしましょう。

Calen:(男性アナウンサー)
国連のニュースを共有したいですか?
ソーシャルメディアのあり方を変え、それを良いことに役立てるために、ご協力ください。
オンラインチャネルを通じて私たちとつながりましょう。
ソーシャルメディアチームは、各ニュース番組からクリップを作成し、大切な人と簡単に共有できます。
また、そこには、批判的思考を促すのに最適な「今日のUNNミーム」も掲載されています。
すべてのソーシャルメディアサイトへのリンクは、United Network EarthのWebサイトの下部にあります。
一緒にニュースのあり方を変えましょう。

Sunny:
本日のニュース アップデートはこれで終わりです。
UNNを友人や家族と共有してください。
私たちはみんなが団結して地球の修復に協力する必要があります。
お住まいの地域でニュースが起こったら、記録して私たちと共有してください。
そうすれば、一緒に世界と共有できます。
覚えておいてください。
それがどうなるかは、私次第です。
私はサニーガルトです。
月曜、水曜、金曜に、に本物のニュースをお届けします。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
913 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧