米国最大の産婦人科医組織、妊娠中の女性にCOVID-19ワクチンを普及させるためにHHSから1100万ドルを受領

2023-08-31

naturalnews.comより

情報公開法(FOIA)の要求によって入手された文書から、米国の産婦人科医の主要な専門組織が、武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチンを宣伝し、妊婦とその胎児に安全であると主張するために、1100万ドル以上の税金を受け取っていたことが明らかになった。
これは、mRNAベースのCOVID-19ワクチンが女性、特に妊娠中の女性とその胎児に与えている甚大な被害について調査を行った、胎児・母体医学の専門家であるジェームズ・スコープ博士によるものである。

COVID-19ワクチンの専門家であり、ビッグファーマ批判者であるナオミ・ウルフ博士とのインタビューの中で、スープは、米国疾病予防管理センター(CDC)と保健福祉省(HHS)が、米国産科婦人科学会(ACOG)(米国およびアメリカ大陸最大の産婦人科医の専門組織)と、1100万ドルと引き換えに、彼が「死の契約」と呼ぶものをどのように結んだかを明らかにした。

「この死の契約には何があるのか?...彼らは1,100万ドル以上を手にした。彼らは死の契約にサインし、HHSの致命的なシナリオから少しも外れることは許されない。もしそんなことをすれば、彼らはすでに手に入れた1ペニーですら返す責任がある」とスコープは言った。

コープとウルフは、情報公開請求によって明らかになった契約書には、ACOGが連邦政府から提示された「妊婦や新米ママにとって『安全で効果的』なスクリプト」を守らなかった場合、HHSに資金を返還することが定められていると指摘した。

また、政府から資金を受け取った専門家団体はACOGだけではない。COVID-19ワクチンの宣伝と引き換えに政府から資金援助を受けているのは、他にもアメリカ産科婦人科学会や母体胎児医学会がある。

「(これらの団体は)今日に至るまで、この犯罪を世界に行った悪の組織です」とスコープは言う。

「世界で最も弱い立場にある人々、つまり妊婦とその胎児を治療する医師たちは、医師たちを監督する組織から嘘をつくように強要され、嘘をつくように金をもらっている。「過去3年間の狂気と悪の少なくとも一つの主要な目的は、どのブランドを選んだとしても、女性の月経を台無しにし、世界レベルで人間の生殖にダメージを与えることだった。チーム・ファイザーかチーム・モデナか?違いはない」 (関連記事 もしあなたの医師がCOVIDの"予防接種"を受けるように言ったのなら、その医師は賄賂をもらっていたことになる。)

130億ドルの資金がCOVID-19ワクチン普及のための"インフルエンサー"に振り向けられる

政府からACOGに提供された約1100万ドルに加え、彼の妻である弁護士マギー・スコープの協力を得て開始した情報公開調査によって、130億ドルもの税金がmRNAワクチンを宣伝するための"インフルエンサー"に使われていたことが明らかになったとスコープは指摘した。

この130億ドルの大半は、さまざまな個人や組織に支払われた。特筆すべきは、ACOGのような妊婦のための医療に重点を置く組織で、アメリカとカナダの開業産婦人科医の主な医療資格認定委員会であるアメリカ産科婦人科学会や、NGOの母体胎児医学協会などである。

ソープによれば、HHSとCDCから資金を受け取り、「この致命的な予防注射は安全で効果的であり、最も弱い立場にある妊婦に必要であると米国と全世界に確信させるための......心理作戦キャンペーン」を行った、シナゴーグや教会などの宗教団体を含む、約300の主要な組織と影響力がある。

COVID-19ワクチンがいかに危険であるかについては、VaccineDamage.newsで詳細をご覧ください。

https://www.naturalnews.com/2023-08-30-acog-accepted-millions-hhs-promote-covid-vaccines.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1075 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧