欧州連合がオランダ政府と提携し、全国の酪農、牛、豚、鶏の飼育場を閉鎖

2023-05-07

naturalnews.comより

「クライメート・シャットダウン」の到来です。欧州連合(EU)はオランダ政府と提携し、オランダ全土の酪農、牛、豚、鶏の飼育場を永久に閉鎖する。ちょうど1年前、オランダ政府は、2030年までに国全体の窒素排出量を50%以上削減する計画を発表しました。
5月2日には、欧州委員会が、指定された保全地域で、畜産農家が他の場所で同じ繁殖活動を絶対に開始しないことに同意すれば、無期限に閉鎖するよう支払うという計画を承認した。EUの環境規制は基本的な経済的自由を脅かすものであり、その反動は人権や食料供給そのものに影響を与えるだろう。

欧州グリーンディールによる賄賂で小規模農家を永久停止に

欧州グリーンディールの下で、政府は中小規模の農家に対し、その施設が高濃度の窒素を生産していることを理由に、事業を永久に停止するよう賄賂を贈っている。この窒素は現在、欧州全体で50%削減すべき「汚染物質」というレッテルを貼られている。グリーンディールでは、「対象地域の環境条件を改善し、高品質かつ持続可能で環境に優しい生産を可能にする」ことが「必要かつ適切」であり、それには数百の小規模農家を閉鎖することが必要です。オランダ政府は、農家への支払いや農家を永久に閉鎖するために、およそ14億7000万ユーロ(約16億2000万円)の予算を組んでいます。

この資金は、酪農、牛、豚、鶏の飼育場を閉鎖することに「自主的に」同意した農家が被る損失の「最大100%」を補償するために使われる予定です。EU委員会は、これらの買い取りを "直接補助金 "と呼んでいる。

政府の計画では、こうした中小規模の農場に対する新たな買い取りを「スキーム」と呼んでいる。オランダ政府は、2028年2月まで、ほとんどの農業経営が少数の人の手に集約されるまで、このスキームを継続する予定です。EU委員会は、この制度は「比例的」であり、補償は "EUにおける競争と貿易を歪める可能性を上回るプラスの効果をもたらす "と主張しています。

農家は、5年連続で生産していることを証明できる場合のみ、買い取りを受けることができる。新計画の背後にいるWEFのグローバリストたちは、オランダが世界有数の肉や農産物の輸出国であることを知っている。国家統計局によると、オランダの農産物輸出額は昨年1223億ユーロにのぼった。農家は、自分たちの存在そのものを脅かす新しい環境ルールに反撃しているが、オランダ政府はWEFと共謀しているのだ。

EUは基本的自由を破壊し、食料生産を制限している。すべては「より大きな善」のために。

ロビン・ヴォーレンドは、欧州グリーンディールについて発言しているそんな農家の一人です。政府の窒素排出制度によって、彼の家畜生産量はすでに90〜95%削減されている。酪農家のマーティン・ネペレンブロークは、政府が彼の牛の95%を淘汰したと証言しています。

このような制度だけでは、すべての農家を説得することはできないので、さらなる賄賂や報酬が大きな計画に盛り込まれている。9億7500万ユーロ(約17億7000万円)のLBV-plusスキームでは、高レベルの窒素操業を停止した一部の農家が、失われた生産能力から最大120%の補償金を受け取ることができる。欧州グリーンディールの下では、加盟国は一部の農家に対し、「環境」上の理由で農場を閉鎖した場合、さらに20%の「グリーンボーナス」を付与することができます。

オランダの政治評論家エヴァ・ヴェアディンガーブロークは、EUの買収によって、オランダの3,000以上の農場が永久に閉鎖されると見積もっている。

「農民の喉にナイフを突き立てるのだ。農家が免許を更新できないようにし、毎日新しい規則や制限で農家を苦しめ、そして賄賂を差し出し、多くの農家が自暴自棄になってそれを受け取ることを知っています。Vlaardingerbroekは、政府が農家の再出発を禁止することの合法性に疑問を呈しながら、「すべてが下品だ」と書いています。

「EUの理念は、移動の自由と労働者の自由であったはずだ。これは、ソビエト連邦の次のレベルのものだ」とVlaardingerbroekは警告した。


https://www.naturalnews.com/2023-05-05-european-union-dutch-government-shut-down-animal-farms.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
980 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧