日用品に含まれるプラスチックの代替となりうる、驚異的なきのこ

2023-03-03

naturalnews.comより

ある種のキノコが、プラスチックに代わって無数の日用品の原材料となる可能性があることを、研究者が発見しました。2月22日にScience Advances誌に掲載された研究では、Fomes fomentariusというキノコが、異なる性質を持つさまざまな材料を生み出す能力を持つことが明らかにされた。

Fomes fomentariusは、古くなると蹄の形になることから、「蹄鉄菌」とも呼ばれています。また、このキノコは燃えやすく、何千年も前から火を起こすのに使われてきたことから、「火薬菌」とも呼ばれている。

研究者らは、高度なイメージング技術と機械的強度試験を用いてF. fomentariusを精査し、各層を研究してその潜在的用途を評価しました。その結果、ソフトでスポンジのようなものから、丈夫で木のようなものまで、さまざまな材料特性を持つことがわかりました。

このキノコには、それぞれ異なる用途に使えそうな、異なる特性を持つ3つの層があります。まず、非常に丈夫な外皮があり、これはフロントガラスの耐衝撃性コーティングに使えるかもしれません。また、革を再現できる柔らかい中間層と、木材に似た3番目の内層があります。

その分析結果をもとに、菌糸と呼ばれる菌類を構成する糸状の構造を利用して、ヘッドホンのプロトタイプを作成しました。

論文では、"将来的には、(F. fomentariusは)新しいクラスの超軽量高性能素材を作るのにも使われるかもしれない "と言及しています。テクノロジーサイト「Verge」によると、このキノコを使った製品は生分解性があり、製品の寿命が尽きたらリサイクルして新しいアイテムを作ることができるだろうとのことです。

彼らは、このキノコなどの分子構造を研究することで、これらの生分解性材料が "より持続可能な生活の構成要素 "となる道を開くことができると指摘しています。(関連:科学者、電気を生み出す「バイオニックマッシュルーム」を作成)

キノコで作ったボードでサーフアップ

化石燃料から作られたプラスチックは、リサイクルが困難なため埋立地や水路に捨てられてしまうが、F. fomentariusや同様のキノコから作られた製品は、人間が捨てる廃棄物の山を減らすのに役立つだろう。

2月22日の研究を担当した研究者以外にも、サーフボードのデザイナーであるSteve Davies氏も、キノコがサーフボードに使われる可能性に注目しています。ウェールズ出身の23歳の彼は、キノコに見られる根のような構造物である菌糸を使った革新的な素材を開発している。

デイヴィスが菌類に目覚めたのは、まだデザイン科の学生だった頃、カーディフ・メトロポリタン大学の卒業制作に取り組んでいた時でした。サーフィンのボードは劣化しにくい素材でできているため、環境に与える影響について解決策を見出すことにしたのです。

デイヴィスは、型に入れて形成した自然の骨格構造の間に、接着剤の役割を果たす菌糸を用いました。

"少しクレイジーに聞こえますが、埋立地に置いても数百年から数千年分解されないポリスチレン、ポリウレタン、樹脂製のボードから脱却するための方法です "と彼は説明しました。"毎年、40万枚以上のボードが作られています。そのうち、80%はサステナブルではありません。"

ポリスチレン製のサーフボードが分解されると、海に入って生物濃縮される可能性があります。人間はポリスチレン製のプラスチックを摂取してしまうかもしれません。

このような記事はIngredients.newsでご覧ください。

キノコとその健康や環境に対する効果について語った以下のビデオをご覧ください。


https://www.brighteon.com/263f974e-b143-4948-aaaa-64c29d8a4e76

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1452 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧