WEF、自家用車所有の廃止を呼びかけ


humansbefree.comより

世界経済フォーラムは、グリーン・エネルギーの推進に伴い、重要金属への依存を減らすための行動が必要であると述べています。そして今、WEFは自家用車の保有をやめるよう呼びかけている。

世界経済フォーラムは、各国が再生可能なエネルギー源に移行しようとしている中、重要金属への世界的な依存度を減らそうと試みている。その一つの提案は、自家用車の所有を制限することである。

「化石燃料から再生可能エネルギーへの移行は、コバルト、リチウム、ニッケルなどの重要な金属の大量供給を必要とします」と、同フォーラムは今月初めに発表した報告書で述べています。「これらの重要な鉱物の不足は、クリーンエネルギー技術のコストを引き上げる可能性があります。」

スイスに本部を置く世界的なロビー団体は、風力タービンや高効率照明からスマートフォンや電気自動車まで、あらゆるものに採用されている重要金属の価格を引き下げるための3つの方法を提案しています。


イリノイ州シカゴで、サンクスギビングデーの忙しい週末を前に、道路を行き交う旅行者たち(2017年11月21日撮影)。(ロイター / Reuters)


フォーラムでは、リサイクルプログラムがあるにもかかわらず、鉱物の採掘量は2050年までに約500%増加すると予想されていることに言及。

「また、英国の自動車は平均して4%しか運転されていないというデータを引用し、「シェアリングが進めば、遊休設備の所有を減らし、材料の使用量を減らすことができる」と述べています。

フォーラムでは、「Getaround」や「BlueSG」のような自動車を共有するプログラムが世界中で人気を博しており、自動車や技術の需要を世界的に低下させるために不可欠であると指摘した。

しかし、米国のように自家用車への依存度が高く、農村部でも都市部でも公共交通機関が不足している国で、カーシェアリングをどのように活用すれば成功するかについては議論されませんでした。

また、世界のほとんどの人がすでに個人の携帯電話やパソコンを所有していますが、この調査では、海外勤務者の39%がノートパソコンや携帯電話も受け取っていることが指摘されています。



「これは全く資源効率的ではありません。」と報告書は述べています。「スマートフォンを3年ではなく5年保管することで、その携帯電話の年間二酸化炭素排出量を31%削減することができる。」

報告書によると、企業は新たな鉱山の開設を阻止するために、製品の再利用を促進し、献身的な顧客に報いるインセンティブが必要であるとしています。

https://humansbefree.com/2022/07/wef-calls-for-end-of-private-car-ownership.html
320 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧