「ポリオの発生」-WHO、ビル・ゲイツ、緊急ワクチン、そして同じことの繰り返し


こちらもご覧ください。フラッシュバック インドで47,000人の子供が身体障害者となった。

tapnewswire.comより

キット・ナイトリー - オフ・ガーディアン 2022年6月24日

ポリオが数十年ぶりに再びイギリスの新聞の一面を飾っている。なんという時代だろう。

2日前、ロンドン北部の下水からポリオウイルスの痕跡が検出され、英国政府は「国家的事件」を宣言した。

そう、下水から検出された痕跡が「国家的事件」なのである。

これは、パンデミックと比較しても、大規模なエスカレーションである。コビットとモンキーポックスは少なくとも、大きな赤いパニックボタンを押す前に、実際にこの病気にかかった(とされる)一人の人間を待つという良識があった。

この「ロンドンでポリオ」というニュースが流れる2日前に、フォーブスは次のような見出しの記事を発表している。

新しいポリオの流行が始まるかもしれない-もしそうなら、私たちにできることは?

この記事は、米国でまだワクチンが承認されていない「ポリオ様」エンテロウイルスについて述べたもので、ロンドンについては全く触れていない。

同じ(あるいは似たような)ニュースが、まったく違う理由で世界中でヘッドラインを飾るのは、私の内なるシニックを揺さぶる。

さて、何が起こっているのだろうか?

ポリオが突然ニュースに戻ってきたように見えるかもしれませんが、実は皆さんが思っているよりずっと前から、このような事態が起きていたのです。

実は、すべては予測可能なパターンに当てはまっているのです。

2020年11月、「遺伝子組み換え」で「トリプルロック」された新しいポリオワクチンが、過去10年間で世界で5千件程度しかポリオが発生していないにもかかわらず、WHOから「緊急使用リスト」を付与された最初のワクチンとなったのです。

2021年10月、ウクライナ政府はポリオの「再出現」を理由に「生物学的緊急事態」を宣言し、その原因はワクチンの摂取量の少なさにあるとされた。

このことは、数カ月にわたってニュースの裏表紙で着実に報じられた。ロシアが「特別作戦」を開始したことを受けて、「ポリオがウクライナにカムバック、戦争でワクチン接種キャンペーンを中止」という見出しが躍った。

その後、今年3月には、イスラエルでも、麻痺に苦しむ少女の便から「ワクチン由来」のポリオが検出され、ポリオの「再出現」が報告された。

この時点で、世界ポリオ撲滅推進計画(GPEI)が声を上げ始めた。GPEIは、WHO、米国CDC、ワクチン同盟GAVI、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が共同出資しているプロジェクトである。

つまり、皆さんが予想されるような人たちです。

イスラエルで報告された症例を受けて、GPEIは「監視の強化」を求める声明を発表しました...

GPEIは、すべての保健当局に対し、ポリオウィルスのサーベイランスを強化し、さらなる感染を防ぐためにワクチン接種の対応を強化するよう要請するもので、予防が容易な病気によって生涯麻痺の危険にさらされる子どもを一人も出さないようにする。GPEIは、cVDPV3の発生を食い止めるために、保健当局を支援することを約束します。

その1カ月後の今年4月、GPEIは「再出現」の疑いをバネに、ポリオ撲滅への「新たな取り組み」を呼びかけ、新しい「戦略」を発表し、さらに48億ドルの資金が必要だと主張しました。

そして5月下旬、WHOの第75回世界保健総会で、「世界の保健分野のリーダーたち」は、「またとない機会の窓が永久に閉じてしまう前に、ポリオを永久に撲滅するための緊急行動をとる」ことを呼びかけた。

同じ週、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長は、ポリオに関して総会で演説を行いました[強調]。

「ここ数カ月の心配な動きは、(ポリオ撲滅の)進展がいかにもろいものであるかを浮き彫りにしています[...] 今年、私たちは野生ポリオウイルスの感染を食い止める真の機会を得ました。同時に、cVDPVの発生に迅速かつ適切に対応し、2023年末までにすべての感染を阻止しなければなりません」。

6月に入り、大西洋の両岸では「ワクチン接種率の低さ」を警告する恐怖物語が展開されている。

WHOの報告書では、海外で「生ワクチン」を接種した人が英国に侵入し、イスラエルで発生したとされるウイルスが「ワクチン由来」であると主張していることに注意してほしい。

この仕組みがまだわかっていないのだろうか?

WHOは試験や安全性データの必要性を回避し、「緊急用ワクチン」を承認した。
ポリオの症例が数件報告される(毎年そうであるように)
ゲイツ/WHOが資金提供したシンクタンクが「監視の強化」、つまり(PCR検査による)検査の強化を呼びかける。
検査の強化により、必然的に多くの「症例」が発見される。
症例は古いワクチンのせいとされる
新しい「最新」かつ「より安全」なワクチンが開発される。
誰もが大金を手にする。
10月にドイツで開催される世界保健サミットで、GPEIは「ポリオのない世界を実現する」ために約50億ドルを集めようとする「誓いの瞬間」を開始する予定です。

この見出しを見れば、その目標額は簡単にクリアできるはずだと思いませんか?

興味深いのは、市場調査会社が、Covid19の「パンデミック」によって、ポリオワクチン市場が2020年と2021年まで「停滞」していることを発見したことです。

今はもう停滞はありません。

https://tapnewswire.com/2022/06/polio-outbreak-the-who-bill-gates-emergency-vaccines-more-of-the-same/
610 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧