家庭菜園のコツ。トマトを種から育てる方法

2022-12-11

naturalnews.comより

家庭菜園の基本に親しむことは、スキルアップにつながり、いずれは初心者が植えている作物を超える作物を育てられるようになることです。

もし、何から始めたらよいかわからない場合は、トマトの種から始める方法を学んでみてください。

トマトの苗を種から始めると、いくつかの利点があります。まず、早い時期にスタートが切れるので、長い期間の収穫が可能になります。また、病気の予防にもなるので、庭の植物を最大限に活用することができます。

種からトマトを始める方法を知っていると、特に価格が着実に店の価格を増加しているので、食料品を節約することができます。トマトを種から育てる方法を知っていれば、もう園芸店のトマトの苗にお金をかける必要はありません。
関連:家庭菜園101:おいしいトマトを育てるための5つの秘訣
https://keen-area.net/2022/1223/

正しい種を手に入れる

最も重要なステップは、スタートに適した種を入手することです。

理想的なのは、以前に収穫したトマトの種を安定的に供給していることです。初めて種まきをする場合は、新しい品種を試してみてください。

ここでは、いくつかの選択肢をご紹介します。

初心者にやさしいトマト

初めてトマトを栽培する場合は、大きくておいしく、たくさん収穫できる品種を栽培するとよいでしょう。
  • ビーフステーキ
  • セレブリティ
  • イタリアンヘアルーム
  • プリモ・レッド

生食用トマト

チェリートマトは、新鮮なトマトを食べるのが好きな人には理想的な選択肢です。また、ほのかな甘みのあるソースを作るのにも使えます。
  • アメジストクリーム
  • サクラ
  • サンゴールド
  • サンシュガー
  • スーパースウィート100
  • スウィートミリオン
  • イエローペア

低酸性トマトまたは黄色いトマト
生のトマトを食べないのであれば、低酸性トマトや黄色いトマトを検討するとよいでしょう。

例えば、レモンボーイというトマトはかなり大きく育ちます。また、熟すのが早く、トマトソースに最適です。

アマナオレンジは、レモンボーイよりも大きく育ちます。アマナオレンジは家系品種なので、種を保存しておけば、来年の春までに植え付けることができます。
  • アマナオレンジ
  • レモンボーイ
  • オックスハート・イエロー
  • イエローペア

甘いトマト

味を優先するなら、甘いトマトが最適です。

など、大玉の品種でも割と甘いものがあります。
  • ブランディワイン

  • コストロール フィオレンティーノ

  • フェリスホイール

  • モーゲージ・リフター

  • シシリアンソーサー

ソース用トマト

パスタが好きなご家庭なら、こんなパスタソースに向いているトマトを選びましょう
  • アーミッシュペースト
  • ローマ
  • サンマルツァーノ
  • シュプレモ

サンライズソースは、オレンジ色の酸味の少ないペースト状のトマトです。生産性が高く、賞味期限が長いのが特徴です。9月から11月までカウンターに置いておいても腐ることはありません。

オックスハートトマトもソースに最適で、とても大きく育ちます。種がほとんどないので、パスタソース用に栽培するととても満足できます。

早めのスタートとピートペレットを使用

ペースト状のトマトを試してみたい方は、サンマルツァーノ・ジガンテで実験してみてください。なお、季節が短い地域であれば、欠点が出るかもしれません。

サン・マルツァーノ種の収穫までの日数は90日です。お住まいの地域の霜が降りない日数を考えると、栽培に苦労するかもしれません。

しかし、気温が20度以上高い微気候であれば、サンマルツァーノ種のトマトを栽培できるかもしれません。

まず、通常の移植時期である6月から90日間を計算します。9月1日になってしまうので、収穫まであまり時間がないことになります。

もしこれが問題なら、少なくとも2~3週間早く成熟する、小さめのサンマルツァーノ種を選ぶとよいでしょう。

より大きなサンマルツァーノ種のトマトが欲しい場合は、種を早めに蒔くことで収穫期を延長することができます。つまり、トマトの種を庭に移植する6~8週間前に始めるということです。

計算上の日付からすると、4月1日から15日にかけて種をまけばよいでしょう。

根が発達した葉の多い大株の場合は、トマトの種を2月1日から15日に始めるとよいでしょう。

トマトの種まきには、ピートペレットを使用します。このペレットは適量の水を保持し、スターターをうまく育てることができます。

ピートペレットや園芸店で売っている種まき用ミックスがない場合は、庭にある消毒済みの土でもかまいません。すでに家庭菜園で定着している植物に病気を持ち込まないよう、植え付け前には必ず鉢を低温殺菌してください。

必要な数より多くの種を植える
苗の数を決める前に、家族や友人にプレゼントしたり、売ってお金に換えたい場合は、余分な苗を追加してください。

トマトは華氏70度から80度で最もよく発芽します。心配な場合は、家の中のどの場所に種を蒔くのに適した暖かい場所があるかチェックしてみてください。

ガーデニングをする人は、冷蔵庫の上など暖かい場所に発芽した種を置いておくことが多いようです。もしこれが当てはまらない場合は、薪ストーブの挿入口の上のマントルの上にスターターの種を置いておくとよいでしょう。

室内で発芽させるための暖かい場所が見つからない場合は、苗用のヒートマットが必要かもしれません。

種をまくタイミングを逃さないように、メモをとっておきましょう。最初の葉は通常7~10日後に出てきます。

本葉はその数日後に展開し始めます。そのころには、苗を栽培用ライトの下に置くか、家の中の日当たりのよい窓際に置く必要があります。

冬に窓からの日当たりが悪く、栽培に適さない場合は、LEDの栽培用ライトを使用します。

光量を最大にするため、またライトの熱をある程度利用するために、植物をライトの2インチほど下に置くようにしてください。ライトは毎日12~16時間点灯させ、必要に応じて水を与えます。

種子の移植

本葉が2枚になったら、大きめの容器に移植します。1回目の移植には、牛乳パックや洗った小指サイズのサワークリーム容器を使うとよいでしょう。2回目の移植には、4分の1サイズのヨーグルトの容器を用意します。

トマトの苗の主茎は傷つきやすいので、なるべく触らないようにしましょう。茎の傷は、苗を腐らせる菌の侵入口となります。

また、茎の弱いトマトの苗が、新しい葉をつけたままてっぺんが重くなったりして、苗が倒れると主茎が傷むことがあります。脚気のある苗の根元に追加のスターティングミックスを振りかけ、押し込むことでこれを防止します。

植え替えまでの間は、寄りかかった苗を爪楊枝や木串で支えてあげましょう。

移植するときは、根を深く張らせるために、幅の広い容器ではなく、高さのある容器を使うようにしましょう。移植するときは、必ず底に浅く土を入れ、根のクッションにします。

最初の移植の場合は、最初の葉(子葉)を丁寧に取り除きます。葉を茎の下まで剥がし、茎の一部を持っていかないようにしましょう。

トマトの特徴は、茎から小さな毛が出ていて、それが根に発展することがあることです。

薄く敷いた土の上にトマトの苗をセットし、周りの土を丁寧に埋めていきます。苗によく水をやり、週に一度、軽く肥料を与えます。最終的にトマトを庭に植えるまでに、このステップを何度か繰り返すことができます。

トマトは強風にも耐えられるようにしなければなりません。他の植物と同様に、トマトも強い茎を伸ばすために風が必要です。1日に数回、トマトの株の上部を手で優しくなでるようにするとよいでしょう。

このように、トマトの苗を購入するよりも安く、大きく、青々とした苗を生産することができます。トマトを種から育てると、病気や害虫のない、より健康な苗を手に入れることができます。


https://www.naturalnews.com/2022-12-09-gardening-tips-starting-tomatoes-from-seed.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
783 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧