アルバータ州首相、ワクチン未接種の市民に謝罪し、ロックダウンの訴追をすべて取りやめることを検討

2022-10-27

rebelnews.comより

少し前に、Rebel Newsのレポーター、セリーン・ガラスがアルバータ州の新首相に、政府に仕打ちを受けたワクチン未接種の人たちに謝罪するかどうか尋ねました。

ダニエル・スミス氏は、新首相になるための選挙運動をしていたとき、そう約束した。今日(2022/10/22)、セリーンは彼女に、いつ実際にそうするのか尋ねました。
すると、スミス首相の返答は驚くべきものだった。

「私は今すぐ謝ることができます。深くお詫びします」と彼女は言った。そして、「ワクチン未接種であることを理由に不適切な差別を受けた人には、深くお詫びします」と心からの謝罪があった。「ワクチン未接種を理由に解雇された政府職員がいれば、その人たちが戻ってくることを歓迎します」。

心からの謝罪よりもさらに驚くべきことに、スミス首相は、ロックダウン犯罪で起訴されたアルバート人に法的恩赦を与えることを真剣に検討していると言った
-すべての告発を取り下げるという意味で!。
これはとても嬉しいことです。アルバータ州は今、カナダで、いや、おそらく世界で初めて、ワクチン未接種の市民を差別していたことを謝罪する司法権を得たのだ。



我々の勇敢なレポーターによる素晴らしい質問、そして新首相による素晴らしい回答。そして、Rebel Newsならではの質問であることはおわかりでしょう。このような重要な質問をし、CBCが執着する左翼的なゴシップとは対照的に、大きなニューススクープを得たセリーン・ギャラスさん、おめでとうございます。

ダニエル・スミス首相の謝罪が十分に受け入れられていること、そして彼女の監禁恩赦のアイデアが素晴らしいものであることを示しましょう。www.LockdownAmnesty.com、私たちが直接彼女の事務所に届けますので、署名をお願いします。すでに1万6千人の署名が集まっています。2万人を目指しましょう

https://www.rebelnews.com/huge_alberta_premier_apologizes_to_unvaccinated_citizens_considers_dropping_all_lockdown_prosecutions
615 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧