FDAの食品警察は、バターやココナッツオイルのような伝統的な脂肪を犯罪とする新しいガイドラインを指示します

2022-10-04

tapnewswire.comより

by Brian Shilhavy
ヘルスインパクトニュース編集部

犯罪者である米国食品医薬品局(FDA)は2022/09/30、食品のパッケージに「ヘルシー」という言葉を載せてよい場合とそうでない場合を規定する新しい規則案を発表した。

問題は、どの食品が健康でどの食品がそうでないかを教えてくれるFDAを、COVID-19ワクチンが「安全で効果的」であると主張するFDAを、これ以上信用してはいけないということである。

FDAは、あなた方一般を守るために存在するのではなく、ウォール街と銀行家を支配するアメリカ企業やグローバリストを守るために存在するのです。

FDAは、ワクチンやその他の非常に有毒で危険な医薬品を推進する大手製薬会社の利益のために存在するのと同様に、大手食品会社や大手農業会社の利益のために存在し、世界の食糧支配を達成するために毎年アメリカの税金で多額の補助金を出している3つの主要な換金作物、すなわち、トウモロコシ、大豆、小麦のために存在します。

FDAの食事栄養アドバイスが、これら3つの換金作物から開発された食品に重点を置いているのは偶然だろうか?

この3つの換金作物は、貧しい国の地域経済が自国の作物を栽培しても太刀打ちできないような安価な輸出食品で世界支配を達成するために使われているだけでなく、米国で最も汚染された作物でもあります。栽培されているトウモロコシと大豆の90%以上が遺伝子組み換え品で、発がん性が指摘されているグリホサートなど除草剤や農薬が大量に撒かれているため、米国ではこの3作物は汚染されているのです。

小麦は今のところ商業的に栽培されている遺伝子組み換え品種はないが、ほとんどの品種はダコタやモンタナといった北部の州で栽培されており、収穫時にグリホサート系の除草剤を散布して「乾燥」させ、作物を枯らして、初雪が降る前に収穫できるように便宜的にしているのである。

つまり、FDAやUSDAが推進する低脂肪・高炭水化物食は国民の健康に有害であり、バターやココナッツオイルのような何千年も食物連鎖の中にある自然で伝統的な飽和脂肪は「不健康」だということを結論付けている政府自身のNIH資金によるウェブサイト上の医学雑誌に掲載されている20年を超える査読済みの研究結果は無視されたのである。 「第二次世界大戦後、トウモロコシや大豆から油を抽出し、保存性を高めるために高度に処理された「エクスペラープレス」技術の発明以来、食物連鎖の中にしか存在しない新しい「多価不飽和植物油」が「健康」と考えられている一方で、FDAは、アメリカの健康を破壊する食事ガイドラインを推進することにより、Big Agとビッグフードの利益を促進し続けています。

飽和脂肪酸は健康に良い - 科学的に明らかです。

私は個人的に(他の多くの人たちとともに)、20年以上前からアメリカの消費者に従来の飽和脂肪酸がいかに健康的であるかを啓蒙してきましたし、科学的にも明らかです。

ヘルスインパクトニュースで「飽和脂肪酸」を検索すると、過去10年間に私たちが発表した400近い記事の結果が表示されますが、これらはすべて査読付き雑誌に掲載された確かな研究結果に裏打ちされており、FDAやUSDAが政治的動機に基づいて行った食事勧告がいかに間違っているかを示しているのです。

そして、2020年以降の私の出版の焦点は、プランデミックと、COVID「ワクチン」によって数百万人を殺害し、ほぼ全世代を不妊にするグローバリストの人口減少計画を暴露することであったからと言って、飽和脂肪が健康に良いことを証明する科学が停止したわけではないのだ。

それどころか、ほんの数週間前、ある研究がヨーロッパ予防心臓病学会誌(European Journal of Preventive Cardiology)に掲載された。この研究は、それ以前の何百もの研究と同様に、飽和脂肪の摂取が心臓病を引き起こすという「科学」に注目し、こう結論付けた。

この論文でレビューした研究の結果は、(飽和脂肪酸-SFA)の消費は(心臓・血管疾患-CVD)リスク、イベント、死亡率と有意に関連しないことを示している。科学的証拠に基づき、SFAをCVDの原因として悪者扱いする科学的根拠はない。栄養価の高い食品に自然に存在するSFAは、安全に食事に取り入れることができます。


12年以上前に『アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション(American Journal of Clinical Nutrition)』に掲載された研究では、347,747人の被験者(サンプル数は「少ない」とは言えない!)を対象とした科学文献を再検討し、同じ結論に達しているからである。

前向き疫学研究のメタアナリシスでは、食事の飽和脂肪がCHDまたはCVDのリスク上昇と関連すると結論づける有意な証拠はないことが示された。CVDリスクが飽和脂肪に代わる特定の栄養素の影響を受けやすいかどうかを明らかにするには、さらに多くのデータが必要である。


ベーコンもバターもココナッツオイルも大好きで、体が欲しているように見えるのに、医者に飽和脂肪酸を摂り過ぎるとコレステロールが高くなり心臓病になると言われたので、怖くて摂れないという人は、騙されたと思って試してみてください。

動物性脂肪や乳製品は、何千年も前からそうしてきたように、牧草地で草を食むことで栄養を摂取してきた健康な動物のものであって、巨大で密集した閉鎖型の動物飼育場では牧草もなく、代わりに遺伝子組み換えトウモロコシや大豆、グリホサートで汚染された小麦といった換金作物を与えられていないものであれば、実際に健康によいのです。

これらの飽和脂肪酸は、摂取できる脂肪の中で最も健康的なものであり、罪悪感なく自由に食べることができます。ベーコンをバターやココナッツオイルで炒めて、どうぞ召し上がれ。飽和脂肪酸には、これまで何十年もの間、世間に公表されることのなかった、非常に優れた健康効果があるのです。

ココナッツオイル ビッグファーマとビッグフードを脅かす一つの脂肪

グローバル主義者が他の油脂よりも特に悪者扱いしている飽和脂肪酸は、ココナッツオイルであり、ココナッツオイルに含まれる脂肪酸は90%以上が飽和であるため、自然界で最も飽和した脂肪である。

つまり、飽和脂肪酸を不健康と考えるか、それとも健康的と考えるかによって、ココナッツは最も危険な油であり、最も健康的な油でもあるのだ。

科学的にはどうなのでしょうか?

ご自身で判断してください。このページでは、バージンココナッツオイル、精製ココナッツオイル、およびその脂肪酸である「中鎖脂肪酸」(または中鎖トリグリセリド-MCTS)に関する査読済み文献のリストを過去20年間更新しています。

ラウリン酸はこれらのMCTの主役で、自然界に最も多く存在するのはココナッツオイルで、ラウリン酸の含有量は約50%です。次に多いのは母乳で、約6%です。

病原体を破壊するラウリン酸の効果は非常によく知られており、ココナッツオイルからの抽出物は、主に食品保存料として、また最近では抗生物質薬剤耐性病原体に役立つ栄養補助食品として、何十年にもわたって商業の一部となっています。

FDAは「健康的な」食品を表示するための新しいガイドライン案でココナッツオイルについてどう言っているのでしょうか?

2020-2025年版食事摂取基準では、摂取量を増やすのではなく、健康的でない選択肢の代わりに栄養価の高い食品や飲料を選ぶという「シフト」に焦点を当て、飽和脂肪の多い脂肪(バター、ショートニング、ラード、ココナッツオイルなど)の代わりに植物油で調理することを推奨しています。

食事摂取基準2020-2025では、バター、ショートニング、ココナッツオイルやパームオイルを使用するのではなく、多価不飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸を多く含む油を使って調理し、製品を購入することを推奨しています。


FDAやUSDAが「植物油」や「多価不飽和脂肪」に言及するとき、彼らは主に遺伝子組み換えトウモロコシや大豆から得られる、高度に処理された危険な油を指していることに留意してください。

FDAが摂取することを望んでいる多価不飽和脂肪酸の危険性と、実際の科学的知見については、こちらをご覧ください。
https://healthimpactnews.com/?find=polyunsaturated+fats

関連記事
ココナッツオイルはどんな種類がいいの?ココナッツオイルの選び方

https://coconutoil.com/what-type-of-coconut-oil-is-best-how-to-choose-a-coconut-oil/


https://tapnewswire.com/2022/09/fda-food-police-want-to-dictate-what-foods-are-healthy-in-new-guidelines-criminalizing-traditional-fats-like-butter-and-coconut-oil/
322 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧