カニバリズムとハリウッド・エリア・エリート - カニバリズムは現実であり、それはハリウッドの最も深くて暗い秘密の一つである。



amg-news.comより

カニバリズムは実在する。そしてそれは、ハリウッドの最も深く暗い秘密のひとつであり、人間の生け贄から始まっている。
そう、カニバリズムとその高級料理です。ジョン・ポデスタがクルミソースに熱中していたことは、ウィキリークスの大量のメールで明らかになっていますし、アドレノクロムが広く使われていることも報告されています。
誤解のないように言っておくと、クルミソースは人間の松果体を脅し、拷問し、儀式的に殺害してから取り出したものであり、アドレノクロムも同じ方法で副腎から取り出したものである。
後者については、アマゾン・プライムで公開されているが、映画館で上映するためにはインディーズにならざるを得なかったという衝撃的な問題作「アドレノクローム」で忘れられないように紹介されている。さらに具体的にエリートたちの姿を描いた『アドレノクローム2』は、総力を挙げて配給を阻止しようとしていると聞いています。レイプされ、恐怖にさらされ、拷問を受けた子供たちの鮮血にもアドレノクロムが含まれており、好んで飲まれている。

このひどいビデオはかなり詳細に説明されているので、飲食中には見ないでください。なお、他の情報によると、私は松果体がアドレノクロムを生成しているとは考えていません。松果体は自分自身の万能薬を生産していると言っても過言ではありません。
松果体は、神秘主義者の「第三の目」を生物学的に表現したものであり、現実を超えた知覚と認識を可能にするものです。驚くべき偶然(そうですね)により、ここアメリカではほとんどどこでも水のフッ素化が行われており、時間とともに松果体は石灰化していきます。サードアイブラインドであることは良いことではありません。
ロサンゼルスには人食い人種のクラブがある。
ロサンゼルスのどこかに、2007年に始まった人食い人種のためのディナークラブがあります。ここでは、「賢明である」と自負する人々が、専属のシェフが作る人肉の「料理」を食べています。
Cannibal Clubのホームページには、このヘンリー・ミラーの言葉と、禁断のリンゴをかじろうとしている女性(イブ?



Cannibal Clubは、自分たちのことをこう表現し、人食い人種の顧客を喜ばせている。
人肉の調理を専門とするCannibal Clubは、実験的な料理の最先端を、ロサンゼルスの文化的エリートの洗練された味覚に届けます。私たちのマスターシェフは、妥協せず、慣習に縛られずに自分の技術を磨く機会を求めて世界中から集まってきます。
お客様には、著名な映画監督、知識人、セレブリティなど、自由な表現と合理主義という啓蒙主義の理想を掲げる方々が名を連ねています。イベントの夜には、前衛的なパフォーマンス・アーティスト、著名な文学者、革新的なミュージシャンがゲストを楽しませてくれます。
Cannibal Clubでは、卓越した芸術性は、奔放な人間の精神が自然に、そして必然的に表現されたものだと考えています。[Blah, blah, blah]

シェフのSophie Laffiteは、常に新しい、大胆な料理の試みでメニューを更新しています。私たちが提供する肉は、若くて健康なものを選んでいます。多くの原始社会で行われていたカニバリズムと同様に、私たちは人肉食を、消費者の体に生まれ変わる死者へのオマージュと考えています。そのため、それぞれの料理は味とエレガンスの研究でもあるのです。
そして、今週のCannibal Clubのメニューはこちら。

1.Penne Pasta with Meat Sauce:
新鮮なトマトを使用した美味しいミートソースを、
マルチグレイン・ペンネ麺にかけたものです。

2.Sirloin Steak:
フレッシュガーリック、オニオンソテー、自家製ウスターソースで味付けした
8オンスのサーロインステーキを炎で焼き上げます。

3.Liver and Mushroom Pirozhi:
茹でずに焼いたロシア版ピエロギで、ワイルドマッシュルームや
レバーなどの香ばしい具材が入っています。

4.Placenta Lasagna:
伝統的なラザニアで、チーズの代わりにプラセンタを使用し、
ガーリック、オニオン、オレガノで味付けしたトマトソースを使用しています。

5.Mrs. Lovett’s Meat Pies:
地元産の野菜と柔らかい肉を使った、本格的なシュークリーム生地のポットパイです。



2018年1月10日にScribDにアップロードされた文書は、Cannibal Clubの「11月のVIPリスト」であると主張しており、VIPの食事客として、チェルシー・クリントン、CNNの同性愛者であることを公言しているキャスターのアンダーソン・クーパー、蛇舌の女優メリル・ストリープ、ポップシンガーのケイティ・ペリー(悪魔に魂を売ったことを認め、最近のシングル「Bon Appétit」はカニバリズムをテーマにしている)を挙げている。
1927 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧