アミーナ・フィガロアからお手紙いただきました~



いつも“おバカな記事”ばかりを
追い求めている私(記者)でもたまには趣味のよい情報を発信できる。

アゼルバイジャン出身の美人ピアニスト
アミーナフィガロアから
新しいCDをリリースするというMailをいただいた。

メールにはもちろん新曲の
メイキング&視聴用のリンクが添付されていたので、
当然のごとく公開でしょ。

アミーナの注目ポイントは、フルートとのアンサンブルによる
非常にモダンで洗練された、“新しいスタイルのジャズ”を提案しているところだろう。
もちろんジャズはそもそもモダンな曲相の物が多いのだが、
アミーナの曲はどれも一段とセンスがいいのだ。

私(記者)も決して音楽には詳しい方でない、
というか音楽は不得意分野だがこの良さは聞けばわかる。

早速新曲をお聞きいただこう。
プロデューサーでフルーティストのバート・プラトー(Bart Platteau)は彼女のご主人。
バートの演奏も最高!

Amina Figarova Sextet Making of TWELVE - part 1


Amina Figarova Sextet Making of TWELVE - part 2




4760 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧