霊の進化という実験が宇宙全体で行われている【コズミック・ディスクロージャ】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


霊の進化という実験が宇宙全体で行われている【コズミック・ディスクロージャ】



地球由来のレプタリアンが、地球の覇者と主張している間にも、
地球をテラフォーミングした遺伝子農家グループの実験は続いている!!
地球人は有用な貿易商品だった!!


原文:Cosmic Disclosure:Cosmic Disclosure: The Grand Experiment
Season7,Episode32
翻訳:AKsystem
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemも記載なしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします

Season7,Episode32

David Wilcock:
オーライ!
「Cosmic Disclosure」へようこそ。
番組ホスト、David Wilcockです。
Corey Goodeとお送りする、
今回のエピソードは、
The Grand Experimentです。

これは私にとって
特に興味深いものです。
ETの魂を持つ人に影響を与える
実験は、
このプログラムを見る多くの人に
確信をあたえる事でしょう。

さて、詳しい情報はCorey Goode
がお伝えします。
コーリー、ショーにようこそ。

Corey Goode:Thank you.

David:
我々は、50万年前に爆発した
スーパー・アースが
太陽系内に存在したという
考えについて話をしました。

それは、
私たち自身のソーラー・システムと
近隣のシステムの周囲にある
保護グリッドの一部を無効にしました。

そして、あなたはこれの直後に
ETのグループが束で入ってきたと
言っています。
その出来事を要約して、
私たちお話できますか?
彼らは誰ですか?
彼らは何を望んでいますか?



Corey:
はい、彼らは遺伝農家の種族と
呼ばれてきました。

そして彼らは先進的な生活を広め、
人生の発展と人生の精神的発展を
監視し、支援するために、
銀河のいたるところで
何らかの任務を行ってきました。

David:
「先進生活」を定義できますか?

Corey:
高度な人生は
人間のような生活でしょう。

David:
OK。では、どの時点で
事態を認識しましたか?

Corey:
私が13歳頃に
このプログラムを知り始めました。
私はこのMILABにいました…
(訳注:恐らくミリタリーラボの事)
私たちはMILABプログラムと
呼んでいます。

David:OK。

Corey:
エンパス能力のための血清投与の
プロセスが全部終わると、
私の訓練は終わりになります。
そして彼らは私をフィールドに
出したいと思っていました。

だから13歳くらい、
彼らは私を連れて行った…
私たちはこれについての
エピソードをしました…
彼らは私を木星の外側にある
スーパー連盟の基地に
連れて行きました。

そして私はこの
一時的な異常にいつ飛び込むのか、
巨大な、宇宙のバブルのような
星の見えない場所。
それはただ黒だった。

そして、宇宙ステーションが
真ん中に鎮座していて、
あなたはさまざまな種族が
出入りしている宇宙船を見るでしょう。
そして、彼らは
会議を開くようになりました。

David:
そのETたちはなぜ13歳の子供に
興味があるのでしょうか?

Corey:
彼らは私に
何の関心もありませんでした。
私は3つのIEサポートのうちの
(訳注:インターフェイスETの
サポート役の意味か?)
1一人としてそこにいました。
彼らは通常いろいろなタイプの
欺瞞、危険、を避けるため、
あるいは三角測量を助けるために
三人のエンパスを連れています。

David:OK。

Corey:
私が以前説明したように、
彼らは私たちを会議ホールに
連れて行きました。

そして、私たちは蹄鉄形に並んだ
デリゲート・シート(代表者席)に
座っていました。
そして、彼らは私たちに
スマート・ガラスパッドを渡したので、
忙しくそれを見ていました。

そして私は、私がサポートしていた
グループに関する情報と、
彼らが関わっていたさまざまな
遺伝子プログラムを読み始めました。

そのプログラムが22あることが
わかったときです。

David:
ETグループをサポートするために
そこにいたのですか?
それはあなたが関わってたことですか?

Corey:
いいえ、私は地球の代表団を
支援するためにそこにいましたが、
地球代表団以外の皆を
監視するためにそこにいました。

David:
選出された代表団でなくても、
あるレベルでは、
評議会に代表として参加を?

Corey:
そうです。
彼らはローテーションします。
代表の座は地球上のいろんな人々に
回っていきます。

David:
交渉において我々の役割は何です?
私たちは何のために戦っているの?
私たちは何をしたいですか?
なぜそこにいるの?

Corey:
私たちは役割を持っていません。
それは単なる観測です。
私たちはただ観察するしかありません。
かなり最近に与えられた情報だと
(少し前に)話しました。

David:
この情報が一般の人々に
知られることを
常に意図していたのですか、
それともそれを厳密に
別けておきたいのですか?

Corey:別けるのです。

David:
このスーパー連盟で見た存在達は、
どのように私たちを見ますか?

Corey:
そう、60以上の
異なるグループがありました。
彼らのうちのいくつかは、
私たちと非常によく似ていました…
サイズではなく構成で
─あなたも知っている、ヒューマノイド。

しかし、
彼らの多くはかなり人間に見えた。
彼らは、わずかに異なる
肌色を持っていました。

つまり、彼らは少し違って見えましたが、
かなり人間に見えました。

プレアダマイトグループの一部の
いくつかの種族が、
より古いものでした。

彼らは背が高く、
細長い頭蓋骨を持っていました。

前のエピソードで話したものも、
緑色の肌と黒い髪がありました。

David:
彼らは私たちの銀河のポジションで
どのような場所にいるのか知っていますか?
彼らは至る所の銀河から来たのだろうか、
それともローカルのエリアですか?

Corey:
いいえ、彼らはこの銀河の
中から来ています。

私たちの地元の星団は、
以前に考察したように、
古代ビルダー種族のバリアによって
保護されていました。

David:はい。

Corey:
その為に彼らはアクセスできなかった。
しかしそれが内側から降ろされたため、
彼らにとって非常にエキサイティングな
ものとなりました。
豊富な資源へのアクセスです。

この宇宙バブルの中で進められた
唯一の遺伝的なプログラムは、
進歩した、星団内を回って
遺伝的実験を行っている
グループでした。

それは何十億年も続いていました。

David:
あなたが以前に言った事を信じるならば、
私たちのローカル星団内惑星の
進化した人々は、一般的にかなり
私たちに近いように見えますか?

Corey:
ほとんどの場合、
彼らは非常によく似ています。はい。

David:OK。

Corey:
哺乳動物以外のさまざまな種類が
あります。

David:
シークレット・スペース・プログラムが
カバールによって運営されていて、
非常に否定的な側面があることは
明らかですが。

「遺伝子農家」という言葉は、
私にとっては軽蔑的です。
そして、もし彼ら(ET)がやっていることが、
地球上の人類の生命のために
慈悲深いものならば、
カバルが運営する秘密スペース計画は
それをどのように見ていたのでしょう。

Corey:
あなたがペトリ皿であるか、
かごの中のラットであるとき、
(訳注:つまり実験動物)
あなたが白いコートを着ている場合
(訳注:実験・観察者)
とでは視点は少し異なります。

David:
しかし、あなたは彼らが
何をしているのかという基本的な
考え方を言っていない…

人々は「遺伝子農家」という
言葉を聞いて、
これは人間遺伝学が
(人を)食物として使う
何らかの奴隷工場だと
考えるかもしれません。

以前に説明した内容では
アセンション計画のように聞こえます。
彼らは私たちを助けようとしている。

Corey:そうです。
それは、異なる地域で起こっている
宇宙の変化と協調して働く、
霊的で遺伝的な計画、
すなわち進化のプログラムです。

これらの宇宙…
銀河のさまざまな部分では、
これらの活発な流入は、
時々刻々と異なったやり方で
起こっています。

そして、それらの宇宙の変化と協力して
地元の人とも協力して、
DNAを強化し、
意識を高めるようにしています。

David:
私は最近、検索エンジンを使って
ヒンドゥー教の聖典を見ていました…
彼らは完全に個別かどうか
明らかではありませんが、
ソーラーフラッシュの記述は
約188件ありました。

誰もがソーラーフラッシュについて語り、
ラクシャサと呼ばれる
爬虫類のグループがあります。
クリスナという青い肌で
人間に似たグループがいます。

当時地球上には、
いろいろなグループがいました。
そして、ヴェーダ(聖典)では、
誰もがこれが起こることを
知っているかのように
ソーラーフラッシュについて話します。

太陽は今年の終わりに
この大きなフラッシュを放つはずであり、
地球上では何らかの人生の変容が
起こるということです。

それで、あなたは、遺伝子農家と
ヒンドゥー教の聖典で
何が起こっているのかには
関係があると思いますか?

Corey:
はい、彼らが話しているこのフラッシュは、
発生している宇宙変化の
単なる副産物であり、
エネルギッシュな変化です。
そう、それは直接の結びつきです。

David:
興味深いのは、
他人のメールを読むようなもので、
誰もがそれを当然としている。
彼らはすべてが起こることを知っている。
それが起こるのは疑いありません。

Corey:
それは以前に起こったことです。

David:
ええ、それは基本的な事実であると
考えているのです。
赤色が停止の様な物。同じです。

だから彼らがアセンションを
促進しようとしているのであれば、
このソーラー・フラッシュが起こったときの
違いは何ですか?
(ソーラー・フラッシュがあると無いとでは)
どう変わります?

Corey:
まあ、宇宙にはある種の構造が
あると思っています。

アセンションに向けて進行はしてますが、
想像よりは、はるかにゆっくりとした
スピードで進んでいるようです。
ソーラー・フラッシュは、アセンションに
ターボ加速を加える様なものです。

David:
これは、ジャック・イン・ザ・ボックスの
(びっくり箱)アナロジーみたいです。
私たちは春が用意された、捕虜です!
ソーラーフラッシュが起こると
何かが起こります。

Corey:はい。

David:
50万年前のスーパー・アースが
爆発する前には、地球上の知的人類
の歴史はどうでしたか、もしあるなら、
それはどんなでしたか?

それ以前に地球上に人類や、
知的な文明があったのでしょうか?

Corey:
まあ、面白いことに、このトカゲや
レプタリアンのグループは、
人類と長い間葛藤し続けていて、
もともと地球の幹部であったと主張し、
彼ら自身の実験を行っていました。

今でも哺乳類の実験を行っている、
種族の中に、3つの種族を
失ってしまった者がいます。

David:
フム。3つの異なる種族?

Corey:
彼らは、このクレンジング
(ソーラー・フラッシュ)が
行われたために3つの
失われた種族があったと言いました。

私が確認していない
爬虫類人の主張の一つです。

David:
「Ascension Mysteries」
に関する多くの情報を与えてくれた
内部情報者Bruceは、
彼のインサイダー情報の流れの中で
優勢な意見は、小惑星が恐竜を
絶滅に追いやったのだが、
それは意図的に操縦されていた。
ということです。

月がその時、現在の位置に置かれたので、
それなしではなかった季節というものが
与えられ、哺乳類のサイクルが
より多様性のある出発点に立ちました。

Corey:
そうですね、面白いことに、
私は最近、ジグムンドを護衛していた
兵士のうちの数人と連絡を取り合い、
(Season 7, Episode 27)参照
私の日付が間違っていたと言いました。

彼らの情報によれば、
このスーパー・アースは5億年前に
爆発したと言っています。
そして、月が軌道に乗ってきて、
それはたくさんのものでした…
彼らはまた、それは本当に奇妙であると
私に伝えていたが、
彼らはより多くの日付を
押し進めようとしていました。

David:
まあ、私自身の研究は
何らかの理由で
あなたと違っていたかもしれないと
示唆しています…

Corey:うん。うん。

David:
…私は複数の人に同じ日付を
言っていたからです。
そして50万年前の日付は
正確に1つの法則です。

Corey:
そうです。
これはシグマントが行方不明に
なってからのことです。
彼らは私に彼の所在を聞いていました。
そして、ええ、それ以来、
奇妙な事がたくさんあります。

David:
これらの失われた3種の爬虫類種族が
どのように見えるか、
あるいはどこに行ったのかについて
何か知っていますか?

Corey:
解りません何も。
おそらく、レプタリアングループは、
(ソーラー・フラッシュや小惑星衝突
を避けるため)
地下の地下に逃げ出した
恐竜種族の末裔であり、
大惨事を免れたと主張しています。

だから、もし彼らが生き残った一種族
だったのだろうか、
さらに三種族欠けているのかどうかは
わからないが、考えるのは面白い。

David:
うーん。
私は以前にレプタリアン達を
カバーしたので知っていますが、
誰もがすべてのエピソードを
見たわけではありません。

もう少し詳しく話すことができますか?
これは明らかに非常に奇妙です。

Corey:
そして、私はそれ以来、
彼らはすべて大きさと種類が
異なっていることを知りました。

David:オーゥ!本当に?



Corey:
そうです。
そして、私たちが最も見るものには、
鳥のように首の後ろに羽毛があります。
彼らは恐竜と鳥のミックスのようです。
彼らは本当にかわいい
鳥のような動きをします。

彼らは、南アメリカのジャングルに
住んでいます。
そして彼らは夜に出て狩りをすることが
知られていました。

しかし、これは古い情報です。
それは私がガラスパッドで
読んだものではありません。

David:
彼らはスピーチをしますか?
彼らは音を出すことができますか?
あるいは、彼らはどのように
コミュニケーションを取っていますか

Corey:
彼らはお互いに
テレコミュニケーションを交わします。

David:
ああ、彼らは実際には話さない。

Corey:
まあ、彼らは騒音を出します。
彼らにはすべての種類があります…
鳥のように。
彼らはさまざまなタイプの
非言語コミュニケーションを持っています。

しかし、ええ、彼らはボイスボックス
(発声機能)を持っていません。

彼らには唇や舌がない、
私は非常に真剣に疑います。
地球上ですべての話す人が持っている
遺伝子を持っています。
しかし、彼らは高い知性を持ち、
かなり凶悪です。

David:
彼らは何らかの意味で
テクノロジーを持っていますか?
それとも基本的には原始的な種ですか?

Corey:
技術的にはとても原始的です。

David:
彼らが持っている技術を
知っていますか?

Corey:
かなり基本的な…
高度な技術ではありません。
基本的な技術です。

David:
どんな基本的な技術ですか?

Corey:
まあ、あなたも知っているように、
棒と岩を使ったり、(原始的の比喩)
物事をまとめるように。
彼らは超高度ではありません。

David:
OK。
だから、私たちは地球上の恐竜から
進化した爬虫類人は
悪魔的な種だと思っています。

他の誰かが来て、排除し地球を
清潔にする必要があると確信しています。

レプタリアンのグループは、
彼らが依然として地球を
支配していると信じていますか?

彼らは、彼らが最初にここにいた
という事から、この惑星に対する
権利を持っていると考えていますか?

Corey:
はい、それは彼らの主張の一つです。

David:
OK。それが実際に起こったのであれば、
これらの遺伝子農家グループは
実際にテラフォーミングしており、
ある望ましい結果に基づいて
惑星全体を改造することが
できるといっています。

それは本当ですか?

Corey:
はい、それは偉大な実験の一部です。

David:
もし私たちが月について話すなら、
ウィリアム・トンプキンズも言いました
─大量の内部構造を持っていれば、
文字通り、月が1つの惑星から
別の惑星への生物圏全体を
運ぶことができるでしょうか?
このテラフォーミングの一部として、
それ自体の中に?

Corey:
まあ、それは古代のエンシェントの
理論の一つです。

David:
OK。だからもし遺伝子農家が
この種の戦略を積極的に
追求しているのであれば、
今日のような人生を創造すること
だけではないように思えます。

我々はその真ん中にいる。
私たちは何らかの
最終形態ではありません。

それは本当ですか?

Corey:
そうです。 ええ、私たちは
かなり長い実験の結果です。

David:
おおぅ、私たちが?

Corey:
私はそう言います。
私たちは明らかに何らかの最高潮に
到達しようとしています。
だから、偉大な実験の道のほうが
より良い道でしょう。

David:
実験は、ソーラー・フラッシュの後
すぐに終了するだろうと思いますか?

Corey:
そうとは結論できません。
それは(世界は)変わるでしょう
─新しい段階に入ります。

David:
OK。これは実際には、
私たちの言葉で言えば
かなりの時間続きます。

Corey:
すべてがソースに戻ったり、
時間の終わりに何が起こっても、
それは続くでしょう。

David:
これらの遺伝子農家グループは、
ある時点で、私たちが彼らに会って
何が起こったのかを知るほどに
十分に成長するだろうと
認識していますか?

Corey:
絶対に。
これらのプログラムの目的は、
各惑星領域とその上の高度な存在を
自己管理出来る様にすることです。

ある時点で、私たちは
自分たちの遺伝学と
進化したいペースを管理するために、
技術的に、霊的に進化していきます。

それが目標です。

彼らは誰もがその点まで行きたいと
思っています。
そしてその時点で、あなたはこの
グランド・コンフェデレーション(連盟)の
一員になります。

David:
あなたは銀河系の奴隷取引について
以前に話しました。

そして、彼らがここでやったことは、
他の多くの場所よりも
私たちは、はるかに貴重なものであり、
私たちは奴隷としても
遺伝物質の源泉としても
非常に望ましい商品であると言いました。

この惑星は、なぜこれらのプログラムを
行う事ができるのかという点で
ユニークであると思いますか?

Corey:
ローカル・スタークラスターの真ん中に
位置している可能性が高いのです。
スーパーゲートがあるので、
いろいろな存在達は私たちの銀河や
他の銀河のどこからでも
簡単にここにやって来るでしょう。

David:
これらの人が実行している
遺伝子プログラムの要素に関する
具体的な情報はありますか?

次週に続く…



2017-09-02 / 1543PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト