ローダ・ウィルソン著「パスの観察 182」

2023-07-02

expose-news.comより

バーノン・コールマン博士が、最新の逝去観察で情報を提供し、楽しませてくれる。 数えてみると、彼は182番目の観察を公開した。彼の21の観察リストには、ゴールドマン・サックスが2,300人の銀行家をクビにしたこと、メタが21,000人の協力者をクビにしたこと、「グーグルも12,000人の検閲官、ファシストのくずをクビにしたこと」などが含まれている。

銀行家やその他のファシストはさておき、もっと身近なところでは、キア・スターマーがノルウェーの真似をしようとしているが、石油やガスの資源がないため、スタート台から出る前に失敗するのは確実だ。そしてコールマン博士は瓶のキャップを取るために、コカ・コーラとレスリングの試合をしたことがある


バーノン・コールマン博士

1. まったく非常識な地方議会のリサイクル・ゲシュタポ職員が、住民がリサイクルする材料の洗浄にもっと力を入れるよう要求している。容器をよく洗ってすすぎ、ペーパータオルで拭いて乾かすか、ドライヤーで乾かすようにと。このバカどもは明らかに、世界的な水不足が起こっていることを知らないようだ。ペーパータオルが木に生えているとでも思っているのだろうか?そして、水不足が悪化するように水を浪費することである。

2. 英国の平均給与は2023年2月から4月の間に7.2%上昇した。年間28.8%の上昇だ。私の公的年金は(40年以上保険料を払った後でも)週140ポンド程度だ。ヘリコプター、スピードボート、12人の乗組員を備えたスーパーヨットを半年間雇うために、そのすべてを使うことに決めた。

3. 目を凝らせば、いいニュースは必ずある。地球上で最も邪悪な銀行であるゴールドマン・サックスは、2300人の銀行員を解雇する。彼らが生活のために何をするつもりなのか、それは誰にもわからない。便所掃除をする2300人など、世界に必要だろうか。

4. 必要不可欠な処方薬が必要だった。ロイズ薬局の支店長は、必要な薬は手に入らないと言い、私立の薬局に行くよう無下に勧めた。私たちはそうした。翌日には手に入った。ロイズ薬局に3ブー。潰れてしまえばいいのに。チェーン店ではなく、最寄りの個人薬局を利用しましょう。

5. 英国の首相で戦犯のリシ・スナックが、ニヤニヤしながら年末までにインフレをコントロールすると言ったのを覚えているだろうか?それなら、倍返しだ。彼は間違いなくやらないだろう。

6. コカコーラのボトルを買ったら、キャップがプラスチックの破片でボトルに取り付けられていた。それを外すのに全力を使った。なぜコカ・コーラはこんなことをするのだろう?単にプラスチックを使い切るためなのだろうか?何百万人もいるであろうボトルキャップの収集家にとって、この新しいナンセンスは生活を困難にするに違いない。

7. ESG愛好家の最近の流行は、AI企業の株を買うことである。これは、ESGが大量虐殺と人類滅亡を好む狂気のグローバリストによってコントロールされていることの確かな証拠である。

8. 病気になった場合、生きるか死ぬかは、ある1つのこと、つまり「どれだけお金を持っているか」にかかっている。これは年を取るにつれてますます重要になってくる。どの国でも、医療を制限し、若い人、一般的に健康な人、有用な人だけに治療を施すという計画がある。体の弱い者、高齢者、真実を語る問題児は不要なのだ。(だから、私はかなり詰め込まれている)。

9. イギリスでは、労働党党首の恐ろしいキーア・スターマーが、ノルウェーで大成功を収めたソブリン・ファンドを真似て、ソブリン・ファンドを立ち上げるつもりだと発言した。ひとつ大きな問題がある。ノルウェーの基金は石油とガスからの収入で成り立っており、スターマーは石油とガスの探査を止めると宣言している。彼が新しい特別税を導入しない限り、ソブリンファンドに投入する資金はないだろう。英国はすでに破綻している。スターマーがダウニング街No.10に入る頃には、廷吏が写真や家具を整理し、持ち出す価値のあるものを探していることだろう。ボリスは高価な壁紙を残していったのだろうか?もしそうなら、いつでも剥がして売り払うことができるだろう。(次の選挙後、議会が空転して連立政権が誕生すれば、イングランドはEUに押し戻され、熱狂的なリベラル派とグリーン派の有権者を喜ばせることになるだろう)

10. さらに朗報がある。ザッカーバーグのメタ(フェイスブックのオーナー)は昨年11月以来、21,000人の協力者を解雇した。そしてグーグルもまた、12,000人の検閲的でファシスト的な輩を解雇した。私たちの生活をコントロールしようとしていない今、彼らはどうするのだろうか?世界はそんなに多くのデッキチェア係を必要としているのだろうか?

11. 「嵐のあとには土台しかない」 - アンドリュー・バックスが『Blossom』に書いている。

12. ジョー・バイデンは現在、報道陣と話す際にイヤホンをつけている。これによって彼は、自分がメーターを読みに来た男だと思うことなく、例えばフランスの大統領と話すことができる。実際、ジョー・バイデン米大統領は明らかに重度の認知症を患っている。ここ数日、彼が 「God Save the Queen」と言ったり、インドの国歌をアメリカの国歌と間違えたりするのを見た。危うく中国と戦争を始めるところだった。バイデンに大統領として再出馬してほしいと思っている人たちは、本当に残酷だ。かわいそうな老人は庭に座ってデイジーチェーンを作ることを許されるべきだ。バイデンのミスはもう笑えない。それに、刑務所に入れられるには、彼はあまりにおっちょこちょいだ。

13. イギリスの郡は地方政府の新しい層を持つことになる。これは、EUが数年前にイングランドに押し付けようとして有権者に徹底的に拒否された地域議会を復活させようとするものだ。新しい管理層(彼らはこれを地方分権と呼んでいる)は、単に協力者をより大きな管理下に置くだけで、有権者はまったく管理できなくなる。分権された地方自治体は言われたことをやるだけで、世界政府への移行が容易になる。EUに再加盟すべきでない理由を知りたければ、OFPISを読んでほしい。

14. 年前、グレタ・トゥンバーグちゃん(6歳くらいに見えたが、BBCとジェフリー・エプスタインの友人であるビル・ゲイツがワクチンの専門家を自任したのと同じように、気候変動に関する世界的な専門家を自任しているように見えた)は、化石燃料の使用を止めなければ、あと5年しかないと言った。気候変動についての真実は、ジーナ・コーエンの『グレタの宿題』をお読みください。アマゾンで購入でき、面白くて勉強になる。一度読めば、気候変動が完全な詐欺であり、この神話を宣伝してきた政治家やジャーナリストが恐怖を煽ってきたことがわかるだろう。地球温暖化に関する公式発表をいまだに信じている知人には、『グレタの宿題』をプレゼントしよう。
こちら⇒https://amzn.to/43agTf9

15. ゼレンスキーは軍隊の兵糧攻めに必死で、18歳から65歳までの男性なら誰でも召集される資格がある。ウクライナの兵士の寿命は数時間で測られるため、召集令状には死亡証明書も添付される。

16. 真実を知りたければ、主要メディアを避け、自分の心の声に耳を傾けることだ。

17. もし見たことがなければ、ピーター・フィンチとウィリアム・ホールデン主演の70年代の映画「ネットワーク」を見てみよう。その後、窓から頭を突き出してこう叫べ。「私は地獄のように狂っている、もうこれ以上我慢できない」。

18. 科学者たちは、精子の数がなぜこんなに少ないのか、いまだに謎に包まれているらしい。彼らはあらゆる種類の化学物質のせいにしている。研究に時間を費やすのはやめるべきだ。まず、私は1980年代に何が問題なのかを知っていた。避妊薬から排出される女性ホルモンはすべて飲料水に含まれている。ホルモンは男性や魚を女性化し、悲惨な結果をもたらしている。しかし、これは偶然の産物ではない。人口削減計画の一環なのだ。飲料水に含まれる薬物についてもっと知りたければ、アマゾンで買える私の著書『スーパーボディ』を読んでほしい。ところで、水をろ過してもホルモンは取り除けない。(私たちはペットボトルの湧き水を飲んでいます)第二に、コビド-19ジャブもまた、生殖能力に深刻な影響を及ぼしていることはほぼ間違いない。

19. EUは天候をコントロールすることを決定した。ゲイツ(素人のワクチン愛好家)や他の億万長者がすでにそれをやっていることを、誰かが彼らに伝えるべきだ。神を演じたい人々は、彼らの狂気を調整すべきだ。

20. 再野生化(食用農地をイラクサ、ワラビ、ホグ草、ネズミが跋扈する低木林に変えること)は、食料価格を大幅に押し上げるだろう。2015年以降、アメリカは1,240万ヘクタールの農地を失った。第三次世界大戦もあまり役に立っていない。ウクライナの食糧生産は2021年に比べて40%減少し、毎週減少している。すべては餓死者を増やす計画の一環だ。(最後の数字は1億4000万人が飢えているというものだった)。主要メディアは誰も気にしていないようだ)

21. 各国政府は、燃料源としての水素の開発に莫大な資金を浪費している。何度も述べているように)問題は、化石燃料がなければ水素は作れないということだ。熱源や光源としての水素は、2本の乾いた棒をこすり合わせて炎を作るのと同じカテゴリーに入る。

https://expose-news.com/2023/07/01/passing-observations-182/



このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1301 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧