地球を救い、人々を餓死させる: アイルランド政府、20万頭の乳牛の虐殺を提案

2023-06-05

naturalnews.com/より

いわゆる地球温暖化や気候変動を食い止めるために、アイルランド政府は、国の気候目標を達成するために20万頭の乳牛を淘汰することを提案しました。

アイルランド政府の報告は、農業部門における排出量ギャップを埋めるための戦略を模索する農業省の内部説明文書から生まれたものです。この計画では、アイルランドの農業部門が気候変動目標に沿うよう、20万頭の屠殺目標に達するまで、毎年約6万5000頭の乳牛を屠殺することを求めています。(関連記事 世界的な肉戦争:アイルランドは今、「気候変動」と戦うために牛を淘汰している)

しかし、農村部の若者組織Macra na Feirmeの代表であるElaine Houlihanは、この提案を「完全に膝を打つ」報告だと表現し、嫌悪感を示しました。Houlihan氏は、この報告書が若い農業従事者に与えるネガティブなメッセージを指摘した。また、アイルランドやヨーロッパが世代交代やいわゆる気候変動への対策に本当に取り組んでいるのか疑問視しています。

アイルランドの酪農業界を代表するロビー団体であるIrish Creamery Milk Suppliers Association(ICMSA)も、アイルランドの酪農家畜を淘汰する計画は、もし実現しなければならないとしても、任意であるべきだと警告しています。

ICMSAのパット・マコーマック会長は、「もし計画があるとすれば、それは自発的な計画である必要がある」と述べた。「というのも、ある目標を達成するために莫大な資金を借りている個人から淘汰することに意味はないからです」。

McCormack氏はさらに、いかなる変化にも農家が参加することの重要性を強調した。「これはスタートではありません。これはスタートでもなく、終わりでもない。これは環境の旅であり、農業はそこで重要な役割を果たすことができるのです」と語った。

また、アイルランドの農家は、環境への悪影響を減らすために自分たちの役割を果たすことを望んでいると付け加えた。しかし、それを実現するために、アイルランド政府はインフラや技術に投資すべきだと主張した。

気候変動学者たちは、アジェンダから利益を得るために、家畜とメタンの偽りの物語に固執している

気候憂慮論者と世界の農業破壊から利益を得ている人々は、家畜が排出ガスに果たすべき役割について真実を無視し続けています。

気候変動問題の提唱者たちは、牛が大気中のメタンに大きく寄与しているとよく表現します。しかし、この描写は誤った主張である。

反芻動物の家畜が排出するメタンは、温室効果ガスとしては本質的に取るに足らないものである。しかも、家畜が排出するメタンは、地球上に生命が誕生したときから存在する自然な生物起源炭素循環の一部です。

農業は、世界的な食糧不足を防ぐだけでなく、生活や経済を維持する上でも重要な役割を担っていることを認識することが必要です。

アイルランドでは、多国籍企業による農業への投資もあり、農業は長い間、経済の原動力となってきました。ケリーゴールドやピルグリムス・チョイスといったアイルランド産の牛肉や乳製品のブランドは、輸出品として目覚ましい成功を収めています。しかし、牛は今や、捏造された「気候危機」の背後にある政治的操作と強欲の象徴となっている。

左翼の気候異常に関する最新ニュースはGreenTyranny.newsで見ることができます。

ジョン・ケリーが、気候変動目標を達成するために農業を減らすというアメリカ政府の計画を「過激になる」と発表するのをご覧ください。

https://www.brighteon.com/830bf3f9-c8d5-4c99-8999-392dbdb07b9c


このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1189 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧