エジプトのオンライン検閲は、天候の「誤報」の投稿を犯罪とする計画で新たな高みに到達した。

2023-04-16

climate.newsより

エジプト国会の観光・民間航空委員会は、エジプト気象庁(EMA)に、天気に関する「誤報」を投稿した人に罰金を科す権限を与えるための法案を承認した。
(記事:Cindy Harper ReclaimTheNet.orgより再掲)

天候に関する誤報は、最高で500万LE(161.8万ドル─2億4327万5670円)の罰金となる。

この法律の目的は、経済に害を及ぼす可能性のある情報の掲載を減らすことである。委員会のメンバーであるEmad al-Dargali氏は、気象サービスの質を向上させ、研究を奨励し、外国投資を誘致するためにこの法律が承認されたと述べた。

エジプト・インディペンデント紙によると、Dargali氏は、ソーシャルメディアやニュースサイトには、気象に関する誤った情報を掲載し、経済問題に関する誤った情報を広めるページがあると述べた。また、同法案は現在の本会議終了前に採決にかけられる予定であると付け加えた。

EMAの元責任者Ahmed Abdel-Aal氏は、多くの非専門家が様々な名前で気象ニュースを投稿しており、これらの非専門家は混乱を招くような誤った情報や噂を投稿していると述べた。

過去10年間、エジプトは大きな政治的混乱と変貌を遂げ、同国におけるインターネットの自由と検閲の状況に直接的な影響を及ぼしてきた。

近年、政府はネット上の情報の流れを規制・管理する措置をとっており、人権団体や言論の自由を擁護する人々から批判を浴びています。

2011年初頭の「アラブの春」によって、エジプトではインターネット検閲の問題がクローズアップされるようになりました。

政治的変化を求めて市民が街頭に立つと、当時のホスニ・ムバラク大統領率いる政府は、インターネットとモバイルサービスを遮断することで対応しました。この前代未聞のインターネットブラックアウトは5日間続き、エジプトとネット検閲の関係に転機が訪れました。

2014年、エジプト政府は「反サイバー・情報技術犯罪法」を導入し、オンラインコンテンツを監視・検閲する国家権力を大幅に拡大しました。この法律は、偽ニュースの拡散、暴力の扇動、過激派イデオロギーの促進など、幅広い活動を犯罪として扱っています。批評家たちは、この法律の曖昧な表現が恣意的な執行を可能にし、表現の自由を脅かすと主張しています。

エジプトでは2017年に大規模なウェブサイト遮断キャンペーンが行われ、政府は報道機関、人権団体、VPNサービスなど数百のウェブサイトへのアクセスを遮断した。

このキャンペーンは、テロとの戦いや国家の安全保障を守るという口実で始められました。しかし、遮断されたウェブサイトの範囲が広かったため、政府の意図や情報の自由への影響について懸念が持たれていました。

2018年、エジプト議会は、ソーシャルメディアプラットフォームを含むあらゆる形態のメディアを規制・監視する権限を政府に付与する「メディア規制法」を可決しました。この法律では、5,000人以上のフォロワーを持つユーザーはメディアとして登録する必要があり、従来のメディアと同じ規制や検閲の対象となる。人権団体は、この法律は言論の自由をさらに抑制し、オンラインコンテンツに対する政府の支配を強めるものだと批判しています。

https://climate.news/2023-04-06-egypts-online-censorship-reaches-new-heights.html#

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1026 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧