ベンジャミン・フルフォード フルレポート 8/15: 私たちが経験していることは聖書的だ


beforeitsnews.comより

ベンジャミン・フルフォード フルレポート 8/15: 私たちが経験していることは聖書的である
世界、より正確には西洋で展開されている危機は、普通の、あるいは特別な政治的・経済的危機ではありません。これは単に米国やG7、国連などに影響を及ぼす危機ではありません。一神教の根幹に関わる危機なのである。だからこそ、私たちが経験していることは、聖書的であるといっても過言ではないのです。


世界権力の最前線を長年にわたって取材してきた結果、一神教の信仰は、神を信じない人々のグループによって支配されていることが明らかになった。その代わり、これらの一族は一神教を自分たちの臣民を支配するための道具として考えているのです。この人たちは、権力の喪失に直面している人たちです。だから、一神教的な考え方をする人たちは、私たちが終末を迎えていると考えているのです。

これは、私がアジアの秘密結社を代表してイタリアに行き、これらの一族の代表と交渉したときに、身をもって知ったことです。彼らは "神はいない、我々が神だ "と言いました。

この一族は、歴史書にヒクソス族として初めて登場する奴隷商人の古代カルト集団の出身である。彼らは、フォーク状の尾を持つヤギの顔をした神を崇拝しており、それは私たちがセトやサタンなどと呼ぶものです。

この民族の起源は、人類が狩猟採集民をやめて牧畜民か農耕民になった古代中東にさかのぼります。

考古学的な証拠によると、農耕が始まった後、中東の人間の人口が大幅に増加したことが分かっている。しかし、これらの人々は狩猟採集民の祖先に比べれば小さく、栄養失調であった。しかし、ミルクと肉を主食とする牧畜民は、農耕民に比べて力強い体格をしていた。彼らは、農耕民をあたかも多くの羊や牛のように扱う方法を、長い年月をかけて考え出した。

この人々は、歴史の教科書にヒクソス族として登場し、紀元前1638年から紀元前1530年までエジプトを短期間支配した。エジプト人が彼らを追い出したとき、彼らは多くの奴隷を連れて行った。これが今日、私たちが知っているユダヤ人である。

このようなユダヤ人を理解するために、聖書の旧約聖書、別名「トーラー」を見てみよう。

まず、モーセ(トトメス)が十戒を授かる前の出来事を見てみよう。まず、モーセとアロン以外の者が「神」に会いに行くと、「石打ちの刑に処せられるか、矢で殺される」(出エジプト記19:13)ということに注意しましょう。(出エジプト記19:13)宇宙を創造した存在が、少なくとも稲妻を思いつくことができたと思うだろう。

出エジプト記18章には次のように書かれています。

主が火でその上に臨まれたので、シナイ山は完全に煙に包まれた。その煙は、まるで窯から立ち上るように、シナイ山から立ちのぼった。

だから、煙だけを使って、鏡は後回しにしたようだ。

次に、「神」が「選ばれし民」に課した戒めを見てみよう。

あなたは私のほかに神々を持ってはならない。

あなたは自分のために、天の上に、地の上に、地の下の水の中に、偶像や何かの似姿(※)を造ってはならない。

あなたがたの神、主であるわたしは、嫉妬深い神であり、わたしを憎む者の子らに、三代、四代に至るまで、先祖の悪事のために罰を与えるからである*。

あなたは、あなたの神、主の名をむやみに唱えてはならない*e。主は、その名をむやみに唱える者を罰せられないからである。

https://bible.usccb.org/bible/exodus/20

つまり、この嫉妬深い「神」-何世代にもわたって罰を与える-は、似顔絵を作られることを望まない。おそらく、それは人々が「神」のふりをした人間であることを見破るからであろう。

そして、存在するものすべてを創造した "神 "は、次のようなものを欲しがっていることに気づく。

「金、銀、青銅、紫、緋の糸、亜麻布、ヤギの毛。」

赤く染めた雄羊の皮とタハシの皮、アカシアの木、灯火用の油、油注ぎと香りのための香料、エフォドと胸当てに付けるオニキス石とその他の宝石などである。

出エジプト記25:3-7

ここでもまた、太陽を含む宇宙の創造主がランプの油やヤギの毛などを必要としないと思うだろう。

言い換えれば、聖書のこの部分は、隠された人々が神のふりをし、反体制者に対して何世代にもわたる殺人キャンペーンで支配を強化するシステムを使ったヘブライ人の奴隷化について記述しているのです。

数千年の歴史を経て、私たちは「本の民」があまりにも長い間、奴隷として扱われ、もはや自分たちが奴隷であることにさえ気づいていないことに気づくのである。

一神教を支配する一族と交渉し、打倒するために何年も戦った末に、私たちはヒクソス人のファラオの子孫を相手にしているのだと結論づけたのです。彼らは、エジプト人が彼らのリーダーであるアケナテンを庭園の宮殿から追い出した後、奴隷の一団を引き連れてきた。アテン(エデン)の庭。彼らは奴隷の間で生活できるように、煙と殺人を使って奴隷から自分たちの正体を隠した。

私はイタリアに行き、一神教の羊の群れのカトリックまたはローマ版を支配するP2の代表者に会ったとき、彼らが情報と食料の支配を権力の鍵と考えていることを知りました。最近では、「主流メディア」と「中央銀行」という形になっている。

この人たちは、預言者モハメッドを訓練したとも言っていました。しかし、彼は不正を行い、一神教の対抗バージョンを始めたという。ところで、イスラム教のシーア派とスンニ派の分裂は、いとこ同士の相続争いから始まりました。

つまり、基本的に「一神教」を使って羊の群れを作っている一族が、数千年の間に様々な派閥に分裂していったわけです。

いずれにせよ、現在の世界情勢を見ると、スイスを拠点とするファラオ一族が、全人類を一人の指導者のもとに統一しようとする試みの司令塔であることが、複数の証拠によって指摘されている。彼らは、競合する一神教のすべての枝を、単一の神のような支配者が管理する単一の世界宗教の下に統一することを望んでいるのである。

また、これらの人々自身が神を信じていないことも注目すべき点です。彼らは創造主を打倒し、自らが神になろうとする誇大妄想狂なのです。

彼らの中にはサタンを崇拝し、残りの人類を軽蔑の目で見ている者もいます。この古代の近親相姦の神支配者の一族の中でより理想主義的なメンバーは、"良い羊飼い "になりたがっています。問題は、「良い羊飼い」であっても、自分の群れを屠殺し、食べてしまうことだ。

これらの一族が力を失っている理由は多岐にわたるが、経済が大きな原動力になっていることは間違いない。IMFによると、世界のGDPは160兆ドルである。しかし、古代バビロニアやエジプトの支配者一族が直接支配している国は、その3分の1程度に過ぎない。その他の国は、世界のGDPの3分の2を支配し、世界人口約80億人のうち7割を支配しているのだから、西洋が地球の支配権を手放す時が来たと主張しているのである。

一神教徒にとって、これは地球全体を一人の王あるいは「メシア」の支配下に置くという数千年にわたるプロジェクトの終焉を意味する。彼らの答えは、このアジェンダに従わない90%の人々を殺すことである。

これが、バイオ兵器の拡散、第三次世界大戦の試み、食糧危機の発生などのニュースの背後にある大局観です。アジア人は、これらの計画の背後にいる西洋のエリート一族を殺すと脅すことで応えたのです。

筆者は2009年にアジアの秘密結社の代表として派遣され、何らかの合意を得ようとしたが、P2フリーメイソンと話す必要があると言ったのは彼らであった。

アジアの視点から見ると、世界が終わるという考え自体が、一神教の最大の問題点である。例えば、ロナルド・レーガンの内務長官であったジェームス・G・ワットは、連邦土地を伐採や牧場のために開放することを正当化するために、次のように言った。

"主が戻られるまでに、どれだけの未来の世代をあてにできるかはわからない"

つまり、世界が終わろうとしているのなら、環境を保護する必要はないのだ。

https://www.washingtonpost.com/archive/politics/1981/06/30/the-watt-controversy/d591699b-3bc2-46d2-9059-fb5d2513c3da/

しかし、彼らを戦場に駆り立てたのは、人類の90%の大虐殺が計画されているという明確な証拠であった。

幸いなことに、西欧諸国は、ギリシャ、ローマ、イギリスの民主的、科学的、合理的、法的な伝統の継承者でもある。この伝統の継承者たちこそ、アジア人およびその他の世界と手を組んで、これら一神教の奴隷運転一族の支配に終止符を打とうとしているのである。

具体的には、イギリス連邦、ロシア、ペンタゴン、代理店のホワイトハット、そして西洋の真理探究運動が、地球解放同盟の西側メンバーである。

ですから、この地球を巨大な動物園に変えようとする進行中の試みに対抗する秋の攻防の準備として、私たちは、悪魔崇拝者が依然としてどれほど真に強力であるかを見ておく必要があるのです。彼らは大企業、ほとんどの西洋の政治家、中央銀行を支配しています。

スイスの有名な研究によると、700人が多国籍企業の90%を支配しているそうです。彼らは、これらの企業のトップの名前を調べることによって、これを発見しました。一人の人間が、複数の企業の役員を務めているが、すべて同じファミリー・グループに属している。

彼らは、グラエコ/ローマ/アングロサクソンの民主主義と法の支配をバビロニアの全体主義に置き換えるために、民主主義、法の支配、報道の自由を弱める数世代にわたるプロジェクトを進めてきたことも知っている。彼らの計画の欠陥は、西欧の実力主義的なスタッフを擁する軍部と情報機関を完全に掌握できなかったことである。これは、ローマの影響を受けた軍部とバビロニア/エジプトの金融/医療機関の間の戦いに反映されている。

軍の白帽子が西側諸国の解放に苦労している理由は多岐にわたる。一つは、多くの最高司令官が賄賂/恐喝とプロパガンダによって妥協していることである。

もう一つは、世界の他の地域と根本的な合意をする必要があり、それに時間がかかっていることである。

それでも、人間を家畜に変える古代のシステムが打倒されつつあることは明らかである。そうなれば、歴史の教科書はすべて書き直されなければならない。また、秘密宇宙計画、地球外文明との接触、さらには現実そのものの本質など、多くのことが闇に葬られていることも知っている。

私たちが確信しているのは、私たち人類が未知の海域、新しい時代、新しい歴史に向かっていることです。

来週からは、この人類の目覚めの一部として、地球上で起きている出来事をリアルタイムでお伝えしていきますので、この大局的な背景がお役に立てれば幸いです。この度は、私のサバティカル(長期休暇)をご理解いただき、ありがとうございました。

終了

https://cms.zerohedge.com/s3/files/inline-images/Visualizing-the-Worlds-Religions.jpg?itok=N-FGLXfX

https://beforeitsnews.com/alternative/2022/08/benjamin-fulford-full-report-815-what-we-are-going-through-is-biblical-3778542.html
691 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧