トランプ大統領、連邦政府への宣戦布告


realrawnews.comより

月曜日(2022/08/08)、犯罪政権の武器庫である連邦捜査局は、ドナルド・J・トランプ大統領が国立公文書館に帰属する機密文書を引き渡さなかったとして、マー・ア・ラゴの自宅への無法な奇襲を開始しました。怒ったスズメバチの大群のように、50人以上の武装したゲシュタポが屋敷を物色し、客を拘束し、大統領の個人用金庫まで破った。

FBIは、トランプが2021年1月にホワイトハウスからパームビーチのリゾート地に持ち出したとされる機密情報を回収するために派遣されたと主張したが、マー・ア・ラゴの関係者は、メリック・ガーランドとFBI長官クリストファー・レイの指示のもと、捜査官が全く別のものを探しに行ったとみている:トランプが盗まれた選挙後に共同執筆したディープステートの妨害者に対する密封告発状、国家の暫定統治を米軍に委ねた1807年の反乱法発動にトランプが応じた証明書。 そして、バイデンが選挙を盗んだというトランプ氏の反論の余地のない証拠とされる。

起訴状について、情報筋は、トランプがホワイトハウスを去る際にホワイトハットの軍司令官に渡したであろうから、そのような文書はマー・ア・ラゴには保管されておらず、暴動法に関する文書も同様であると述べている。

捜査が終わるまでに、FBIは15箱の書類を運び出したが、情報筋によれば、FBIはどの書類を盗んだか調べることもなく、無差別に持ち出したという。

当然のことながら、この手入れはトランプがニューヨークに滞在している間に行われた。

「臆病者たちは、決して個人的に対決することはなかっただろう」と、マー・ア・ラゴの情報筋は語った。

トランプ大統領は、フロリダの司令部を守るために任命された6人の海軍特殊部隊の1人から、差し迫った襲撃のことを初めて聞いた。戦術的な装備に身を包んだFBI捜査官が正門に集まっているとき、そのシールズはトランプ大統領に電話で指示を出した。シールズは「侵入者を撃退する準備はできている」と言ったというが、トランプ氏は流血を避けたいと考え、特に民間人が敷地内にいることから、シールズに身を引くよう求めた。

月曜日の夜、トランプは自身のソーシャルメディアであるTruth Socialで「国家にとって暗い時代だ...」と声明を出し、政治的動機による侵入は、2024年の出馬を思いとどまらせることを目的としたディープステートの戦術の一つだと見解を示した。

ディープ・ステートは、確かにピンチを感じていると関係者は言う。逮捕と処刑で政権が弱体化し、万歳パスを投げて、ホワイトハットの戦争を不安定にしようとしている。トランプの家への侵入は、FBIにとって新たな低さを設定します-司法省が大統領の家を急襲したのは、初めてのことです。

「これらのクズは、この国を大切にする男であるトランプが正式に政権に復帰するのを止めようと必死です。彼らは自分たちの犯罪が彼を弱体化させると考えているが、それは彼の決意を強めるだけだ」と、情報筋は語った。『トランプはこのためにじっとはしていない』

火曜日の朝、RRNに話した別のマール・ア・ラゴの情報源は、『これは、ディープステートの逮捕に対する報復かもしれない』と言いました。起訴を探っていたのなら、次に誰が倒れるか知りたいのだろう。トランプ大統領はFBIに宣戦布告したのです。」

最後に、トランプ大統領の自宅への攻撃は、IRSの武器出荷を押収するための特殊部隊の作戦と同時でした。トランプ氏は公式復帰後、IRSを撲滅することを公然と唱えている。

トランプは「It's on」と言っていた、と情報筋は言っている。

https://realrawnews.com/2022/08/president-trump-declares-war-on-federal-government/
587 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧