NASA、大規模な気象操作の証拠を偶然にも衛星画像で公開

ancient-code.comより

これは大規模な陰謀なのだろうか?それとも、NASAが本当に地球の天候をもてあそんでいるのでしょうか?

多くの人は、私たちが大規模な陰謀を見ていることに同意するでしょうが、一方で、証拠が目の前にあると信じている人もいます。

今年のカリブ海のハリケーンシーズンは、「天気」を世界の主要なテーマとした。

カリブ海では、自然の驚異的な力によって島全体が流されるような壊滅的な被害が目撃されている。しかし、これは単なる自然の仕業なのか、それとも何かが起こっているのか?

何十年もの間、気象コントロールに関する「陰謀論」がインターネット上で流布され、政府による気象コントロールの噂はかつてないほど一般的になっている。

不可能と思われていたことが、10年にわたる地球工学の取り組みによって可能になり、天候をコントロールする能力を手に入れた。

ジオエンジニアリングと呼ばれる気候工学は、気候介入とも呼ばれ、地球温暖化に影響を与える目的で、地球の気候システムに意図的かつ大規模に介入することである。

では、その証拠はどこにあるのでしょうか?実際に気象が操作されていることをこの目で見ることができるのでしょうか?

それは、自分の目で確かめてください。


アフリカ大陸の沖合に位置する。天候の変化は人類にとって現実のものとなっているが、それをコントロールすることはできないのだろうか?


オーストラリアの沖合にあるこの画像は、それがどれほどひどいものかを示している。上の画像は、Wakeup-Worldに寄稿しているデーン・ウィギントンとダビデ・ウルフが「電波雲の影響の多くのバリエーション」と表現していることを完璧に説明しています。


この画像は、カリフォルニアの海岸を撮影したものです。地球の気候を永久に狂わせてしまう前に、気象改変プロジェクトを止めるべき時なのかもしれない。


アフリカ西海岸沖。制御不能に陥る危険性があるのか?


アフリカの西海岸からもう一枚。


スペイン沖の気象コントロール。私たちは天候を変えています それは人類にとって良いことではありません


こちらもアフリカ沖の画像です。

アフリカの沿岸地域は、主流メディアによって大気中の「塵」の結果に過ぎないと言及されているにもかかわらず、気象ジオエンジニアリングの取り組みのホットゾーンであると、Dane Wigington は Fox9 News の記事からの抜粋を引用して指摘している。

「今、メキシコ湾の大部分とカリブ海の一部では、通常よりわずかに暖かい海水温があり、通常なら熱帯の発達を助けることになる。

「しかし、大気中の塵と乾燥した空気が多いので、嵐が始まる前に窒息してしまうのです。


デーンは、無線周波数の送信によって雲の形成がどのように変化するかを示し、その結果が「有毒な導電性重金属の散布」であることを指摘しました。さて、私たちが呼吸するものすべてを想像してみてください。


HAARPは本当に気象変化の原因なのか?次の画像でデーンは、この謎めいた雲はHAARPステーションの近くで形成され、最終的にユニークな外観の雲パターンを生み出したと明確に指摘しています。

このビデオをご覧ください。


https://www.ancient-code.com/nasa-accidentally-shows-proof-of-large-scale-weather-manipulation-in-satellite-images/
403 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧