1964年、マーシャル・マクルーハンは「メディアはメッセージである」と宣言した。今は嘘がメッセージです


フラッシュバック ヨーロッパの戦争と生のプロパガンダの台頭

tapnewswire.comより

マーシャル・マクルーハンの「政治の後継者はプロパガンダになる」という予言が現実のものとなった。西側民主主義諸国、特に米国と英国では、生のプロパガンダが今やルールとなっている。

戦争と平和の問題では、閣僚のごまかしがニュースとして報道される。不都合な事実は検閲され、悪魔は育成される。そのモデルは企業のスピンであり、この時代の通貨である。1964年、マクルーハンは「メディアはメッセージである」と宣言した。今、嘘はメッセージである。

しかし、これは新しいことなのだろうか?スピンの父と呼ばれるエドワード・バーネイズが戦争プロパガンダの隠れ蓑として「広報」を発明してから1世紀以上が経過している。新しいのは、主流派から事実上異論が排除されていることだ。

『The Captive Press』の著者である偉大な編集者David Bowmanは、これを「一線に従うことを拒み、口にできないものを飲み込み、勇敢であるすべての人に対する脱皮」と呼んでいる。彼は、独立したジャーナリストや内部告発者、かつてメディア組織がしばしば誇りをもって場所を提供していた誠実な破天荒な人々のことを指していました。しかし、そのスペースはすでに失われている。

https://tapnewswire.com/2022/06/in-1964-marshall-mcluhan-declared-the-medium-is-the-message-the-lie-is-the-message-now/
274 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧