2022年12月26日(月曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさんご提供)

2022-12-30


※前回の配信で年内最終とキンバリーさんが言っていましたが、月曜/水曜とも配信がありました。
TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成してあります。


Information:
ガーディアンのオフィスからキンバリー・ゴーガンと共に世界情勢の報告を控えていますが、ディープ・ステートはクリスマスに何をしますか?
もちろん、グローバル会議を開催します。彼らが議論したことを調べてください、国際宇宙ステーションは実際に何のために使用されたのでしょうか?
そして、どの合意が期限切れになったかを調べてください。週末に、そしてこれが人類にとって何を意味するか。今日の世界情勢報告のためにキムにチェックインします。

Sunny:
キンバリー・ゴーグェンとガーディアンのオフィスに確認しましょう。
ねえキム、クリスマスはどうだった?

Kim:
忙しい。

Sunny:
パン作りや料理をしていたので忙しいのですよね?

Kim:
ええ、その間に私もそれをすべてやりました。
でもまず、カランサの初日を祝う人たちにおめでとうと言いたです。それからハヌカ(ハヌカ祭)の最終日、おめでとうございます。
それで彼らは祝っているんですね。多くの人がまだクリスマスを祝っています。
そして、実際にクリスマスを祝った私たちは、今日、そのお祝いを後悔しています。
サニーはどうだったか分かりませんけど。

Sunny:
(それがあるからおめでとうとは)話せないんだと思います。
今日のニュースでは、そこと同じように、ここで多くのことが起こっています。
一掃する必要があると思います。

Kim:
ああ、わかる。
今朝はスタジオに転がり込みたい気分だった?

Sunny:
かなり、ええ、昨日すべての役割をこなしました。

Kim:
そうそう。でも、今はとてもいいと思いますよね?
ええ、まあ、みんなが素敵なクリスマスを過ごしたことを願っています。世界の他の地域では、悪は眠らないと言われています。
ええ、社会信用システムとベネズエラについて少しだけ触れたかったのですが、これは新しいプログラムではありません。
私たちは皆、大失敗した中国を含めて、彼らがこれをどこにでも設置しようとしてきたことを知っています。

もう一つ興味深いのは、神のおやつ(お金)、それはロシア、ロシアのルーブル印刷所、あるいは通貨印刷所ですが、ベネズエラの分も印刷していることです。
そのため、彼らの通貨は、インターネットの人々によると、数年前には世界の英雄であり救世主だったと言われている新興国のBRICS(ブリックス)と呼ばれるものによって完全に制御されています。
見るものすべてを信じることはできないし、読むものすべてを信じることはできないのですが、ええと、ご存知のように、私の人生で個人的にBRICSの会議に参加しましたが、誰もが言っていることがすべてではないことをお伝えします。
私も話せません、サニー。

Sunny:
何だかわかりませんが奇妙な事が起っています。

Kim:
ええ、そうですね。
私にはわからないけど頭の回転か何かかな?

昨日は、きりきり舞いで、水も飲み言過ぎました。
みんなのためにビーフウェリントンを作りました。私は牛肉をあまり食べませんが、ジャガイモなど、今まで食べたことのないものだけを食べました。だから、周りがそうだっただけなんです。
私にとっては悪い考えだけど、それが私の問題なのかもしれない。私はそれを食べる必要があります。食べなきゃいけなかったんです。
塩分のせいで、今朝、おそらく1ガロン位水を飲んだでしょう。システムを洗い流すわけではありませんが。
ええ、でも私は年に一度やります。

OK。ニュースに戻ります。失礼。進めましょう。

Sunny:
ねぇ、実際にいくつか聞いてもいい?
アメリカを襲っている冬の嵐についてお聞きしたかったのですが、というのも、ネット上のチャットなどでは、「これは操作なのか」と質問する人が多いからです。
だから私はそれがそうではないことを確認し、何がこれを引き起こしているのかを見たいと思っていました。
これはまさに地球が自分自身を少し浄化しているようなものででしょうか。
そこで何が起こっているのか、あなたはどう思いますか?

Kim:
うーん、ええ、全部がそうだと思います。
物事の書き換えか、私は、そう感じてないです。私個人としては、何の支障もないと思っています。
どちらかといえば、増幅されていたかもしれませんが、それはすでにそうだったものでしたね。
ご存知のように、私たちが発見した他のいくつかのことによって、つまりニュースの中で、私はいろいろなことを議論しました。

でも、彼らがやっていることの細かいディテールをいちいち議論しているわけではありません。
それはあなたを退屈させるでしょう。
つまり、それが退屈になるかどうかはわかりませんが、私は、ほら、それについては必要ありません、私は特定のことを言います。
でも、ええ。可能ですが、可能性は非常に低いです。

私がここに来てからというもの、一年おきという感じですね。軽い勝ち負けのようなもので、雪はほとんど降らないとかね。
そして、翌年、あるいは2年後などには、冬の間ずっと雪に埋もれて過ごすことになります。
私に言わせれば今年はダンピングの冬ですね。
雪を積む、雪を積む場所が不足する、そしてそれらすべてがしばらく続きますが、それは良いことです。
というか、雪が大好きなので、見ていて嬉しいです。

さて、とにかくニュースに戻ります。

ベネズエラは非常に長い間、しっかりと中国のポケットに入っています。
ご存知のように、彼らは中国の長老たちから約束されたお金を受け取り続けています。
BRICSも同じです。
ええと、ブラジルが壊れるのもそうです。どうしちゃったんだろう?ブラジルもです。
そこで中国は、共産党とともに大陸全体に非常に強い影響力を持っています。

ボリビアは共産党と戦ってきた、(戦ったのは)いろんな国があります。冷戦の時代から、長い長い間、そこにいたのです。
ええと、共産党は大陸中にあります。アフリカ大陸にも広がっています。
彼らの中には政党として登録されているものさえあります。(日本も完全にそうです)
ええと、彼らの目標は政府を神にし、とにかく自分たち自身を神にすることです。
ええと。彼らはそれで惨めに失敗するでしょう。

確かに。では次です。

クリスマスイブにひどい一日を過ごしましたというか、ひどい目に遭ったんです。
一発逆転を狙って、21カ所の現場に行っていた。
世界中の21の異なるサイトで、彼らは唱え、コンピュータとアンプを持ち、闇の支配者が戻って来て救ってくれることを求めていました。これです。これは大きな問題でした。
彼らはまた、周波数兵器とでも言うべきものを使っていました。
周波数兵器とでもいうべきもので、もちろんSPが持っているさまざまな種類のものを使っていました。

15の軍隊(秘密の15軍カバルのチャート参照─有料配信のネタ帳にリンクあり)はそれを使って、非理論的な光の都市を破壊し、闇のオーバレイを取り戻そうとしました。
彼らは今までは地球に入ってくる光の量をある程度コントロールすることができたわけです。
その試みはすべて失敗しました。
しかし、神殿の山を爆破し、ベツレヘムにある他の遺跡を爆破しようとしました。
彼らはエルサレムにいたんですね。

ここで他の場所を紹介しよう。
彼らはこの週末は文字通り、どこにでもいました。それはクレイジーだった。
それで、イブから夜中までかけて、彼らの作戦を妨害したんです。
彼らは、少なくとも私が推測する限りでは、その日が最後の日だと思ったようです。 GMT時間の真夜中に、協定が最終的に終了し、ソースの封印が地球に貼られたんです。
それはポジティブなことでした。

つまり、彼らはペルーにいました。レインボーマウンテンで思い出したんですけど、ノートを見直していましたけど、ここの小さな居場所(基地)を失いました。私は(基地を守る事が)できませんでした。
彼らは、中国の主要な研究所であるさまざまな空軍基地にいました。
基本的に世界のいたるところにです。

再び黙示録のように感じました。10.0または11または私たちが使用している番号です。
あの日、20万人が去り(カバルの手下が死んだ)、すべてが終わりました。何が起こったのか。
それで、彼らは会議を招集しました。
ペンタゴンが主導していたようですが、ペンタゴンには将軍や提督、そしてもちろんテレビでペンタゴンを演じている人たちもいましたから。

そして、次の東部標準時の午後2時に行われる本会議の前に、非公開の会議が行われたのです。
そこで彼らは皆、昨日の出来事について話し始めました。 皆はどこに行ったのか、行方不明者はいるのか、そういった種類のことをすべてです。
そして、彼らはこう結論づけました。
私(キンバリーさん)であるはずがない、という結論に達したのです。

だから、他所から来た力でなければならない。しかし、今全部やりました。
次の会議では、私のことを話していましたね。彼らは事実について話したよ、私がこのすべてのものの背後にいることを知ってるとかね。
でもそれは、午後2時のミーティングでは、皆に話してないんです。では、今、この人たちに売り込むために何を思いついたのでしょうか?
珍しい人たちが招待されていたんです。

世界中から集まったので、電話会議であろうとなかろうと、ミーティングには数百人はいたでしょう。
ブラック・サンの残党とドラゴン残党の両方が参加していました。
JPモルガン・チェース銀行のCEOとか、普通はそんな会合に参加しないような人たちです。
それで、その人たちを売り込んだんです。肩書きを約束した上で、お金は出さないと約束したんです。
なぜなら、すべての銀行が破産しているからです。
そして、銀行だけでなく、小さく側近の一員になるはずのない様々な人たちが参加することになりました。
つまり、実質的には勧誘だったんですね?

通常は電話を受ける一段下の人々、その次の層の中央銀行の人たちのところへ(招待が)行ったんです。
先ほど言ったように、第一級の銀行の人たちも招待されました。
モトローラとか、ベライゾンとか、そういうところからエリートに招待されるのを見たんじゃないですか?
でも、今はそういうのはあまり良くないですね。お金はどうするんだろう?
どうやってお金を払うんだ?
国防総省をこんな風に動かして、その上、自分たちの力を誇示するために、どうやってお金を払うつもりなんでしょう。

これが何なのかよくわからりませんが、全ては終わったのでもう私たちは昔には戻りません。
彼らは?彼らは何でもしてきました。国際宇宙ステーションを武器に変える。
それはMITを拠点にしていました。彼らはMITとシアトルのフォートルイスからそれを実行していました。
彼らは人々のマインドコントロールを再現しようとしていました。
社会主義プログラムは、人々に良いことだと思わせています。その一環でした。
彼らはまた、それを利用しようとしていたのです。

ウイルスやその他のものをあなたに直接送信します。
したがって、今朝数時間携帯電話の周りにいることに違和感を覚えた場合は、おそらくそれが永久に無効になっているのが理由です。
残念ながら、宇宙ステーションから降りることができた数人の罪のない人々がいましたが、それは行かなければ(死ぬ)なりませんでした。
「黒い太陽」がいっぱいでした。

Sunny:
国際宇宙ステーションが全部なくなっちゃったんですよね。

Kim:
まるで存在しないかのように、無効化されているような、中にあるものは全て無効化されています。

Sunny:
でも、物理的な構造はある。

Kim:
とりあえず、執行官が来るまで。分かったやったOK。
彼らは以外と時間が限られています。誰かがうまくやってのけることができました。
OK、では彼らはすぐにここに来るのですね?とにかく。うーん。
ひどくなったというか、彼らは今どこに向かっているのかさえ分からない。どこに行くのか、みたいな?
いいえ、何も戻ってきません。

実際にどのようにコントロールしているのか、理解しているとも思えません。
私はクリスマスイブに2回、イスラエルのCのつくクロノスという会社にいました。この点については、私もよく理解しています。
彼らは、彼らが持っているすべてのものを使って、それを確かめようとしたんです。
すでに起こったことは、もう起こらないでしょう。

事故に遭ったから自動車保険に入ろうかなとか、車が壊れないかとか、それで助かるかもしれないとか、そんな感じです。いや、そんなことはないんです。
もう一つは、今日も引き続き、サンディエゴの海軍基地から自分たちの力を誇示したり、偽の銀行システムを作ろうとしたりすると思います。
また、同じ事を繰り返していますね。同じ場所に行って、海軍のデータセンターとか、そういうのです。

でも。もう終わりです。もう勝っているんです。そして、私たちは続けます。
彼らの混乱を片付けても、私たちがやるべきことから目をそらすことは無いし、あなた方が唯一できることは、他の20万人が不幸にも去ったリストに、あなたがたの名前を追加することです。
うーん、そうそう、これが私のクリスマスの最新情報です。

Sunny:
うん。つまり、現在これを行っている人々は、基本的に、ソースに戻る途中の人たちで、つまり、2回目、3回目のチャンスを与えようとする努力はあまりされていないように思えます。

Kim:
そうなんです。
でも、だからといって、古いSPコンピュータをニュージーランドの山に持って行って、ドラコ号を呼ぼうとするのを止めることはできません。

Sunny:
ええ、ええ、彼らはすべてがどのように機能したかを理解していません。
まるで、キーボードか何かのボタンを押すだけの猿のように、何かを起こそうとしているように感じるのです。

Kim:
ユニコーンのステッキの話は以前しましたが、応用が効くので繰り返します。
簡単に説明すると、もし私があなたに巨大なステッキを渡して、それをキラキラに塗って、タッセルをつけて、全部を渡したとします。
そしてサニー、「これはすごいよ。地震を起こせます。」
「あなたはそれを機能させるために選ばれた人です。」

そして、あなたはこう言うのです。
「OK、じゃあ、その棒を持ってタイムズ・スクエアの真ん中に行き、地震を起こすんだ」とね。
すると彼は、おお、OK、それは素晴らしい響きだ、と言うでしょう。
このシナリオでは、あなたは邪悪な博士なので、「私がいかに強力であるかを皆に示すことができます。」
タイムズ・スクエアを歩きながら、棒を地面に叩きつければ地震が起きるわけですが、その間、私は地面の下にいます。

TNTが何本かあって、ある種の爆発装置を作成しています。
私が地震を作っているのですが、この人たちはこれがあるからずっと思っているわけです。
コンピュータとか、すごい周波数のマシンとか、実際に何かできるようなものだと具体的に考えている訳ですね。
しかし本当は、あなたはユニコーンの棒を持って立っているだけで、地下にはもうあなたを助けてくれる人はいません。

つまり、前にも話しましたが、とても、とても真実です。それで、私たちの邪魔になってるの?
ええ、あちこちでちょっとね。でもね、それは過ぎ去ったことなんですよ。
わかってると思うけど、私たちはここにいます。
最も重要なことは、私たちはまだここにいるということです。そして、私たちは生き残った。
ニューヨークには大惨事はありませんでした。それは昨日彼らが(破壊目的のために)いた別の場所です。

うーん。ああ、ごめんなさい、クリスマスイブだ。
そして、彼らは惑星全体を爆破しようとしていましたが、私にはわかりませんが、闇の大君主への犠牲のように見えましたね。
それから彼らは儀式を行い、これらすべての男性をこれらの異なる場所に配置します。
しかし、その後、その会議が行われ、そこにいたすべての人々を見た後、私はこれまでのすべての希望を完全にあきらめました。
どんな人とでも会話をしたり、一般的な仕事上の関係を築いたりしましたが。
(つまり誰もキンバリーさんの言っている事を理解できないし協力もしない)

Sunny:
その採用会議は彼らの側で成功したと思いますか?
他の人たちが
「そうそう、これに参加しようよ、ファンシーな新しいタイトルを作ろうよ、お金もないのに、実際どこで買ったんだろう。」というのを聞いたことがありますか?

Kim:
まあ、私はそうするでしょう。
たいていはそうは見えませんでしたが。
彼らは頭を悩ませているように見えます。彼らはこう言っています。
「グランド・プーバ(大公/Grand Puba)」とでも呼ぶべき肩書きを私に与えるというのです。彼らは私に肩書きを与えてくれていますが、私の銀行は破綻しています。
流動性はゼロです。米国市場には流動性がない。世界の市場にも流動性がない。みんな破産している。中国の社会的信用プログラムは誰も買わないし、どうせ機能しないんだ。ご覧のとおりですよね?」

ハロー。ブロックチェーン。どこもかしこも、このブロックチェーン、グローバルブロックチェーンは機能していないんです、ええ。
彼らは完全にコントロールしなければならないのです。
しかし、ブロックチェーンはそれを可能にしません。
より小規模で散発的に世界中で機能は可能ですが、それらすべてを相互接続することはできませんでした。
だから、それはうまくいきません。

中国の社会的信用プログラムも実際には機能していません。
彼ら、彼女らは、稼働していると言いながら、何度も何度も暗号通貨と連動させようとして、本当に機能していないんですからね。中国の国民はベネズエラよりずっと多いんです。だから、私が言ったように、非常に小さなスケールで機能しているのです。
疑惑の顔の量子コンピュータ、それは単に本当に速いコンピュータというだけです。実際に量子であることを意味するものではありません。

こんなの絶対作れないってわかりますよね。決してうまくはいきません。
そこでバラバラになるのを見るでしょう。
その社会的信用システムがどれくらい続くか見ていきます。
彼らが通貨を破り、世界支配計画をインストールしようとしているのは知っていますが、しかし、昨日行われた採用プロセスに賛成している人はあまりいなかったようです。タイトルを提示されるとか。

Sunny:
何か方法はありますか、キム。
そして明らかに、私はここで唾を吐きかけている(文句を言ってるだけの意味)だけです。
しかし、将軍や組織している人々がそこにいますが、これらの会議は耳を貸そうとせず、あなたがこのようなことをしている背後にいる人物であることを認めることさえしません。
彼らが接触してきた人たちに直接行って、将軍たちを迂回して、ここで何が起こっているのかを説明する方法はないのでしょうか?
それもオプションですか?

Kim:
ええ、それは私たちができることです。アーキビストと一緒にやればいいんです、それに、ちょっと手伝ってもらえば。
そして、その多くはすでに個別に話を聞いています。しかし、私たちはリストのコピーを取得し、アーカイブ自体が将軍やペンタゴンに行ったことを知っています。
何度も、何度も、正しい情報を持っていても、私が女の子であるという理由で、彼らは私だと認めません。
それは明確なノーです。認めないんです。絶対そうだ、みたいな。
いやいや、女の子に負けるわけがない。
それだけじゃないですよね?

Sunny:
それはとてもアマチュアです。
ばかばかしいほど愚かです。しかし、はい、同意します。

Kim:
だから、何か不吉な自然の力のせいにしなければならないし、大げさでないし見た目は悪くありません。
我々はエイリアンに攻撃されたんだ。それが負けた唯一の理由です。
OKそうですね。
それはいいんだけど、もう希望は捨てました。もういいんです。もう気にしない。
トムがまだみんなと話してるのは知ってるけど、もうどうでもいいんです。
昔は「私はここにいるよ遊びに来て」と(カバルの高位の人たちに)言ってました。
今は、会いたくないし、もうあっち行って。ええ、自分で考えてください。

Sunny:
では、キム。修復に関する限り、私たちは今何をしていますか?
これについては前に話したので、悪い人が0人になるのを待つつもりはありませんよね?
前進するためにまだやらなければならないことがありますよね?

Kim:
これは常に存在するから、悪い人がゼロというわけには行きません。
あるんです。えーと。私たちは探し続けています。
銀行システムやハッキングなどにも関わってきます。今年中に銀行は動くのか?
1月15日まで休みのところが多いから、誰かに会うとしたら、それ以降になるでしょうね。
協力はしてくれるのか?

銀行で実際に人間を使ったり、口座を見たり、そういうことをブロックして、お金を使うのにコンプライアンス上の悪夢を経験させるという話がたくさんあるんですね。
だから、その可能性がないことを確認する必要があります。
そしてそれを行うにはいくつかの異なる方法があります。
そして、私はそれについてオンラインで話したくありません。ですから、今のところはそれで勝てると彼らに考えさせます。

だから。大部分は終わったと思います。
彼らはまだ試行錯誤中ですが、彼らは小規模な事業運営を行っています。今のところ、大規模な、つまりグローバルな事業ではありません。
第三次世界大戦を起こそうとする。非常に高価なものです。そして、今はその余裕がないのです。
多くの人たち、特に会議に出席していた人たちは、表情を読む限りでは、絶対にそんなことは言わないのですが、この人たちはバカだと思ったと思います。

Sunny:
将軍たち、彼らは将軍たちをバカだと思っていた。

Kim:
そう、そして騎士団。残された騎士団のメンバー。中国の長老が救っていることを忘れてはいけない。
いつもね。彼らがどこにいるか知ってるか?

Sunny:
そして彼らは15年間そうです。彼らはばかです。よくやったね。
そして皆さん、解決したんですね期待してるぞ。

Kim:
うん。おめでとう。

Sunny:
クラブへようこそ。

Kim:
今日、目が覚めたら、ここ数日のようなことはないだろうと思っていました。でも、そうじゃなかった。
あなた方はどこに行くんですか?
私がドクター邪悪だったとしても、戦略家として、この状況を見て、多くの人を集めても、金も権力もない。影響力もない。
影響力のある人たちに働いてもらって、自分が影響力を持てるようにしようとしているんでしょう。
分かるような気がする。

ええ、まあ、彼らは銀行の頭取のような人々を募集しています、あなたは知っています、そして。
ベライゾンは、その一例を演じています。これを使って何ができる?
ベライゾンの通信システムにバックドアソフトをインストールさせるとか、携帯電話を感染させるとか。
サムスンがいたのは、そういうことです。
権力を得るための影響力を彼らは求めていたようですが、実際に権力があることをこの人たちに納得させようとしたのでしょう。
それは意味がありますか?

Sunny:
うん。彼らはどこにも行かないような気がするんだ。
彼らはここで全体像を見ていないんです。彼らはただ、よく分からないけど次のステップに進もうとしているだけですそれが何であれ。

Kim:
ええ、彼らは午前中ずっとJPモルガンをハッキングしていました。24日の夕方、シールが貼られてから気がついた。
今残っているものを片付けるには、少なくとも1週間はかかると思いました。
残骸、ではないんです。これは彼らとは何の関係もありません。
これは人々とは関係ないのですただ、残党もクリアするとデッドマンスイッチがあって、何か別のものが出てきて、それもクリアしないといけないということがあるんです。

というわけで、今週はだいたいこんな感じかな、と予想していました。
イスラエルを爆破しようとしている人たち、世界大戦や宗教戦争を引き起こそうとしている人たち、そういうものを見るとは思っていませんでした。
そんなに優秀じゃない人たちに何を期待してるんですか?
さあ、どうぞ。ですから、私は彼らの幸運を祈ります。

これを見ている人、聴いている人、全員が生き残ることを祈っています。そして、全員が幸運に恵まれ、活動を継続することを祈っています。
そして、また近いうちにお会いできますように。

Sunny:
約束のように聞こえます。

Kim:
ええ、たぶん、ええ、月曜日はこれで全部です。ハッピーマンデー。
ハッピー・クワンザ、ハッピー・ハヌカー・セレモニー。ハッピー・ケビン。

Sunny:
レポートが楽しみでなりません。
以上で、12月26日月曜日のニュース更新を終了します。
UNを友達や家族と共有してください。あなたの地域でニュースが発生し、それを記録して私たちと共有し、それを世界と共有できるようにするには、誰もが集まって地球を回復する必要があります。
覚えておいてください、もしそうなるなら、それは私次第です。サニー・ガルです。
月曜日、水曜日、金曜日に本当のニュースをお届けします。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1516 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧