英国政府、数日間の停電に備えた緊急計画を「ウォーゲーム」と表現

2022-11-04

zerohedge.comより

ガーディアンは「公式機密」とされた文書を入手し、政府が最大1週間続く停電のための緊急計画を「戦争ゲーム」していることを明らかにした。

文書は一般公開されていないが、「合理的な最悪のシナリオ」の停電は、経済のすべてのセグメントを混乱させると警告している。交通、食糧、水の供給、通信、そしてエネルギーが停止する。

このようなシナリオでは、停電が数日以上続く場合、政府は国民に食料、水、避難所を提供することになる。

今週初め、英国の気象庁は冬の3カ月予報を発表した。今日は暖かかったものの、まもなく暖房の季節が始まるため、気温は平年より低くなると予想されている。

「この3ヶ月間は全体的に平年よりやや寒くなる可能性が高い」と予測されている。


避けられない危機への備えは、すでに始まっている。プログラム・ヤロー」と呼ばれるホワイトホール当局の秘密計画は、ここ数週間、国内の政府省庁や議会と多くの演習を行い、協力体制をストレステストしています。

10月初旬、英国ナショナルグリッドが、寒冷期の後半にヨーロッパの他の地域からの天然ガスや電力の輸入が十分でなくなるかもしれないと警告したとき、英国全土で停電のリスクが高まっていることを初めて耳にしました。

「前例のない状況で冬を迎えている。冷戦時代もソ連はガスを流し続けていたので、とても予測できない状況だ」と、ある業界関係者は言う。


『ガーディアン』紙によれば、政府関係者は、この冬にエネルギー危機が避けられないとして、演習を計画し、準備を進めていることを認めている。

どの政府も最悪のシナリオを想定した緊急時対策を行っているが、保守党のエネルギー政策の10年間の失敗の直接的な結果として、我々は国として脆弱になっているのが実情である。

「陸上風力の禁止、エネルギー効率への投資の削減、原子力の停滞、ガス貯蔵所の閉鎖は、請求書の上昇とガス輸入への依存につながり、プーチンの地政学的武器としてのエネルギー利用の影響にさらされることになった」と、影の気候大臣であるエド・ミリバンドは述べた。


先月、The Guardianは、計画停電がこの国を襲った場合にBBCのニュースキャスターが放送中に読むために準備された秘密の台本を明らかにした。この台本の目的は、「大規模停電」時に国民を落ち着かせることである。

電力網の故障は通信網を麻痺させるため、国家非常事態の際にはアナログFMラジオ局だけが国民にメッセージを放送することになる。

ある関係者は、イギリス人はプログラム・ヤローのことを知らないはずだと明言している。

政府は、ウクライナやエネルギー供給、生活費につながると思われたくないので、ヤル気のない広報を望んでいます。しかし、事前にどうすればいいかを考えておく必要がある。今話題になっているということは、本当に起こるかもしれないという懸念があるということです"。


これまでのところ、10月の天候は英国全土で暖かい方でしたが、暖房の季節が始まるとともに、ここから下降していくことが予想されます。



イギリスが電力配給をしなければならないような状況に陥るには、何回寒波が来ればいいのだろうか。

https://www.zerohedge.com/commodities/leaked-uk-documents-reveal-govt-war-gamed-emergency-plans-power-blackouts
645 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧