国税庁長官から新入社員へ。彼らのお金を貰う。

2022-09-25

realrawnews.comより

ホワイトハット及びその応援団は「既にIRSは廃止になり、もう税金を払う事はない。全てはホワイトハットのコントロール下である」等と言う嘘を盛んに吹聴しているのですが、実際はIRSは経済が失速している今、厳しく税を徴収しようと職員に激を飛ばしています。
ホワイトハット等と言う詐欺物語に気が付く人が殆どいないというのが、世界のレベルなのでしょうか?
陰謀と言うのは解らないから陰謀なのであり、正義対悪の戦いなどと言う余りにも分かりやすい構図は、それ自体が陰謀であると考える知能はないのでしょうか?


犯罪者バイデン政権はここ数週間、新しく改良された内国歳入庁は、年間所得が40万ドル以上の市民に対してのみ追加監査を行うと述べている。しかし、同局の不名誉な局長であるチャールズ・P・レティグ氏は、「ダラス税務支援センター」の新入社員に対し、「私の改革したIRS」で働く職員は2023年には老人と若者、富者と貧困者、健康と貧困者から「言いようのない」税収入を徴収することになるだろうと語ったのだ。

9月20日火曜日、レティグ氏は45人の新入職員のオリエンテーション・クラスを訪問した。上院が陰謀団の違憲の健康・税金・気候法案を可決し、800億ドルと87000人の税務執行官の雇用能力をIRSに与えた日の夜、その申請が承認されたのである。

45人のうち何人が鉛筆を押す係になり、何人がIRSのゲシュタポ警察、武装犯罪捜査班の一員になるかは不明だが、レティグ氏のメッセージは不吉であると同時に普遍的で綿密に明確だった。「金を見せてくれ」。

この短い引用を喜劇と解釈してはならない。このクラスの内部告発者がReal Raw Newsに語ったところによると、レティグは映画「ジェリー・マグワイア」のフレーズを三度口ずさんだそうだ。その中で、トム・クルーズ演じるスポーツエージェントの主人公が、クライアントに向かって「金を見せろ」と叫ぶのだ。レティグは叫んでいないが、このフレーズを繰り返し使うことは、勤勉で税金を払っているすべての市民を憂慮させるものである。レティグ氏は、「IRSには、アメリカの納税申告書をすべて精査し、解剖し、分析する道徳的、財政的動機と権利がある」と、冷静沈着に授業で話したという。

「金を出せ。彼らの金と我々の金を出せ」とレティグは言った。

「私の指導の下、内国歳入庁は今後数年間、前代未聞の連邦税収を集めることになる」とレティグ氏は続けた。「君たちの責任は、その徴収をすることだ。ある人はオフィスで、ある人は街角で、この役割を果たすことになる。そして、「あなた方は、お涙頂戴の話を聞くだろう。あなた方の耳は、同情的なものではありません。定収入がありながら、スクラッチ券の当選を報告しなかった母親を監査しなければならないかもしれない」。

レティグさんは、アメリカ人はみんな税金泥棒だとも言った。「ここに座っている人たちの中には、自分が受けるべきでない控除を一つや二つ受けている人がいるはずです。 ここに座っている人たちの中にも、一つや二つ、受ける資格がない控除を受けている人がいるはずだ。みんなやっていることだが、もうやめよう」。

ある新入社員が手を挙げて質問し、裏金をもらっているために確定申告をしない不法移民についてIRSはどうするつもりなのか知りたいと言うと、レティグは「不法」という言葉を使ったことを蔑称のヘイトスピーチだと言って彼を貶し、IRSは今のところ「不法滞在者」を追い詰めることはないと言った。

"レティグは具体的な括弧を話さなかった "と、この情報筋は言っている。「しかし、彼は自分の言葉が法律であり、自分の言うことがまかり通るということを、間違いなく彼らの頭に植え付けようとしたのです。今、全米の都市で新入社員の講習が行われています。"


https://realrawnews.com/2022/09/irs-boss-to-new-hires-get-their-money/
288 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧