支配者大量逮捕始まる!─の記事から1年たって本当に大量逮捕されそうな件



本当に近い将来、世界を牛耳る“悪の支配層”が大量逮捕される日が来るのかもしれない。
以前なら圧倒的権力により、どんな犯罪を犯しても一切逮捕などされることのなかった、支配層のTopクラスと目される人物が、このところ急激にNETへ悪事の数々を暴露され、しかもその本人への逮捕状発行のことまでが公開されている。

もちろん本サイトの閲読者の方なら“悪の支配層”とはイルミナティの連中のことだとご存じであると思うが、今回の記事も、その仲間たちの大量逮捕が近いということを示す証拠となることだろう。

その記事はSecret Files Expose Offshore’s Global Impact(秘密のファイルがオフショアの世界への影響を明らかにする)というタイトルで International Consortium of Investigative Journalists(国際ジャーナリスト調査団)というサイトに掲載されている。

記事の内容は、世界中のオフショアに如何に多額の資金が流れ、世界の支配階級の人々はどのように「金融詐欺」で儲けたお金を隠し、脱税しているかを明らかにした。というもの。
以前の記事「近い将来イルミナティ支配が終わるという情報」にも
http://session-2.sakura.ne.jp/c.aspx?id=16

あったように世界の支配階級の人間の金融犯罪を明らかにし、大量逮捕へ結び付ける活動が約1年たってついに、と言うか「やっと」表に出てきた感がある。

この記事は英語での公開あるため、内容について日本語で解説してくださっている、「日本や世界や宇宙の動向」様より以下を引用させていただいている。

(要点)
4月3日付け:
ICIJ(国際調ジャーナリスト調査団)による世界的な調査で明らかになった重要項目:
・アゼルバイジャン、ロシア、カナダ、パキスタン、フィリピン、タイ、モンゴル、その他の国々の政府高官とその家族や友人たちはオフショアのヤミ会社やヤミ口座を独占している。
・世界有数の富豪家らは、一般人が使用してはならないとされる匿名を用いて脱税をし、オフショア・システムを利用して、いくつもの大邸宅、ヨット、名画、その他の資産を所有しています。
・UBS、クラリデン銀行(クレジット・スイス・グループ)、ドイツ銀行など、世界のトップ銀行の多くが、富裕層の顧客に対し、オフショアの英領バージン諸島のヤミ会社(複数)を積極的に提供してきた。
・高給取りの会計士やブローカーなどは、オフショアの常連客がマネーロンダリングや他の犯罪を行いやすいように、彼等の身元や事業利益の偽装工作を手伝っている。
・ネズミ講や他の大規模詐欺犯罪者らは定期的にオフショアを利用し、彼等のペテンを隠し、不正に得た利益をオフショアに移している。
・・・今後、さらなる情報が暴露されることになります。



Map: Key Tax Haven Clients In the World
Select the red marker to open a window to read more about the investigations in each country.


http://www.icij.org/offshore/map-key-tax-haven-clients-world

Interactive: Gunter Sachs' Offshore Network


http://www.icij.org/offshore/interactive-gunter-sachs-network

Interactive: We Reveal Who's Buying Up Britain


http://www.icij.org/offshore/interactive-we-reveal-whos-buying-britain
7660 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧

キーンエリアニュース新着順リスト