関東の浄水場の水道水から水質基準を超える有害物質のホルムアルデヒドが検出。はあ?


現在水道水がホルムアルデヒドで
汚染されたという理由で関東の比較的広い地域で断水が発生している。
そんな情報を信じるわけがない!

先ごろ、関東圏の河川の多くが3.11直後(昨年)よりも
今年になってからのほうがセシウム汚染が深刻になっている。
という情報が発表されたばかりだ。(後述)

これはどう考えても
「放射能で汚染されているので水道の水は飲まないでください」
とは言えないので、とりあえず

「関東の浄水場の水道水から水質基準を超える有害物質のホルムアルデヒドが検出」
と発表したんだろう。ということが容易に推測される。

こんなに判りやすい嘘を堂々と報道するほうもどうかと思うが、
こんな簡単な嘘に騙されてしまう視聴者・読者もどうなんだろうか?

まあご自分の脳みそで考えていただきたい。

なお水道の水が原因で、仮に癌などの病気になることが
心配される方は、下の記事を参考にしていただきたい。

特許も出願している末期のガンでも簡単に直る方法があるらしい
http://keen-area.net/?id=8

野田・柏で断水 取水停止3県に拡大

2012.5.19 13:55 (1/2ページ)[公害・汚染]
関東の浄水場の水道水から水質基準を超える有害物質のホルムアルデヒドが検出された問題で群馬県は19日、千代田町の東部地域水道浄水場で取水を18日夜から停止したと発表した。19日午前に再開したが、取水停止は再開分も含め千葉、埼玉、群馬3県に拡大した。この影響で千葉県野田市全域と柏市内で断水した。

■烏川上流が発生源?
水質検査をした埼玉県は、群馬県高崎市付近の利根川支流の烏川の上流が発生源の疑いがあると指摘した。群馬県内の烏川上流にはホルムアルデヒドを生成する物質を扱う事業者が複数あると説明。群馬県や高崎市とも連携し、発生源の特定を急いでいる。

19日午前11時現在で取水停止が続いているのは、千葉県の上花輪浄水場(野田市)と北千葉浄水場(流山市)。

埼玉県は19日早朝、基準を安定的に下回ったとして、停止していた行田市の行田浄水場の取水と給水を再開した。

元記事URL:http://sankei.jp.msn.com/life/news/120519/trd12051911040009-n1.htm

東京湾の土で放射性セシウム増 川から流入
<2012年5月9日 19:06 >

福島第一原発事故による影響で、東京湾の土に含まれる放射性セシウムが増えていることが、近畿大学の研究チームの調査でわかった。

近畿大学・山崎秀夫教授の研究チームが先月2日、荒川などの河口付近の3か所で海底の土を採取し、一平方メートルあたりに含まれる放射性セシウムの量を調べたところ、去年8月の調査結果と比べて、3か所とも放射性セシウムの量が大幅に増えていることがわかった。これにより、川から放射性セシウムを含む土が東京湾に流れ込んでいることが裏付けられた。

東京湾の魚などへの影響について、山崎教授は、「土や泥に付着した放射性セシウムは剥がれにくく、魚に取り込まれても吸収されずに排せつされるため、体内には蓄積しにくい」として、現時点で魚への影響はほとんどないとしている。水産庁などの調査でも、東京湾の魚から放射性セシウムは、ほとんど検出されていない。

しかし、海底の土から魚に放射性セシウムがどのように移行するかについては未解明の要素も多く、山崎教授は「今後も引き続きモニタリングが不可欠だ」としている。

元記事URL:http://www.news24.jp/articles/2012/05/09/07205352.html

ウコンはガンに良く効くといわれている(記者も飲用しています)
3547 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧