ガン予防と治療(末期がんでも治る?)なら春ウコンの摂取が良いらしい6 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


ガン予防と治療(末期がんでも治る?)なら春ウコンの摂取が良いらしい6

今後増え続けるであろうガン
─東京の放射能汚染は現在もチェルノブイリと同等─
がんの治療法などの情報まとめページ
http://keen-area.net/?id=80

よりリンクされている記事です。

以下春ウコンの効能について述べた文献より引用[6]--------

8.見落とされるミネラルの効用(ミネラルの宝庫屋久島

糖質・脂質・蛋白質・ビタミン・ミネラルは五大栄養素です。
ミネラルのなかでも身体に必要な元素を必須ミネラルと呼びます。カルシウム、カリウム・マグネシウム・クロウル・ナトリュウム等必要量が多いマクロ元素と鉄・亜鉛・銅・マンガン・コバルト・モリブデン・セレン・ヨウ素・クロム等必要量の少ない微量元素に分類されます。

身体に占める割合は4%と微量ですが、体内で合成できない為に摂取しなければなりません。
ミネラルは酸素と結び付き食物の消化、吸収、老廃物の排泄、エネルギーの生成など、生命維持活動に欠かすことの出来ない代謝をサポートします。

体の機能維持、調節をするための重要な役割を行っています。不足すると欠乏症が起きて様々な病気を引き起こします。

ビタミンとミネラルは相互に協力しあって作用しているために、摂取量の偏りがあると、働きが低下します。バランス良く摂取することが重要です。

9.ミネラルの働き(必須不可欠元素)

生体の生理機能が円滑に働くことに必要な鉱物。
Ca・Na・K・P・Mg・CL・Zn・必要量の多いマクロ元素、Fe・Pb・Cu・マンガン・コバルト・モリブデン・セレン・ヨウ素・クロム・必要量が少ない微量元素に分類されて、ミネラル元素は生体内では化合物として作用します。

■水に含まれるミネラルウォーター摂取の進め

水には軟水と硬水があります。軟水だけ引用している人には急死する人が多いとアメリカの雑誌に掲載発表されています。
硬水を含んだ水は健康に不可欠ですが、飲みすぎは良くありません。
生薬ウコンには様々なミネラルが含まれております、特に屋久島で生産されるウコンは多量のミネラルと精油成分が含まれ、分析試験で判明いたしております。

10.各種ミネラルの働き

■カルシウム(Ca)
骨粗鬆症の原因はカルシウム不足であり、またCaは自律神経の調整代謝や鉄分の代謝、筋肉の収縮運動に関して重要な役割をしています。

■カリウム(K)
体内の水分のバランスを保つシステムの中で働き、また蛋白質の代謝をスムーズに進行させるために不可欠な物質です。高血圧を予防してくれる働きを持っています。

■鉄(Fe)
身体の中で酸素を運搬し、各器官に供給する働きをもつヘモグロビンやミオヘモグロビンやチトクローム等の酵素を構成する重要な要素で、不足すると貧血や筋肉の酸素欠乏をまねきます。

■リン(P)
血液を中性に保ち、脂肪や糖の代謝をスムーズにして、エネルギーの貯槽を助け、更に腎機能を正常化するために不可欠な成分です。また健康な歯と歯茎を作るためにも、Caと結び付いて骨を構成する栄養素でもあります。

■フラボノイド(P)
フラボノール・フラボノン・アントシアニン・カルコン等の物質の総称で、毛細血管の壁を精密にする作用があるため、血中のたんぱく質やビタミンCなどが血管外に抜けだし、尿中に流れてしまうのを防ぐ働きをします。

■食物繊維
腸内の働きをスムーズにすることにより、便秘の解消、腸の掃除をし、悪玉細菌の増殖を防いでくれます。大腸がんの発生を予防する働きがあることがわかってきました。

■苦味配糖体
生薬に含まれる苦味配糖体の多くは、テルペン類の代謝が進んだ形であり、苦味は脳を刺激して、口の中や喉、食道の粘膜からも有効成分を吸収させる働きがあります。また小腸での栄養の吸収を促進し、心臓の働きを高め、循環を良くする他、唾液や胃液の分泌を促し、組織の新陳代謝も旺盛にします。


2013/04/21 / 6805PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト