コズミック・ディスクロージャの歴史を全部公開!!【コズミック・ディスクロージャSeason 1, Episode 2】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


コズミック・ディスクロージャの歴史を全部公開!!【コズミック・ディスクロージャSeason 1, Episode 2】



コズミック・ディスクロージャ・クロニクルシリーズ開始!!
今までコズミック・ディスクロージャを見ても
良く理解できなかった人々に、
初回から全てを見せます!!


原文:Cosmic Disclosure:
FIRST ENCOUNTER
翻訳:AK system
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemnの記載もなしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします。


Season1,Episode2


David Wilcock:
コーリー、とてもワイルドな冒険を
経験しましたね。
あなたは2014年10月頃と思っています。
いつだったでしょうか?

Corey Goode:
はい、10月ごろです。

David:
そうですね。
私たちが最初にこの話を始めたとき、
あなたはもうインサイダーでした。

そして、あなたは最終的にあなたの名前を
発表することに決めました。
いくつかの調査によって
それを理解しました。

そして、あなたはアライアンスに
引き抜かれました。
それまで、あなたは本当にその様な事には
触れていませんでした。そうですか?

私たちが始めた後に起こったのは、
新しいことでした…
あなたの名前が出てから、
より多くの情報を公開出来ました。



Corey: そう。うん。

私の名前はブルー・エイビアンズの
新しいグループによって同盟に
もたらされました。

彼らは私を彼らと他のグループとの
連絡役にして欲しいと私に言いました。
だから、私は参加しました。

David:
ブルー・エイビアンたちは以前に
宇宙計画の人々と話していましたか?

Corey: はい。
彼らは個人とコンタクトしていました。
私が中佐と呼んでいるゴンザレスです。

David:
では、Gonzalez…
あなたが個人的に要求された場所で
一連の出来事が起こる前に、
彼に会ったことがありますか?

Corey: いいえ。

David: オゥ、OK。

Corey:
彼は私の新しい(物語の)始まりでした。
彼はブルー・アビアンズと
一緒に過ごしていました。

David: どのくらいですか?

Corey: はい…4年ちょっと。

David: OK。

Corey:
彼はブルー・エイビアンズと接触していた。
彼は秘密宇宙プログラム同盟の
他の部分として私の名前を挙げました。

David:
ブルー・エイビアンズはあなたの名前を
彼に伝えたのですか?

Corey: 彼らは言いました…

David:
そして、ブルー・エイビアンズは彼に、
他の秘密宇宙プログラムが
あなたを要求したことを、
アライアンスに伝えるように
頼んだのですか?

Corey: はい。そして…

David:
あなたは長い間そこにいたわけでは
ないですよね?

Corey: そう。私はしばらくしか、
その世界に参加していませんでした。

David: うん。

Corey:
彼らは私を調査しました。
彼らは私の背景を見て、
私の記録の多くは編集されました。

そして、それに関係するものが
いくつかありました。
彼らは本当に、自分達のメンバーが
この新しいグループの代理人または
連絡先になることを望んでいました。

David:
ブラックオプス(ブラックオペレーション)
グループが誰かのセキュリティ文書から
情報を取り除くことができるという
可能性はありませんか?

Corey:
これらはハードコードされています。
それは可能ではありません。

David:
それは彼を驚かせたに違いませんね。

Corey: うん。
ハードコードだから不可能なんです。

David:
そして、私はすべてがあると思います…
自己システムの中には、
誰がそこに育つったのかについての
あらゆる種類の規則、法律、
予防措置があります。

そして、あなたが長い間そのループから
抜け出すのなら、彼らがあなたを
そこに連れて行くことについて、
あまり喜ばしいことではないと考えます。

Corey: そう。
私は彼らがラインを徹底的に守り、
彼らのすべての秩序に従うという
完全に自信を持てる人物では
ありませんでした。

彼らは完全に支配できる人が欲しかった。

David: ワオゥ。
そして、あなたの名前はそこに載る。
そして、あなたが要求されたことを
どうお知りになりましたか?

ゴンザレスに連絡を取ったのですか、
他の人があなたに連絡しましたか?

Corey:
私はゴンザレスに連絡を取りました。
私は…クラフトでピックアップされました。
シャトルクラフトの一種です。

David: はい。

Corey:
そして、私はブルー・アビアンズに
選ばれたことを知らされました。
ブルー・アビアンズから、起こることが
知らされました。そして…

David:
そこへどうやって行きますか?
ブルー・エイビアンズのコンタクト方法は
どのようなものですか?

Corey:
彼らは私の家に現われるか、
小さな球体が来て私を連れていきます。

David:
あなたは彼らの身長は8フィート(2.4m)
と言いました。
彼らはあなたの家にどのように
入るのですか?

Corey:
私の家は天井が高いのです。
彼らには入るには十分な余裕があります。
彼らは私の家に現れました…

David:
彼らは床や何かがへこむような、
彼らには体重があるようですか?

Corey: いいえ、
彼らは床をへこませません。

David:
彼らは浮いてますか、立っていますか?

Corey: いいえ、
彼らは普通の人のように立っています。

David:
そして、完全に個体でリアルですか?
幽霊のようには見えませんね?

Corey: はい。

David: ワォウ。

Corey: うん。
彼らはあなたが近づいて、触れることが
できるように見えます。

David:
これが初めて逢った時は、どうでした?
あなたはショックを受けましたか?

Corey:
まあ、私はしばらくの間彼らと
接触していたのですが、
それはもっと個人的な関係でした。

David: はい、
あなたは4年間と言いました。

Corey:4年間。

David:
では彼らはあなたの家に現れて、
これを4年間何度もやっていたのですか?

Corey: そう。
ただ、いつものコンタクト
という訳じゃありません。

David:
そこでゴンザレスは、
あなたを同盟に連れていくという
メッセージをあなたに伝え、
シャトル・クラフトが来たと言った。

シャトルクラフトが何であるか
簡単に説明できますか?
それはどの様なものですか?

Corey: はい。
小さなシャトルで5人乗りです。
前2人、後ろに3人の座席があります。

これは三角形の形状で、
幾分ピラミッド形になります。

そして、側面が開きます。
裏庭に入ってきて浮かんでいます。
一歩踏み込むと、少し沈みます。

David:
そしてそれは着陸ギア(足)は
付いていないのですね?

Corey: はい。
しかし、そうだったのです…

David:
それの色はどうですか?

Corey:
それは黒灰色です…
多くの人々がよく知っている
ステルス爆撃機と仲間です。
数分以内に、LOCまで行けます。

David:
再度LOCとはなんですか?

Corey:
ザ・ルナ・オペレーション・コマンドです。

David:
これまでに乗ったことがありますか?

Corey:
これには(乗ったことが)ありません。
このシャトルは私には新しいものでした。
これは…私が以前にいたときに見ていた
物とは違う新しいテクノロジーが、
いくつかありました。

David:
そして、次に起こることを
私たちに教えてください。
飛行機の様に窓がありましたか、
または一度内部に入ったらそれは
すべてブロックされましたか?

Corey:
外部パネルを透明にすることができますが、
通常はそれほど短い旅行では、
透明にする必要はありませんでした。

David:
そして、月までどのくらいかかりますか?

Corey: 3~4分です。

David: ワォウ
それを纏めます。
何が起こるのか?
あなたはブルー・エイビアンズの
代表者に招待されました。

あなたはこのシャトルクラフトで
月に連れていかれます。
あなたの心に何が走りましたか?
次は何が起こる?

Corey:
まあ、私は考えていませんでした
─私は本当に何を期待されているか
分からなかったのです。

私はあらかじめ多くの情報を与えられた
ことはありませんでした。

私は素早く服を着ると、
ラックの一番手前にあった、家族旅行で
ヒューストンに行ったときに買ったキャップを
つかみました。

David:
これは、あなたがまだ家にいる間です…

Corey: はい。

David:
…あなたがピックアップされる前に?
あなたは服を着た。

Corey:
テキサス州ヒューストンで
NASAをツアーしたのもその時でした。
私はNASAのシャツ、
私たちが観光客として買った
NASAのキャップを持っていました。

そして私はNASAのキャップをかぶった。
そして、前の晩
-私はそれについては考えなかった-
私の娘はフェイスペイントがしたいと
思っていました。
彼女はフェイス・ペイントが好きです。

そして、彼女は私の顔を塗りたいと
思っていました。
しかし、私はLOCで明朝のミーティング
の予定があることを知っています。

だから私は「NO、私はそれをしません」
彼女は、「じゃあ、手を塗っていい?」
私は「いいよ」

そこで私は緑色の恐竜ティラノサウルス
─11歳のレックスを手に描きました。

だから私はそれを洗い流さなかったし、
それは一晩経っています。
かなり乾燥していました。

それはまだ私の手に描かれています。
私はこの最初の遭遇のために
パリッとした格好でもないし、
シャープにも見えませんでした。

私がクラフトから降りると、
他のクラフトがありました。
その時、私がそのクラフトに乗ると、
目の細い別の人物がいました。

それは女性で、彼女はちょうど
ベッドから出たばかりの様に見えました。

そして、彼女は
「これはエキサイティングじゃない?
これはすばらしいでしょ?」
彼女は恍惚状態でした。

そして、私たちが乗った後部座席、
3人シートは彼女と私、私たちだけ…

David:
前席は2人のパイロットがいますか?
それは2つですか?

Corey: うん。

David:
それは二人で飛ばすのですね。

Corey: そう。
前席に2人。それから3つ…
後ろは通常3つのオープンシートです。

そして、たいてい乗客は私だけです。
この時一度だけ、ドアが開いて
他の人がいたので私は驚きました。

私たちがハンガーに着陸して降ります。
そして、このカンファレンスには、
誰だかわからない人たちが
たくさんいます。

そして、彼らはすべて、
ルナ・オペレーション・コマンドの
VIPエリアに入るための列に
入るようになっていました。

私はゴンザレスと会って、
彼らの前を歩いて行きました…
そのすぐ隣に会議室がありました。

そして、彼は私を非常に混雑した
部屋の真っ只中に行って、
立つように言いました。
「ここに立ってください。」

そして、それは会議室の正面です。

そこで私はそこに立った。
私は人々の注目を感じましたので、
ジーンズの前に親指を立てています。
非常に奇妙な感じがしました。

見上げて周りを見始め、
人々は、非常にハイレベルな
大聖堂のような会議室の回転式椅子
で見ていました。

部屋は約300人を収容できる広さです

そして、世界中の人々がいました。
そこには人々がいた…
インドの政治家がエリなしの
服を着ていました。

David: マオカラースーツ?

Corey: おそらく。

David: うん。

Corey:
そして、彼らは、世界のそれぞれの
地域から北空軍の様に見えました。

さまざまな軍用の制服、
さまざまな種類の空軍型の
ジャンパースーツ、そして多種多様な
人々がいました。

そして彼らの中にはお互いを
知っているように見える人もいました。
彼らは怒っていて互いに罵倒しました。

そして、私は目の前に立っていて、
できる限り目立たないようにしようと
していました。

私は何も考えられません。
なぜ私はそこにいるのか?

そして私は前の人々の注目を集めます。
そして、軍人である彼らは、
質問を始めます。「あなたは誰ですか?」
私はかしこまって答えます。

「あなたは誰ですか?
あなたはここで何をしているのですか?」

私は答えます
「私はここに立つように言われました。」

そして、彼らのうちの一人が言った、
「なぜあなたはそんなばかげたカバーを
着ていますか?」
私が着ていた帽子を思い出してください。

彼らは「それを取りなさい」と言った。
私はそれをとりました。

私は帽子を取り、ひっくり返して、
それを床におきました。

別の人は、
「なぜあなたは爬虫類の絵を
手に描いていますか?」と尋ねました。

そして、私はそれを見て、
拭き取ろうとしましたが、
あまりにも乾燥していました。
それは少し汚れただけでした。

そして、私は本当にその時点で
緊張し始めました。
私は何が起こるのか分からなかった。

David:
あなたはそこで馬鹿にされています。

Corey:
私は馬鹿にされ始めた、ええ。

David:
一人だけでステージの上で?

Corey:
私だけです。
何の準備もなく、そこに行って
立つように言われました。

そして、突然誰もが静かになり、
議席に座って、
私の後ろを見つめ始めました。

私はフラッシュ、奇妙な何かは見えません。
私は自分の後ろを見ました。

そして私がラ-ティア-エールと
呼んできたブルー・エイビアンズの1人が
立っていました。



そして、新しい…
私が今までに見たことがなかった
他の球体のひとつで、私たちが名前を
与えられていないという理由だけで
ゴールデン・トライアングルヘッドと
呼ぶようになったのです。

彼らは本物ではないがビッグネームとして…

David:
身体の上部に黄金の三角形ですか…?

Corey:
それは、頭が金色の逆三角形で、
巨大な頭に青い巨大な眼がありました。

そして、彼の肩はこの頭と同じ幅で
非常に薄かった。
彼は高さ約10フィート(3m)で、
ブルー・エイビアンよりも2フィートほど
高い身長でした。

そして、彼の腕は非常に長くて薄く、
足も大きかった。服なし。
性器やそれに類するものはありません。

そして皮膚は金色の
光沢を帯びた茶色で、3本の指があり、
三脚のように支える三つのつま先で
立っていました。

そしてそれはそこ居て、
コミュニケーションをしなかった、何もです。
それはそこに立っていいました。

そして、それは体の中に
骨がないように思えました─
非常に奇妙に見えます。

そして、ティアエールは、彼の手上げて
テレパシーで私とコミュニケーションを
始めました。

David:
あなたは彼を見ていますか、
それとも観客を見ていましたか?

Corey:
私は彼を見ていました。
それは観客の注目を集めたように、
私の注目を集めました。

David:
彼ら以前にこのようなシーンを
見たことがありますか?

Corey:
ゴンザレスを除いて、誰も青い鳥を
見た人はほとんどいませんでした。
これはブルー・エイビアンとの
最初の出会いでした。

そして彼らのすべては、彼らを
待ち受けていることを知っていました
…それは起こるだろう…
誰もがなぜそこにいるのか知っていました。

本当に何が起こっていたのか
分からなかったのは私だけでした。
そして、それはどういうわけか…
なんの理由で、彼らはどう動くのか。

彼らは、多くの場合何が起こっているのか
わからない状況に私を投げ入れます。
それは奇妙ですが、私はそれで
進めていく方法を学びました。

David:
あなたがいったんそこへ登場すれば、
誰もあなたに嫌がらせはしないと思います。

Corey: いいえ。

そして、その時点で、
私はティア・エールの言葉を聞いて、
彼の言葉を伝え、
私はすべての言葉を繰り返し、
何も変えないようにしました。

すべてが正確な言葉でなければ
なりませんでした。

そして聴衆に目を向けると、
今ではオープニングで彼がなんと言い、
私が伝えたことが何であるかを
覚えていません。

しかし、その後、彼は質問のために
それを切り出しました。

そして、いくつかの質問がありました。
彼らの多くは技術的質問でした。
私は彼らが求めていたことを
理解出来ませんでした。
ティアエールは答えました。

そして私は彼らに何を答えているのか
分かっていません。

しかし、私が思い出した興味深い質問が
いくつかありました。
私が帰ってすぐに書き留めて、
覚えています。
私はそれらのリストを持っています…

David: うん。さあ…
もしあなたが何かを読めるなら、
私たちはそれを聞きたいと思います。

Corey:
制服を着た人が1人いて、
彼はエイビアンズが「一なるものの法則」の
噂のラーだったかどうか聞いているのが
面白かったです。

ティアエールが私に返す唯一の応答は、
「私はRa-Tier-Eirです。」
それが唯一の答えでした。

David:
あなたが知っているように、
一なるものの法則では、
すべての質問に対するすべての答えは
「私はラーです」と始まります。
それはかなり明白です。

Corey:
そしてそうです…
その人は答えに少し失望したようでしたが、
次の人にそれが続きました。

1人の人は、地球から多くの人たちに
とても重要視されているようで、
非常に堂々としていていました。
彼は「なぜ彼らは非常に多くの球体が
必要なのですか?
なぜ太陽系内に100個の球体が
あったのですか?なぜこれらの存在に
それだけの大型船が必要なのでしょうか?」

そしてラー・ティア・エール、または彼を
ティア・エールと呼んでいます。
私がこう呼ぶのはマナーです。

「我々は運送を必要としない。
太陽系全体に等距離に配置された
100以上の球体があります。

それらはデバイスとして最も効率よく
配置されていて、太陽系に入る高負荷の
振動エネルギーの嵐の津波を
緩衝する場所にありますので、
銀河系のこの部分(太陽系)において
あなたの星、惑星、およびネイティブの
生活に悪影響を与えません。」

David: ウァオ!

Corey:
別の人は、
「あなたが球体に住んでいなければ、
あなたが見えなくなるときは
どこに行くのですか?」と尋ねました。

そして彼の答えは:
「私たちの多くは私たちの現実に
戻っていますが、他の人たちは、
あなたが隠された地位を維持し、
地球上や他の植民地やその周辺の
人々には見られない施設で行っている
活動を観察しています。」

だから、彼らは事象から外れているか、
隠れています。そして、他の人たちは
彼らの現実に戻ります。
彼らはこれらの球に頼っていません。

またほかの人が質問します
「彼らが主要な勝利を勝ち取るのに、
役立つ可能性のある諜報情報を持つ、
他の秘密スペースプログラムグループが
閉鎖された後に、
最近の介入があったのはなぜですか?」

これに対する応答は、
さまざまなSSPグループが
理解している情報でしたが、
私はその時点では知りませんでした。
その後に、私はこれが何であるかを
知りました。

そして彼の回答は:
「離れてから、不安定な2つの残虐行為を
引き起こした戦術に変化があった。
火星と地球上の無実の者の生活の
喪失を引き起こした非常に破壊的な
事件は、邪悪な兆候でした。
これらの新しい戦術は、この規模の
副次的な損害が受け入れられると、
考えられる方向に同盟を導いていた
ことを示している」

David:
どの程度の規模ですか?

Corey:
私たちは後でそれに入るのですが、
火星の施設の1つでは、
25万人の死者が出ていると思います。

David:
軍事攻撃は、アライアンスの新しい
離脱者が行いましたか?

Corey:はい。
議会からの許可なしに。
彼らは自分たちで行動しました。

David:
あなたが言っているのは、
彼らが行動可能な情報を
持っていると言うことですか?

Corey: そう。
他の秘密スペースプログラムの脱出者です。

David:
だから、彼らはいつでもこのような
ストライキを望んでいるのですか?
(訳注:地球の軍は基本的にイルミナティの
関与のもとに活動しているので、
闇の勢力にそうとは知らずに協力していたが、
SSP脱出者たちが光側として反乱を
起こしている)

Corey: いいえ。
彼らが持っていたのは、小さな窓でしか
ありませんが、実行可能な情報でした。
そして彼らは自分たちで行動することを
選んだのです。

David:
ティア・エールと彼の同僚たちは
これについて非常にうんざりしていましたか?

Corey: はい。
アウターバリアが建立されて以来、
太陽系に再突入することを阻止された、
シークレット・スペース・プログラムグループが
いくつかあります。

人々の中には、それらのいくつかでも
戻ってくるように働きかけようと
ロビー活動をしている人もいます。

そして、これは国連銀河連盟を
望んでいるという議題を提起した
人々の一人でした
-私はそれらをNATOタイプの
SSPグループと呼んでいますが、
それは私が銀河連盟という言葉を
初めて聞いた時です。
彼らは、スフィア・アライアンスが
思い付いたどんな要求のもとでも
グループが復帰するだろうと述べました。

David:
バリア―が出来たとき、私たちの太陽系の
外にあった銀河連盟は
どれくらいだと思いますか?

Corey: ほとんどすべてです。

David: これらは人間ですか?

Corey: 人間です。

David: どこからきてるの?

Corey: うん。
彼らはほぼ完全に太陽系の外で
活動していました。
だから彼らはほぼ完全に、
戻ってくることはできません。

そしてその応答:
要求は拒否されました。

そしてこう伝えられました:
「太陽系内外のすべてのトラベルは、
近い将来中断され続けるでしょう。」

これは多くの人の意見とは合いません。
なぜなら、多くの人々が、彼らをより
中立的なグループとして見たので、
このグループが戻ってくることが
できるように請願したいからです。

David:
宇宙計画の人々がこの様な事を行える
文明にアクセスできたなら、
このようなバリアは太陽系周辺に
構築することは可能だと思いますか?

なぜなら、それが彼らをとらえたのなら、
かなりな驚きだからです。

Corey: 誰もが驚きました。

David:
これは普通のことではないのですか?

Corey: 普通とは思いません。

難解な質問の1つは、
一人の軍人によって尋ねられました。
軍人から質問が来るのが、奇妙だった。
彼らは尋ねた…これは質問です。

これは周囲にあるものなので、
インターネット上の情報にアクセスする
必要があります。
「我々の死後には、
魂の罠が仕掛けられていますか?」

David: 魂の罠?

Corey: うん。
魂の罠。それ以来、ゴンザレスは
白を指していると言っています…
あなたが死んだときに人々が話している
魂の罠の白い光があります。

あなたが白い光に行くなら、
あなたは肉体的な魂の罠か何かに
捕まってしまいます。

David:
ウェル・ベルは、90年代に言っていた。
光に行かないでください。それは罠だ。

Corey: そう。
まあそれはこの質問が指していたものです。
私は本当にその時には、
何が話されていたのか分からなかった。

そしてティア―・エールからの回答は
以下の様なものです:

「私たちが人生で遭遇する
唯一のトラップは、私たち自身のために
設定したものです。

白色光の終わりに魂の罠がある
という考えは、意識の創造力で
創造することができるPSYOP(心理作戦)
の歪みが設定されていました。

これが歪みを創造させる意図です。」

これは彼らの話です。
非常にイライラしています。

David:
なぜ彼らはそのように
伝えなければならないのか
あなたに説明しましたか?

Corey: いいえ。
彼らはしません。人には…

David:
もっと具体的にしようとすると、
彼らはあなたに何を伝えますか?

Corey:
彼らは話そうとしていたものを続けます。
ときどき私は質問をし、
それが適切であれば答えるが、
彼らは大概そのまま進めます。

質問をしている人は説明に
満足していないようです。

しかし、それはほとんど終わりでした。
家に帰ったときに書き留めた内容です。

私はその質問のほとんどが、
彼らが何を求めているのか、
私が何だったのか分からない、技術的
および戦術的な主題の質問であった…
私が再現した質問内容です。

David:
一般的には、アライアンスがこれらの
球体に何を期待していたと思いますか?

彼らはフルディスクロージャが、
軍事的支援によって、
秘密を崩壊させられると
期待していますか?

彼らは何を望んでいたのですか?

Corey:
最初は、そこに、
「たくさんの人々が期待していること」
を期待していたと思います。

人々は、彼らが来て、尻を蹴とばして
名乗り出る事を期待していました。
彼ら(軍人)は、彼らが来て、
救い主になることを期待していました。

そして、敵を抹殺するために、彼らに、
攻撃技術に技術を与えたり、
これらの外界の存在を取り除いたり、
エリートからの束縛を解除してくれると
期待したのです。

しかし、彼ら(ブルー・エイビアンズ)は
また失望しました。
そして、彼らが完全に軍事的であると
彼ら(軍)は期待していたことに唖然とした
…集まったのは軍人であり、軍隊だった。

そして、彼らがこの会議に来て、
彼らが愛と許しのヒッピーのメッセージを
伝えて、意識を上げるということは、
彼ら(軍)の計算にはありませんでした。

だから、彼らの多くは非常に心配して
非常に取り返しが付かないと考えた。

David:
あなたが本当に理解していなかった
多くの技術的な質問があったとすると、
彼らの戦略的立場を強化し、
戦術的な戦略を立てようとしているのが
全体的な要点でしたか?

Corey: はい。
それは戦術的であり、攻撃的な能力と
関係し、将来の出来事を知る能力、
これらの時間的な種類の質問、
私の理解をはるかに上回っていたものを
使用したいのです。

彼らは舞台裏で進んでいた
ロジスティックスを続けていました。
だから私はなぜ彼らが質問をしていたのか
の参照の科学的な根拠が
ありませんでした。

David:
ブルー・エイビアンズのティア・エールによると、
私たちの太陽系にはエネルギーの津波が
発生しています。

Corey:
そして、彼は、これらのエネルギーの波が
うねりとして流れるように来ていると
言いました。

彼らは波の中に入ってきています。
私たちの太陽系、つまり地元の星団は、
銀河の高エネルギー領域である
部分に入っていて、
銀河のねじれ場にあります。

David:
短期的な影響において何が起こるか
について彼は何かを言ったのだろうか…
津波のように私たちに何が起こるか?
どのようにそれに気づくでしょうか?



Corey:
まあ、このエネルギーを緩和しなかったら、
本当に壊滅的な日々となります。

人間や動物の本当に奇妙な行動、
そして本当に悪天候や地震、
これらの球体がこのエネルギーを
拡散させるあらゆる技術を使用します。

おそらく私たちのために緩和されています。

David:
奇妙な行動は何でしょうか?
どうなりますか?

Corey:
基本的にエンドタイム・マッドネスのようです
…人々はそれを扱うことができず、
エネルギッシュな変化に
対応しなければなりません。

David:
では、津波はどのような効果で
心に影響を与えますか?

Corey:
意識上、人々の意識の変化です。
あなたは毎晩目を覚まして、1つか2つの
近所での銃声を聞くことになります。
目を覚ますとあらゆる射撃があります。

暴動、狂ったことが起こっている、
誰も反動的であり、
明らかに奇妙な行動をします。

David:
私の考えではほとんどの人が
自分の考えが自分の自由意志である
と感じ、彼らには何もないと
思っています…
彼ら自身の心にあるもの以外に、
彼らがどのように考え、感じるかに
他の影響は無いと考えるでしょう。

Corey: いいえ。
私たちはすべてつながっています。
私たちは皆、宇宙の活発な背景ノイズや
バックグラウンドエネルギーの影響を受けて、
共同の大衆意識を持っています。

David:
これが続くと起こる効果は何ですか?
彼らが人々が狂ってしまうのを
止めているなら、
この活発な変化が続くことによって、
私たちは何を得ていますか?

Corey:
今私たちは意識を高めるために
時間を割いています…
さて、彼らのメッセージはあなた自身と
他の人たちをより愛し、
より寛容にすることです。

そして彼らはカルマの輪を止めます。
そして、私たちは日常的に善意者
になることに焦点を当てるべきであり、
自分自身や自分自身のニーズに
集中するのではなく、他者を助けること、
感情的で他者を助け、
日々意識とバイブレーションを
起こそうとすることを試みることです。

David:
彼らは新しい神として
姿を現そうとはしていません。

Corey:
絶対違います。
そして、彼らが私の頭にインプットした1つは、
私は、私が謙虚にしておく必要がある。

カルトまたは宗教のどんなタイプの
教祖にもならないようにする
必要があるということです。

そして、私はその歴史を知らないが、
明らかに過去3回これを試してみた。
そして毎回、そのメッセージは歪んでおり、
人間はそれをコントロールのために使用し、
それをカルトや宗教に変えました。

David:
そのライン(宗教に変化する)上の例を
挙げてもらっていいですか?
彼らに怒られますか?

Corey:
まあ、私は憎しみで心を失った時が
ありました。そして、彼らは
高エネルギーの間は、カルマは
より即時であると私に言ってきました。

私はいくつかのカルマに苦しみ、
自分自身を攻撃にさらします。

そして彼らは、私が話していることを実践し、
私が言っている言葉に焦点を当て、
私が言っていることを具体化するために
もっと努力する必要がある、
他人を許してくださいといいました。

それは簡単に聞こえます。しかし、それは
非常に難しい道です。それは非常に…

David:
まあ、それはエリートが信じているのと
反対のようです。

Corey:
まあ、そうです。
そして、その道を歩こうとした人は、
かなりびっくりします。
人間なので、あなたを嫌う人を愛するのは
難しいです。

そして、あなたの顔に唾を吐く人々を
許すのは難しいです。
それは簡単な道ではありません。

しかし、あなたの意識を高め、
より高いバイブレーションの人や
存在になりたいなら、それはあなたが
取るべき道です。

David:
意識の関係があると言うことですか?

Corey: 絶対に。

David:
その言葉は、あなた個人に対し
どのように機能しますか?

Corey:
まあ、それは私たちを奴隷にするのに
使われたのと同じコンセプトです。

David: 解らないのですが。

Corey:
まあ、私たちの大衆意識は、
私たちを奴隷にしておくための道具として
使われてきました。

ザ・パワー・ザット・ビー(権力者)は、
メディアを使って大衆意識の中に
種を植え付け、その後、マスコミや
偽旗作戦などを介して、事件で
私たちに感情的にエネルギーを与え、
私たちの大衆意識によって、
その状況を作り出し、
それを実現させることです。

David:
それは想像のようだという意味ですか?

Corey: そう。

David:
彼らは実際にこの力を使おうとしているので、
彼らが望む成果を
明らかにする必要がありますか?

Corey: はい。
権力者は私たちの意識の力を
完全に理解し、私たちの周りのすべて、
思考、光、エネルギー、物質、
すべての状態がすべてバイブレーション
であることを理解しています。

私たちの意識はバイブレーションです。

私たちの共同意識は、私たちの周りの
他のすべての振動状態に
影響を与える非常に強力な
共同創造的なメカニズムです。

そして、私たちがそれを利用することを
学ぶと、現実を変えることができます。
特に、銀河のより高い振動領域に入り、
意識が変化し、振動が強くなると、
我々はより多くの力になるでしょう。

これらのエリートや、私たちを
閉じ込めようとしている他のグループに
対処するためです。

David:
あなたは40の異なるタイプと言った
(前回の宇宙連盟の会議参照)
…22種類の遺伝プログラムが
進行中です。

それで、私たちは他の知的文明の
DNAをすべて持っています。
私たちがこのような変化を経験するとき、
すべての混合DNAやマッチ
(高度な宇宙人とマッチ)している
DNAに何が起こりますか?

Corey:
まあ、ミックスのこの大きな騒ぎから
何が起こったのか、そこにはほとんどの
存在よりも広いスペクトルの
感情があります。
(訳注:宇宙人は感情変化があまりない)

彼らは私たちがしているのと
同じ感情を持っていますが、
私たちのタイトボディーと私たちの遺伝学で
起こったすべての変化のためです…
遺伝学だけではない。

私たちは感情の広いスペクトルを
持っています。それは祝福と呪いです。
私たちはそれらの感情をコントロール
できないからです。
それは影響しています…
私たちの意識レベルはコントロール
されていないので、今は混乱しています。

David:
だから、もし誰かが彼らの顔に
批判的な表情を見せていると、
私たちは、[SCOFFS]と思います。
(訳注:SCOFFS=バカにする)

なぜなら、あなたが言うように
DNAミックスによる感情の
広いスペクトルのせいで、

他のインテリジェント文明よりも
強い感情反応を起こすということですか?

Corey: うん。
私たちは、社会成のために、
他の社会よりもすべてについて、
より強い感情反応を起こします。

David:
それはすごい弱点かもしれません。

Corey:
感情は私たちの意識の活性化剤の
ようなものなので、意識を制御する
方法を学べば、
それはまた素晴らしいことです。

彼らが手を携えて働き、
意識を活性化させるのに役立ちます。

私たちがどうにかして習得すれば、
非常に強力な共同創造的な存在になり、
すばらしい新しい世界を
創造することができます…

いったん我々は操作されていない状態で、
私たちの感情や意識を管理する
方法を学ぶのです。

David:
スフィア・ビーイング・アライアンス
(球体同盟)が、宇宙計画の連盟である
善良な人たちが、軍隊のストライキを
行うことを許可していなかった場合、
何が変わると思いますか?

アライアンスの視点では、
何かを変えるためにまだここにいる、
地球外生命体のネガティブなグループを
攻撃する必要があるのではないでしょうか?

Corey: はい。
彼ら(地球解放側の軍)は完全な
軍事ルートで進みたいと思っていますが、
ネガティブのものは悪です。

あなたはネガティブからポジティブを
得ることはできません。
彼ら(軍)は攻撃的ではなく、
本質的に防御的である特別な技術を
与えられてきました。

David:
「彼ら」とは同盟?宇宙同盟?

Corey:
同盟。シークレット・スペース・プログラム・
アライアンスには防衛技術が
与えられていますが、大規模な
人身災害を引き起こすこれらのストライキを
これ以上やらなくてはならないのです。
「スタートレック」タイプの文明の
基礎となる開示です。

David:
さて、開示は本当に重要な
言葉になります。

Corey: はい。
完全開示は彼らが進めていることです。

David:
だから、これらのスフィア・ビーイングは
私たちの情報開示に役立つのですか?

Corey: その通り。
それが目標です。彼らは、人類が
情報開示を通じて、
私たちを介して立ち上がり、
自分自身を自由にすることを
望んでいます。

そしてうまくいけば…
多くの人々が怒っているので、
それはハードな道になるでしょう。

面倒な部分があるかもしれませんが、
人類のまったく新しい時代の
基礎となる方法でそれをやりたいのです。

David:
さて、これは本当に魅力的なテーマです。
私たちはまだ始めたばかりです。

私たちは、一連のエピソードの
すべてを行うつもりです。
明らかに、非常に多くの質問があり、
我々はちょうどこの問題の蓋を
壊していますが、これは非常に
魅力的です。

コーリー、私はあなたの勇気と、あなたが
ここに来てくれたことを喜んでいます。
私はあなたが英雄だと思っています。

私たちはみなあなたに
感謝の義務を負っています。
ここにいてくれてありがとう、コーリー。

Corey: ありがとう。

David: オーライ!



この記事は
https://spherebeingalliance.com/blog
に掲載されている「コズミック・ディスクロージャ」を転載/翻訳したものです。
翻訳:AK system
2017-12-02 / 1309PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト