2020 The New Earth A travel report【19】インナーネットに接続開始 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


2020 The New Earth A travel report【19】インナーネットに接続開始



「2020 The New Earth A travel report-18」の続き…

インナーネットに接続開始

今僕は、ネイサンの「上位の」存在としての自己を体験している。僕はすべてと一つになった。これまでもずっとそうだったように。僕の目の前の少し左に彼が見える。口を開けて目を見開いて立っている。右側に彼のマインドが見える。極めて明快なことだ。僕らがいるのだ。そこでは父(僕)と子(ネイサン)と聖霊(ネイサンのマインド)が一つになっている。僕は再び長椅子の上の自己を見つける。ミスター聖霊が、これはすべて真実なのかという問いを(頭の中の)スクリーンに挿入する。スクリーン右下にある書類入れにドラッグするだけだ。僕は、ミスター聖霊(ネイサンのマインド)の飲み込みの速さに驚き、愛の波が僕を通して流れる。

僕は両腕を伸ばして彼らを引き寄せる。ずっと伸び伸びになっ て、やっと再会した気分だった。両者をきつく抱きしめて覆い被さり、"ONE"にな る。ハグしている感覚が永遠に続く。故郷のようだ。これが、僕のずっと求めて いた平和だ。自己の内側の平和。僕から愛が溢れ出て、感謝の気持ちが無尽蔵に 湧いてきた。こんなことは初めてだ。それから僕は溶けていった。完全に溶けて 純粋なエネルギーになり、常にそうだったことに気付いた。僕はただそれを再び 知覚し始めたに過ぎない。僕はエネルギーである。常にそうだったし、別に新し いことではない。その経験は僕に一なるものを思い出させる。
それは、すべての "ONE"たち から構成されている。ある有機体が全細胞から構成されているように。 その一つ一つの細胞が僕や、他のプレイヤーである。僕には無数にある感覚で "All-One"を知覚することができる。そしてそれがI AM なのだ。僕には有機体全 体が、くまなく感じられる。それぞれの細胞が、呼びかけに従い、興味に従ってい るのが感じられる。僕の細胞の一つであるネイサンが、無限の意識の中心に立っ ている。僕は他の全細胞の一つ一つを見る。
それから彼に戻る。そうしないと、 まったく別の物語をあなたに話さなければならない。この立場に立つと、どんな ことができるかを、ちょっと説明しただけ。
これまで生きてきたあらゆる命、今 生きている、これから生きるあらゆる命がすべてここに、僕の中に、すべてであ るものの中に存在している。何もそれから除外されている感じがしない。 僕たちの物語に戻るために、ここに僕がおり、この瞬間にバウチがこれを書い ている。興味をもったすべての細胞が、それを読めるように。僕はこの宇宙の創 造主だ。自らを無限に体験しては、再定義する。
あなたもそうだし、街角のミュ ーラー夫人もマイヤーグルーハウゼン牧師も花々も蜜蜂も、その他のあらゆるも のもそうだ。存在しているもの、まだ存在していないも の、すべてが。僕は存在し、あなた――現在これを読んでいて、自分が僕である ことを思い出しているあなた方全員――を通して自己を体験している。あなた方 が自分自身のことを、この僕だと言っても、そんなに馬鹿げたことじゃない。
だって誰も彼もが僕なのだから。僕は、時空を越えてあなた方全員の目を通して同 時に見ている。なぜなら、僕の外には何にも存在できないから。すべてが僕なの だ。どんな興味でも追えて、人生を体験できる果てしない意識。そうする理由は、 ただそれが可能であり、経験されたがっているからだ。それはただただ驚くべき ことであり、説明の必要はない。経験されることを欲しているものは、経験され ることを望まなければならない。さもなくば、それは経験され得ない。だからこ そ、どの細胞も、望むこと以外は経験できないのだ。
それぞれの細胞は自分の興 味を追っており、僕は各自の興味に影響を及ぼせない。僕の興味はすべての個々 人の興味の総和なのだ。もし僕があなたの興味に影響や変化を及ぼしたら、僕は 自己を変えるだろう。あなた方全員が僕なのだから。僕はすでにそれを言いまし たよね? あなたが自分に背き、他の細胞からエネルギーを奪ったり、彼らの平 和を乱したりすることで、僕に異議を唱えるからといって、僕が完全な有機体と して、あなたに対立しなければならないわけじゃない。僕は、そういうことは不 愉快なことだと信じている。 僕はあなたがいなくても何とかなるよ。これらの 言葉があなたのマトリックスに流れ入るのにふさわしいときだと思う。あなたを 助けてくれるだろう。
ネイサンとバウチとあなた――この言葉を読んだり聞いたりしているあなた― ―に戻ろう。僕はあなた方一人一人に戻って、あなたとあなたのミスター聖霊の 少し後ろにいる。僕がいなかったことはないのだよ。僕はただあなたに完全に注 意を戻して映画の続きを見ているだけ。誰か僕と一緒に見たい人はいる? 僕は あなた方全員のもとに戻るが、ネイサンの物語を続けよう。願わくば、あなたが 今意識的に自分自身の物語を体験できるようになればいいな。
ネイサンは数秒間何も言わずに、そこに立っている。僕の前に彼が見える。彼 の隣にはミスター聖霊がいて、聞きたそうにして僕を見ている。
「うん。続けな」僕はそういって固まっていたネイサンをアクティブにする。
「ワーオ、これはすごいや! どうやったんだろう?」彼が尋ねる。
僕には、彼がプログラムされた行動パターンを――別の言い方をすれば、彼流 で――演じているのが見える。どちらもまったく同じことだ。僕は彼の驚きよう が好きだ。また僕を通して愛の波が流れる。僕には、それが有機体全体に広まっ ているのが感じられる。それがすごく感じられるときと、少ししか感じられない ときがあるが、いずれにしても、僕は宇宙全体に行き交っている、あらゆる振動 数をどの瞬間にも感じることができる。ほんの小さな違いでも、全体の振動数を 変えているのがわかる。僕はこの立場が気に入っている。ネイサンの見張り塔だ。 僕は、いつになく、より多くの細胞が意識的にこの立場を体験しているという感 覚を得る。
「クリーンな種のストックがあれば、まあ、そんなに難しいことじゃない」とモ ジョーが言う。「僕たちは本当に早い時期からここに着手したんだ。街を緑にす るのと同時に美しくもした。僕たちは高木と低木を至る所に植え、4年経ったら 家々はもう外から見えなくなっていた」
突然、僕たちの目が会う。彼の中に僕自身がいるのが見える。神が自分の目を 覗きこんでいるのだ。
「やあ、こんにちは。今君ははっきり見えるようになったね。インナーネットに ようこそ!」モジョーが楽しそうに僕に挨拶する。「これからの君の人生は、決 してこれまでと同じものではなくなる。君が、君の本来の時間に戻っても、だ。
僕は、この目つきを知ってる。百回は見たことあるよ。君は三位一体の経験をし たんだろう? 父と子と聖霊とか・・・・・・。西洋にいる僕たちのほとんどが、それ を経験する。僕たちはカトリック教義に馴染んでいるからね。でも最終的には、 それぞれのゲーマーが独自の経験をする。ヘッドコンソールを使い始めるときに、 君は、誰がゲーマーなのかも思い出すよ。すると君は物事を別の観点から見て、 あらゆるものとの繋がりを感じる。君は最後にはホームにいて、君の人生を違う ように経験する。そのことを好きなように呼べばいいさ。卵から孵化するとか、 繭から出てくるとか。君は、今、別の者になっている。はっきり言えば、すべて の体験の創造主。僕たちを通して体験するんだ。あるいは、僕たちを通してプレ イしているとも言える。コンピューターゲームのように、新しい自分を何度も何 度も体験できる。このチュートリアルで僕たちは何かを学んだかな?」モジョー が尋ねる。
「君が何かを学んだかどうか、僕には分からないけど、自分の人生のレッスンに なったよ。本当に君の助けに感謝している。おかげで良いレッスンになったよ」 僕は心から彼に感謝する。
「僕はこういうことをするのが好きなのさ。僕は喜んでみんなにそうしているん だ」
「セックスについて教えてくれない?」僕は、ネイサンがミスター聖霊の考えを 話すようにインパルスを送り、この瞬間に僕がこの物語の舵取りをしているのが 見える。僕だ。この瞬間の! 僕がプレイしている! 僕には、ネイサンを通し て自分が今、ここでプレイしている様子が見える。そして僕の周りのあらゆる所 で他のプレイヤー(細胞)も同じことをしている。彼らの今、ここにおいて。タ イムループの中の人生。
今僕は自分のために素晴らしいラインアップを用意した。そしてネイサンの視 点に戻る。彼の視点から続きを見るためだ。そのために彼はそこにいるのだから。 すべての両目が、独自のフィルターを通して知覚する。僕は知っている。ネイサ ンの物語は本当に心をとりこにするし、あなたにとってもそう。さあ、彼と共に 先を経験しよう。観察者の視点からのレポートも、すぐにお伝えしますよ。
モジョーが僕の質問に答える前に、「モジョー!」と女性の声がした。葉っぱ に覆われたカフェのテラスには数脚のテーブルが置かれていて、彼女はそこに座 っていた。カフェの名前は "カフェオーレ"。たくさんの花と果物で覆われてい る。あらゆるところに緑があり、街中、緑の途切れるところがない。通りを見や ると、緑の茂みの中に消えてゆく。森の都市みたい。本当にうまくできてるなあ。
彼女は素早く立ち上がり、僕たちの方に走ってくる。彼女がコマ撮り映像のよう に近づいてくるのが見える。言葉では言い表せないほど美しい女性だ。長いブロ ンドの髪、夢のような容姿。彼女が近づくにつれて、はっきり見えてくる。彼女 のふっくらした唇、キュートな鼻、素晴らしい目! 彼女はモジョーの腕の中に もたれて、親しげなキスをする。彼女は体を真っ直ぐに起こし、モジョーの目の奥 を見つめる。僕の真ん前でだ。僕は自分のスピリットと内なる自分と一つである ことに気付く。彼女がまたキスをする。アイコンタクトを保ったままで。彼女の 舌が彼の唇の周りで戯れている。彼も彼女を見つめ返し、彼女のヒップをつかん で自分の方へ引き寄せる。彼女が彼の方に身を寄せると、二人は突然強く揺れ出 した。
二人の目は閉じられていて、愛の波が、僕を通して、僕の内部全体を通し て、流れる。一なるものが二人を抱き、彼らが創り出して周りに広げているエネ ルギーの一部になっているのだ。彼らは地面に崩れ落ちて、笑い出した。
数人の見物人が一緒に笑い、拍手喝采している。目の前でインタラクティブな映画を体 験することに関して、僕が最後までもっていた問題は解消してしまった。ほとん どコメディーみたい。モジョーが抱擁を解いて僕に笑いかける。僕には笑い返す ことしかできない。どうやら本当に笑っているらしい。

目次



2015/12/29 / 1145PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト