ガン予防と治療(末期がんでも治る?)なら春ウコンの摂取が良いらしい9 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


ガン予防と治療(末期がんでも治る?)なら春ウコンの摂取が良いらしい9

今後増え続けるであろうガン
─東京の放射能汚染は現在もチェルノブイリと同等─
がんの治療法などの情報まとめページ
http://keen-area.net/?id=80

よりリンクされている記事です。

以下春ウコンの効能について述べた文献より引用[9]--------

屋久島春ウコン服用者から寄せられた症例の紹介

症例1 胃潰瘍切除後のケアーとして屋久島(春ウコン)

私(Mさん)は、1994年に十二指腸潰瘍を患い、胃を2/3切除後、数年間、鉄剤、ビタミンB12を補給しながら勤務していました。
日常は貧血や階段の昇降に苦しんでいましたが、友人の薦めで屋久島春ウコンを服用しましたところ、急速に症状が改善され、体のバランスが良くなりました。
併用していた鉄剤の服用をやめて、その後はビタミンB12と屋久島春ウコンを併用、1日9粒を摂取いたしております。
継続して7年になりますが、今では貧血もなく、何ら支障がありません。病院での検査数値も改善され、平成19年より、ビタミンB12、鉄剤を一切服用しなくても健常者と同様な生活が出来て快適に過ごしております。

症例2 高血圧心疾患の改善(70歳女性)

私(Y・Tさん)は長い間低血圧、心疾患に苦しみ、50代後半にかけては総コレステロール値320より下がらず、その為血圧が高くなり各種病院を転々とする日々を過ごしていました。
遡ること10年前に屋久島春ウコンとめぐり合い、友人の勧めにしたがい1日5粒~10粒を服用することにしましたところ、摂取するようになってから3ヶ月後には胃腸がすっきりし、不整脈が改善し、体調のよい日が続く様になりました。
さらに春ウコン1日10粒を目安に、ビタミンE、3~6粒を服用し、継続して今日に至っております。ときにはビタミンCを少々服用することもあります。現在病院での血液検査の数値、コレステロールの値も220~240前後まで下がり血圧も安定し快適な日々を過ごせるようになりました。春ウコンにめぐり会い、病院通いもなくなり、余生を楽しく過ごせることの感謝いたしております。



症例3 尿酸値及び血糖値の低下(62歳男性)横浜市

私(M・Kさん)は4年ほど前に、知人から春ウコンを飲んでみないかと誘われて、1日3回食後2粒の服用を始めました。半年続けたところで会社の定期検診受けた結果、今まで不安定だった血圧が70~130と安定し、食生活も酒量も変わっていないのに、尿酸値まで7~6に下がってきました。
その後ビタミンEとレシチンを薦められ、毎食後各1カプセルを併用しました。更に半年後の定期検診では中性脂肪、γ-GTP、GOT、GPT、も顕著に下がり、肝機能の改善にも関わりのあるものと思われました。他の薬剤等は服用していないので、明らかに春ウコン、レシチン、ビタミンEの3種服用の効能、効果だと思います。血糖値も120以上あったものが現在では100台まで落ちてきており、相変わらずこの3種の効果を信じて退職後も愛用しています。 お陰さまで今は快適な日々を過ごしております。



症例4 春ウコンによるA1Cの改善効果

ヘモグロビンA1C数値の改善効果 (67歳男性)
私(Uさん)は平成3年11月(当時49歳)風が原因で1型糖尿病(インスリン依存型)と診断され、以来18年間インスリンの投与をしながらの生活を続けております。
すでに皆様ご存じの如く、糖尿病の怖いのは、合併症です。私は糖尿病を患っておりますが、検査の数値上では健常者です。今まで18年間インスリンの注射と服用、春ウコン1日4g、1回5粒1日3回(食後)を目安に摂取してまいりました。
以下ヘモグロビンA1C数値票とグラフ、検査票に示される如く、良好な結果が出ております。春ウコンの効用、効果と確信いたしております。
(サイト管理者注:検査票の実物資料は存在しますが掲載出来ません)


2013/09/01 / 7406PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト