新しいガーディアンがやってきた!!【コズミックディスクロージャSeason10,Episode6】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


新しいガーディアンがやってきた!!【コズミックディスクロージャSeason10,Episode6】



原文:Cosmic Disclosure:
Arrival of the New Guardians
翻訳:AK-system


Season10,Episode6


David Wilcock:
コズミック・ディスクロージャへ再びようこそ
番組ホストはデイビッド・ウィルコック
コーリー・グッドとお送りします。

そして今回のエピソードでは、
帰ってきたガーディアンについてのお話です。
コーリーお帰りなさい。

Corey Goode: ありがとう。

David: さて、前回のお話では、
赤毛の巨人たちのトラウマを解消する
リカバリープログラムに(巨人を)
参加させるべく働いていた
ゴンザレスの事を話していました。

それからアンシャールの浄めの部屋で、
7つのグループと逢いました。

ではそのお話の中からピックアップして、
その後どうなるかお話しください。

Corey:
私たちはまだこの浄めの部屋にいて、
まだ儀式は進行中でした。
これは新しいガーディアンを迎えるための
お祝いと準備式であり、
私の名誉だと言われました…
私は表敬参加を許可されたのです。



私はアリーと妹に、私の名誉を感謝して、
とても興奮してウキウキしていました。
つまり、皆パーティーの雰囲気でした。
パーティームードだったのです。

David: フ~ム

Corey:
私はシャンパン・フルート(グラスの形)
に似ていて、それほど背が高くない
グラスを見ていました。

それは以前私に提供されて、
私が飲むのをためらった、
「Isis(イシス)のネクター」だと
言われました。

皆がグラスを持っていました。
私もグラスを持っていましたが、
パーティーでシャンパン・フルートを
持つようにしました。
[コーリーはグラスを低く体の近くにある
様子を示す。]

見上げるとアーリーは私を見ていて、
私の何がなんだかわからない様子に、
笑っていました。

そして彼女は自分のグラスを高く上げて、
[コーリーはグラスを掲げるしぐさをする]

そして、彼女はそれを持ち上げて、
[コーリーはネクターの香りを吸い込んで]
ネクターの香りを深く吸い込んで、
それを飲みました。

David: 過去には、あなたは、
このエリクサーを飲むのを
非常にためらっていて、
明らかにそれがある種の向精神薬で
あるかもしれないと感じていました。

Corey:
これを飲んだのは初めてですね。
過去には彼女が誰だか知らなったし、
知らない人から渡された飲み物を、
飲む気はありませんでしたから。

David: フ~ム

Corey: この時点では、
私は彼女を信頼していました。
だから私は彼女がしたことを真似ました。
私はそれを最大限同じにできる様に
努力をしました。

大いなる無限の創造主の祝福を
ちょっと唱えて、私は飲み物を飲みました。

そしてすぐに、私はこのエネルギーが
私の口の中に広がり、喉を下り、
私の体全体に広がっていくのを感じました。

それは熱、暖かさのようなものです。
そして私は非常に気高くなりました。

David: それを飲んだら、
酔っぱらうような感じはしましたか?

Corey: いいえ、
私の体に広がるような暖かさと、
ただのエネルギーでした。

David: ワオ!

Corey: 非常にユニークです。
周りを見渡すと、それを飲んだ人誰もが
エネルギーが変化していました…
外向的になっています。
彼らは以前のように彼らの体面を
保ってはいませんでした。

ご存知のように、異なるグループは、
別のグループの前では、
常に正面で接しなければ
いけない感じでした。

誰もがリラックスしたようになり、
私はアンシャールと、椅子を使っていても、
以前に合ったことがなかったレベルで
繋がっていたように感じました。

David:
恐らく化学的な効果ではなく、
飲み物に何らかの精力的になる
成分があったように感じますが、
それは本当だと思いますか?

Corey:
その通り、それはそうなのです。

David: OK。それを飲んだ後、
そのセレモニーはどのくらい続きましたか?

Corey: 私は飲み物を飲んだ後、
私もその効果を楽しんでいたので、
瞬間のように思えました。

David: フ~ム

Corey: そのあと、私は
アーリーと彼女の妹、
何人かとドアの方へ向いました。

そして私たちはドアを出て、
最初に逢った、そしていつも逢っている、
大きなドームの部屋に戻りました。

前回と同じように、各ドアに
2人の男がいて、ドアを守っていました。



そして、私たちは以前は街があった
洞穴に戻りました。



少し離れたところに120ft(36.5m)
はあろうかという、古典的で巨大な
フライング・ソーサーがランプ(タラップ)を
降ろして駐機していました。

私たちはその動きと、活動を
少し見ることが出来ました。



私たちは近づいていって、
インナーアースのオメガグループの
何人かを見ることができました。

黒い髪をした、かなり白人に似ていて、
軍事的な雰囲気に見えました。



そして、彼らはアンシャー会議の
テーブルで見た星のように、
大きな金色の星が付いた青い
ワンピースのユニフォームを着ていました。

それは、金星の象徴のようで、
基本的には、左胸部に付けています。

David: OK.

Corey: 彼らは
私たち全員を船に招き入れました。

私たちは座り心地の良いシートに座り、
全員が乗りこんでから、出発しました。

David: さて、あなたは
あなたの目的地を知っていましたか?
あなたはどこに行ったのか知っていましたか?

Corey:
Areeと妹が私の両側に座って、
私がセンチネル(保護者)に出会った
宇宙ステーションに向かったことを
確認しました。

彼らはそれを
土星の評議会と呼んでいました。

David: あなたがセンチネルに
会ったのは土星ではなく金星だと
思ってました。

Corey:
私が合ったのは金星ですが、
覚えておいででしょうか、その後、
私は土星に連れ去られかのように、
異常領域に連れて行かれました。

David: オー。

Corey: 私が入ると、
同じ宇宙ステーションがありました。

David: 面白い。OK。
では、次に起こることは何ですか?
あなたは船から降りましたよね。
あなたは着地したと感じましたか?

Corey: 私たちはドッキングしました。
本当に解らないんです。

David: フ~ム

Corey:
そこで「プシューーー」というのは
[コーリーは空気が抜ける表現をする]
ありませんでしたね。

David: OK。

Corey: それだけです…
人々は立ち上がり、出発しました。
私もです…
私は立ち上がって出発しました。

David: OK。

Corey: そして、私たちは
ドッキングステーションを歩きました。
ドアは18ft(5.5m)ほどの人の
ことを意識しているので、巨大です。

David: ワオ!

Corey: そして、
宇宙ステーションを通る廊下、
通路もそうです。



丸いセクションにつながる長い
スキニーセクション(廊下)は、
天井が非常に高いです。

彼らに案内されて、
私たちはメインエリアに到着しました、
それは会議が開かれる場所です。

David: 他のエピソードでは、
前回の会合であなたに
スーパー連盟が紹介されました。

彼らはもはや人類の運命を
支配しないと言われました。
そして明らかに、
彼らは非常に動揺していました。

Corey: そう、彼らは。

David:
同じような部屋に連れてこられて、
あなたは不安を感じましたか?
また同じような経験をするのかと。

Corey: いいえ。
なぜなら、一つはエリクサーによる
陶酔感があったからです。

David: OK。

Corey: それは覚めてきていました。
かなり早く消えていきます。
私の周囲のアンシャールは
興奮しだしました。

フライング・ソーサーには
40人の代表者がいました。

David: フ~ム。

Corey:
そして、私たち全員が大規模な
会議室に入りました。
会議の次の段階を待つため、
半円形に並びました。

David: スーパー連盟会議の
部屋とまったく同じように見えましたか?

Corey: そうです。
しかし椅子が全くありません。

David: では、
半円形に並んでどうなりましたか?

Corey: 私は部屋を
横切る様に歩いてマイカに会いました。



その途中にティア・エールと、
ゴールデン・トライアングルも居ました。



ティア・エールは、
一人で現れただけではなく他にも
ブルー・エイビアンズが来ていましたが、
ティア・エールの隣に立っていたわけでは
ありませんでした。

David: 明確にしましょう。
マイカは、地球上の私たちが
南アメリカのオルメカ(文明)として
知られるグループを代表していると、
あなたは言っていました。

Corey: はい。

David: オルメカグループが
誰であるか、
そして私たちとの関係は何ですか?

Corey: はい。地球の歴史上、
何度も何度も他の惑星から、
難民がやって来ています。

彼らは時々何世代にもわたって
この地球で過ごすことになります。
それがマヤ人です。

しかしオルメック(オルメカの複数形)達は
彼らの太陽系に重大な問題が
発生した時に、多くの人たちを
地球に連れてきましたが、
その後(故郷へ)戻っていきました。

David: 戦争のような問題ですか?
それが何だったか知っていますか?

Corey:
何が起こったかは知りません。
彼らの星系では、戦争や何か
狂ったことが起こっていた
可能性があります。

David: 天変地異ですね?

Corey:
それは天変地異だったかもしれません。

David: OK。

Corey: 天変地異が起こった時に
地下に逃れていたという話が、
ネイティブアメリカンにあります。

彼らはポータルシステムを通って
別の惑星に行き、
難民として過ごしたかもしれません。

David: それで、オルメックは
なぜ巨大な石の頭を作って、
地面に埋めるのか。
彼らから聞いたことはありますか?



Corey: いいえ。

David: OK。
でも何人ぐらいがここへ来たのかは
知ってますか?

Corey: 何千人単位です。
何千人かの人々が数万にまで増えました。
そして全員が太陽系近隣52恒星系
の内の最も近いかどうかは解りませんが、
近い星系に戻りました。

その星はほとんど海洋の星で、
主要な大陸が一つと、
複数の島があります。

David:
さて、あなたはこのショーで以前に、
彼らが私たちの
特別な存在になった理由は、
彼らの惑星でドラコの支配を
打倒したということです。

私たちの視点から見て、それは
いつ頃起こったのですか?

Corey: そうですね、
マイカの3世代前で、彼らの寿命は
300年と言われています。

David: 約900年ですね?

Corey: はい。

David: あなたがマイカの方へ
歩いて行った時に、ティア・エールと
ゴールデン・トライアングルヘッドが
3次元化して現れていたわけですが、
その後はどうなりましたか?

Corey: 私は立ち止まり、
ティア・エールを見ました。
ティア・エールはマイカの方へ進んでいて、
彼らが何人いるか数えてほしいと
私に言いました。

それで私が数えると、彼らは
52人いました。

David: その人々は
全てオルメックでしたか。
それとも別の種族もいた?

Corey: いいえ、彼らは
いろいろな種類の人間であり、
そのほとんどは白人では
ありませんでした。

彼らはオリーブの肌、茶色の肌など、
日焼けした肌の持ち主もいました。

しかし、
彼らは地元の52人の代表者でした。
そして彼らは基本的に私たちの
宇宙のいとこです。

彼らは人間であり、別のタイプです。

David: OK。

Corey: そして、私が以前の
会合で言われたのは、これらの代表者が
現在スーパー連盟の評議員に
参加することになっているということ…

David: オウ!

Corey: …私たちと同じポジション、
彼らと私達です。

David: それを、
明確にしたいと思います。
スーパー連盟の一員になった今、
何をしなければならないのですか?
以前は…私たちは何も顕現がなかった。

Corey: 22の遺伝子実験は、
もはやスーパー連盟の物ではありません。

私たちは、私たち自身の遺伝的および
霊的発達の管理顕現を
与えられています。

David: それは私たちが選択すれば
遺伝学によって能力を拡大できることを
意味しますか?
私たちが好きなやり方でDNAを
改変することがでるのですか?

Corey: はい。
そして私たちはそうします。

アンシャールのタイムラインでは、
彼らが22の遺伝子実験について
学んだあとに、それに抵抗します。

彼らはそれを上書きして、
私たちのDNAをハッキングし始めます。

それはコントロールから外れて、
私たち自身がより純粋な形に
発展し始めるようになります。

人種差別的だと、多くの人に
聞こえるのは分かっていますが、
明らかに、私たちは信じられないほど
激しく開発する期間を経ています。

私が人数を数え終わると、
私は彼らと一緒に立様に指示されました。

それで私は、その52人の
一団に加わりました。

David: フーム。

Corey: 私がそこに立っていたとき、
マイカは私を彼の周りの人々に
素早く紹介していましたが、私たちは
あまり時間がありませんでした。

David: さて、あなたはこの星団の
52の恒星系と言いました。
その52人の人間と関係はありますか?

Corey: はい。
それぞれがこれらの星からの代表者です。

David: オウ! 了解です。

Corey: 彼は素早く私を
周りの少数の人に紹介していました。
そして、彼は、ここに居るそれぞれが
ガーディアンによって選ばれたと言いました。

彼らはそれぞれ、ブルー・アビアンズや
トライアングル・ヘッドと接触していて、
私が惑星系で経験したのと、
同じ様な経験をしています。

David: あなたが前に言ったように、
オルメックがブルー・アビアンズや
トライアングルと連絡を取り合っていて、
このグループのそれぞれが、
彼らから連絡を受けた人々であれば、
ブルー・アビアンとトライアングルが
現れれば非常に興奮するでしょう。

Corey: はい。
これは誰もが喜ぶ大きな瞬間でした。

私がマイカと話していたときに、
見渡すと、行列が始まっていました。
そして、さまざまなアンシャールのグループが
ティア・エールとゴールデン・トライアングル
に歩み寄り、お辞儀をしました。

何らかのコミュニケーションを取って、
彼らは離れます。
彼らは一列に並んでいました。

David: フ~ム。
彼らが既存のガーディアンと会った後、
次に何が起こるでしょうか?

Corey: センチネルが現れます。
そして、私は奇妙な感じがしました。



他の次元あるいは他の世界からの
投影のような感じです。



David: あなたが金星へ行った時
の話と、一なるものの法則とを
合わせて考えると、金星は20億年以上
前の古代ビルダー種族の故郷の地で
あるようです。

これらのセンチネルは、何十億年も前の
文明と何とか関係していたかもしれません。
それを説明できますか?

Corey: はい。彼らは金星残っている
技術の守護者でした。

David: フ~ム。

Corey: なので、先ほど言ったように
月の次元から投影された様でした。

彼らはすぐにガーディアンとのやりとりを始め、
部屋の中でそれが始まりました…
彼らのまわりで、奇妙なストライプや
光の流れが、飛び回って消えていきました。



最初はゆっくりと始まり、それが受け入れられ、
どんどんと早くなり、最後は止まりました。

David: 光には色がありましたか?
それは実際どのように見えましたか?

Corey: そう、それは全ての色が入った
虹色でした。

David: フ~ム。

Corey: 完全に全色入った虹です。

David: それが行われていた時は
どんな感情を持ちましたか?

Corey: 私は畏敬の念でした。
部屋の誰もが畏敬の念を感じていました。

我々は何が起こっていたのか
分りませんでしたが、
それがガーディアンと連絡を取る方法です。

David: 次に気付いたことは何ですか?

Corey: この会話が終わると、
皆がガーディアンを中心に
大きな円に並びました。

私たち全員はこの輪の中に居ました。
そしてティアエールが再び私に
媒介になるよう言いました。

David: フ~ム。

Corey: そして、いつものように、
彼は「無限の創造主の愛と光の中で」
と偉大な言葉を発します。

そして、出席者全員に対て、
新しいガーディアンが来ていると述べ、
太陽系にはブルー・スフィアはもう必要ない
程十分な移行を行ったと述べました。
そして、それらは消え始めています。



それと同じことが、私たちの太陽系外縁部の
バリア―でも起こっていました。
それは段階的に廃止されました。
それは基本的には消えました。

David: 本当ですか?

Corey: ガーディアンの話では、
バリアが消えた後に、
銀河連邦のバリケードが敷かれています。
それが無ければレプタリアンや他は
船で逃げていきます。

David: さて、ブルースフィアが
以前のあなたのお話のように、
巨大なテクノロジーまたは生命体…

Corey: 生命体です。

David: それが来たのは、
2012年12月21日のマヤ歴の
終わりの日に、ソーラーフラッシュが起るのを
止めるために太陽系へ来たようです。

もしスフィアが消えているなら、なぜ
ソーラー・フラッシュは起らないのでしょう?

Corey: それらはソーラーフラッシュを
防止はしていませんでした。
それらがしていたことは、ソーラーフラッシュに
近くなって、私たちが通過している
宇宙の高エネルギー帯により、
太陽からますますエネルギーが
流れ始めるでしょう。

これらのスフィアがしたことは、エネルギーの
共鳴システムのように機能し、
エネルギーを減衰していたことです。

それらがなくなり、私たちはこれらの
エネルギーの波を直接受けています。

私が聞いた話しでは、太陽の活動の
極小期が終わる10年から11年後に、
私たちの星は強いエネルギーに晒され、
主要な変化が起こるようです。

David: ということは、
2027年か2028年頃になりますね?

Corey: その頃です。

David: OK。では何らかの
公式声明を出す必要がありそうです。
なぜなら、あなたは以前に2023年に
重点を置いていました。

それで私は、2023年か24年に
ソーラーフラッシュが起こると
信じていました。

それでこの27年から年ウィンドウと
23年から24年までのウィンドウの違いを
明確にすることができますか?

Corey: 私は、23年、24年が
開示情報のすべてが成される可能性が
高い時期と思っています。
いくつかの混乱があると思います。

David:
それはフル・ディスクロージャですか?

Corey: これは、フル・ディスクロージャと
多くのイベントです。
ソーラーフラッシュの始まりであり、
ソーラーフラッシュ本体ではありません。

最大のフラッシュイベントまで続く、
フラッシュがあります。だから…

David: それらのフラッシュが
何年もの間に起こるかもしれないと
いうことですか?

Corey: はい。

David: 本当に?

Corey: それはすでに始まっています。

David: でもまだ35の古代言語で
言われているような、フラッシュ・バルブが
ピカッと光るように、太陽系全体
が明るくなることは起ってませんね。

Corey: 大きな最大のイベントに
つながるも(小さな)のがたくさんあると
言われています。

David: ワオ! おそらく、それらの
大きな明るいフラッシュの最初のものが
2023年か2024の範囲で
起こるということですか?

Corey:
それはすでに始まったと言われました…

David: フ~ム。

Corey: …低いレベルから
積みあがっていくんです。

David: オウ。 なるほど。
明らかにしたいのですが、2023年か、
2024まで完全なディスクロージャが
ないとすれば、それまで6年もあります。
その6年間に何が起こるでしょうか?

Corey: まあ、それは私たち次第です。
計画は、私たちに
ゆっくりと情報を伝えることですが、
戦場で生き残る計画無いと言われます。
(つまり予定通りに行くわけないと言っている)
その時代に何が起こるかは
誰が知っていますか?

私たちには非常に迅速な情報の開示
もあれば、新しい情報なしでしばらく
進むこともあります。
どのように起こるのか誰が知っていますか?

David: 以前のエピソードで、
ドラコが実際に惑星を支配する、
ネガティブなタイムラインになるかもしれない
と言わてた時、
多くの視聴者は本当に心配していました。

しかし、この一連の更新を通じて
私たちに伝って来たのは、その可能性は
なくなったことを示しています。

Corey: その通り。

David: 説明してきださい?

Corey: ええ、私たちは間違いなく
ポジティブなタイムラインに乗りますが、
最も最適なタイムライン、または他より
少しだけポジティブなものになるかは
私たちの責任です。

David: OK。

Corey: しかし、それは正しいです。
私たちのタイムラインでは、ドラコによって
作られたルールが存在しないところまで
変化しました。

David: だから、今、ブルー・エイビアンズが
あなたを介して話しているところによれば、
巨大な球が消えて、外壁が消えて、
今は銀河連邦が我々の空域を
守っていると言うことです。

それはどういう意味をもちますか?
今後どこへ進むのでしょう?

Corey: まあ、私は、この封鎖によって
唯一の逃げ道が、宇宙のWeb
(くもの巣状に広がっている)である
ポータルシステムを通る事だと聞いています。

しかし、以前にも述べたように、
それは高いレベルで完全に監視されています。
これらのポータルを通っても
追跡できない場所はどこにもありません。

彼らは、今ポータルを通って脱出した人は、
残りの人生全てを追われる事になる。
と言っています。

David: 私がピート・ピーターソンと
行った最近の会話では、
「アメリカ人は銀河の全部にいる」と。
UFO隠蔽のあるレベルまで調べれば、
そうですよね?

その人の中には善良な人ではない
人もいると思います。
彼らはカバル側のSSPです。

地球上にまだ残っているカバルに、
銀河系全体に分布している
他のグループが再び参加することを、
止められるのでしょうか?

Corey:
銀河連邦によりブロックされています。

David: だから、他のグループは
まだ存在するかもしれませんが、
誰も彼らに合流出来ない。

Corey: その通り。

David: 彼らがここに戻って来て、
私たちを侵略しようと思うかもしれないと
思いますか?

Corey: いいえ。
封鎖されているので、方法はありません。

David: フ~ム。
イメージが良くわからないので、
この銀河連邦のバリケードの様子を
もう少し詳しく教えてください。

Corey: 彼らが基地や船を置いて、
太陽系への出入りをブロック
しているのだと思います

David: あなたがそこに見た
52の種族、その話をしているときの
彼らの役割は何ですか?

Corey: まあ、私たちは目撃者
であると言われました。
私たちはそれぞれの
集団意識のための導管であり、
グループのそれぞれは、
惑星系についての集合意識の代表でした。



私が目撃して受け取っていた情報は、
この太陽系における
集団意識のためでした。

彼らは、52人全員私を含めて53人が
銀河連邦からの転生だと言われました。

David: フ~ム。

Corey: この銀河連邦は
何度もそれぞれの恒星系の宇宙の波を
乗り超えるサポートしてきています。

私たちはまた、
私たちが奉仕している惑星には、
数十万人のワンダラーが、
私たちの魂のグループからそこに
転生していると言われました。

私が生まれた銀河連邦のグループは
数十万人で来ているので、私の活動は
特別なものではないんです。
私は数十万人のうちの一人にすぎません。

David: 今の地球上の人生に
どのように影響していますか?
あなたはこの目撃をしています。
それは私たちにとって何を意味しますか?

Corey: 生活に影響は何もないですね。
精神と意識のセンスです。

David: はい。

Corey: それこそがすべてです。

さて、その様な話をしていましたが、
異なるグループがやってきます…
センチネルがガーディアンと会った後に、
新しいガーディアンが来ることを
全員に伝えるようにと言われました。

そして、突然、前に見たことがあった、
以前に感じたことがあるような、
それとは少し違いますが、
大きなフラッシュがありました。

フラッシュされたときの光は、
「ヴー、ヴー、ヴー、ヴー」
という感じの明るい青白い閃光でした。

David: フ~ム。

Corey: そして私たちは、
体内のすべての分子すべて、
小さな分子が振動していると感じました。

それは「ジーーーーーー」の様に…
私は体じゅうが振動していると感じました。

そして、2人の新しいガーディアンが
ティアエールとゴールデン・トライアングルに
向き合って立っていました。

部屋は何千もの青いオーブでいっぱいです。
そのシーンは圧巻でした。



David: そして新しいガーディアンは、
どのような見た目をしていましたか?

Corey: 今はまだ、新しい
ガーディアンについて詳しく説明したり、
話したりしてはいけないと言われています。

David: 次に何が起こりましたか?

Corey: ティアエールは私に
もう一度みんなに呼びかけて、と言いました。
ブルー・エイビアンとゴールデン・トライアングル
はもはや物理的な形で私たちの前に、
現れなくなるという事でした。

そして今後は、私たち同じソウルグループ
からの転生組には夢の中でコンタクトし、
引き続きガイドしていくと。

彼らは私たちに、自分自身で
夢の仕事にもっと関わってくれるように
教えるつもりであることを伝えました。

どうやら、私たち53人の目撃者は、
夢の仕事に携わり、地球人にも
夢の中の教室で教えていたようです。
これが増えていくと思います。

私たちのハイヤーセルフは、
これらの出会いや教室の記憶を
拭っていました…
環境が変わって、これからはもっと
覚えているようになるようです。

David: ブルー・エイビアンズは、
一なるものの法則の源泉に見えます。
そしてその法則で、
私たちが大変困っていたので、
私たちを助けるために6番目の密度から
5番目の密度に降下しなければ
ならなかったと言います。

では彼らは6番目の密度に
帰るという事でしょうか?

Corey: はい。

David: それは非常に興味深いです。

Corey: はい。
ええ、彼らは彼らが彼らの領域に
戻っていくと言いました。

David: ワオ! それは大問題だ。

Corey: そうです。ティアエールは、
人類は大覚醒を経験していくので、
自分自身の意識のルネッサンスの
瀬戸際だと言いました。

それは私たちが今直面していることです。

そして、新しいガーディアンが、
私たち自身が運命の管理者であることに
順応し、地元の52人の代表だけでなく、
スーパー連盟のメンバーと一緒に働くのを
手助けするために、ここに来たと言われました。
私たち自身がすべてを管理するのを
手助けしてくれます。

David: 彼らが去ることについての
悲しみありましたか?

Corey: いいえ。新しいガーディアンの
到着に興奮していたので。

それが終って、ティアエールは、
スーパー連盟で私が伝えていたのと
同じことを皆に伝えさせました。



彼の最後の言葉は
「全てのために、一なるもののために」です。

そしてゆっくりとフェイドアウトして
目の前から消えていきました。



ティアエールが姿を消した後、
私たちは新しいガーディアンズ聞いたこと、
彼らが伝えたことです…

彼らが何を言ったかは、
伝えることはできませんが、
彼らが伝えた唯一のことは、
グループが一緒に働く方法についての
宇宙の基本的なルールでした。

David: 53人の代表者グループですか?

Corey: それとスーパー連盟です。
新しいスーパー連盟を形成するための
基本的なルールです。

そして、彼らがそのルールを伝えた後、
彼らはさよならも言わずに、
ただ姿を消しました。

David: このルールについて何か
共有可能な事はありまsか?

Corey: まだいう事は許されていません。
新しいガーディアンからのすべての情報は
今のところ秘密にしなければなりません。

David:
どのようにこの部屋を離れましたか?

Corey: 新しいガーディアンが
姿を消した後、それぞれの52人の代表者、
証人たちのすべてにブルー・スフィアの
迎えが来ました。

David: オウ。

Corey: その後見ると、
アーリーが私に向かって走ってきます。

彼女はとても興奮していました。
彼女は私をきつく抱きしめ、私の服が
入った茶色の小物入れを開きまし。

彼女は私の服を取り出し、向こうの方を
指さして着替えるように言いました。

David:
JCペニーを着なくてよかったんですか?

Corey: いいえ。

David: はは。

Corey: はは~。
すぐに着替えると、ブルー・スフィアが
家に送ってくれました。

それで家に数日振りに帰ったわけですが、
時計を見ると10分しかたっていません。

David: オウ、ワオ!

Corey: 私はたった10分間の
「遭遇」を経験したことになります。

David: とても素晴らしい
お話を聞くことが出来ました。

それではコーリー、またここへ来てくれて
ありがとう。再度お礼を言います。
そして視聴してくれた皆さまもありがとう。

「コズミック・ディスクロージャ―」
番組ホストはデヴィッド・ウィルコック
コーリー・グッドとお送りしました。

ご視聴ありがとうございました。

* * * * * * * *
Cosmic Artists:

Arthur Herring
Daniel Gish
Vashta Nerada
Rene Armenta
Charles Pemberton
Steve Cefalo
Stellan Tonring

この記事は
https://spherebeingalliance.com/blog
に掲載されている「コズミック・ディスクロージャ」を転載/翻訳したものです。
翻訳:AK-system


2018-04-21 / 810PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト