太陽系内に何千と存在する謎の球体!!【コズミック・ディスクロージャSeason1,Episode5】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


太陽系内に何千と存在する謎の球体!!【コズミック・ディスクロージャSeason1,Episode5】

原文:Cosmic Disclosure:
WE ARE ONE
翻訳:AK system
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemnの記載もなしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします。


Season1,Episode5


DW :
オーライ、番組へようこそ。
番組ホストはデイヴィッド・ウィルコックです。
そしてインサイダーの中のインサイダー
コーリー・グッドとともにお届けします。

このような分類には、さまざまなレベルがあります。

階層を上って行くと、
誰もが「あなたの知っていることは、すべて知っている。」
と思っていることを知ります。

それは何年にもわたって本当に驚くべきことでした。

- 私は自分の足を自分の口に入れたくないが -
(訳注:問題発言するわけじゃないけど、という意味)

しかし、スターゲイトやポータル、
反重力や地球外生命のような
非常に宇宙現象に曝されているときに、
これらの人たちはどうして無知なのか、
彼らは本当に「大きな絵」を
描けていない場合もある。

霊性の構成要素、世界で宗教を作った
地球外生命の訪問など。

そして、コーリー、私はこれらの球体が
何人かの内部関係者から
私たちの太陽系に入って来たことについて
聞いたことがあります。

明らかに、これは本当に壮大な、
大きな問題です。

誰もこのサイズのものが存在するとは
考えていませんでした。
なぜこれらの球体が私たちの太陽系に来たのか、
あなたの理解は何ですか?

彼らは何を望んでいるのですか?
彼らが来るとどうなりますか?

CG:
彼らはかなり長い間ここにいました。
彼らは非運用モードになっています。

彼らは、観測モードで、80年代後半と
90年代の間に来て、
その後2011/2012年頃に
データ収集を始めたのではないかと思います。

明らかに何か来ていました。
何かが起こって、
彼らは操作モードに移行しました。

秘密宇宙プログラム、そして地球上の
いくつかのプログラムや
ブラック・オペレーション・プログラムでさえ、
我々の銀河が入っている、
宇宙の領域を研究していたことが
判明しました。

彼らが「スーパー・ウェーブ」と呼ぶ、
それはエネルギッシュな粒子の雲でした。

そして、彼らはそれが私たちの太陽系と
太陽に直接影響を与えることを
知っていました。
そして、実際には、太陽の変化と、
すべての惑星の変化が、
少なくともその時期以来、
起こっていないと思われます。

そして、これは私たちの太陽系の
バックグラウンド─エネルギーの
ゆっくりとした変化でした。

それらは、私たちの太陽系に
響き渡っている振動エネルギー波です。

これらの球体は、われわれの
太陽系全体にわたって
等距離に広がっていて、
何千ものそれらのエネルギー波が
衝突して振動している何らかの
「共鳴緩衝装置」として
働いています。

エネルギーが地球上の生命にとって
有害でないか、または太陽を
激しく激しく爆発させ、破壊的なCMEや
そのような事態を引き起こさせないよう、
それらのエネルギーを均等に拡散しています。



DW:
あなたは球体が、
実際どのように並んでいるかを
見せてもらいましたか?

CG:
それは私のために、
配置を見せてはくれませんが、
私が球体に乗っているときにには、
球体の壁を通してコミュニケーションすれば、
離れたところにある他の球体を
見ることができ、
何千も等間隔に広がっています。

DW:
それらは色を持っていますか?
あるいはどんな色?

CG:
さて、それらは私が乗っている球体の
壁を通してインディゴブルーや
ブルーに見えます。

球の外からは見ることはできません。
位相がずれているからです。
私たちが探知機を送ったら、
おそらくそれらを通過するでしょう。

DW:
私が関心を寄せるもう一つの事は、
等間隔であり、3つのサイズが
あるとあなたが言ったことです。

月があります。
海王星と木星があります。

それらがお互いに等間隔であならば、
それはより大きいものが
より多くのエネルギーを吸収するために、
太陽の近くにあるとか、
そこに異なるサイズの
理由があるのですか?

CG:
なぜサイズが違うのかは解りません。
私は大きいものがガスの巨人(木星)の
近くにいることを知っています。

それらのうち最大のものは月のサイズです。
それらが等距離に広がっています。

大きいものが木星の近くに、
そしてガス・ジャイアント(木製)の先
オルート雲まで広がっているようです。


それが私の推測でしょうか?
大規模、中規模、そして小さい物は
遮蔽の一種かもしれません。
しかし、それは私の推測です。

DW:
最近現れたスフィア・ビーイング(球体の人)は
現れる前に、常に私たちの政府に、
連絡を取ろうとしているという、
証拠の様なものはありますか?

CG:
私が直接知っているわけではありません。
彼らは歴史の中で3回、
人間とコミュニケーションして
同様のメッセージを伝え、
特定の人々に詳細な情報を与えました。

しかしその人々は、それを宗教に変えて、
情報を完全に歪めたと、
私に言いました。

しかし、彼らが政府と
直接接触していた時期はわかりません。
50年代には、私たちは
あらゆる存在からの連絡を受けていました。

彼らの中には、私たちが核兵器を排除し、
軍隊の人々が好まなかった、
「ヒッピーのメッセージ」を届けたい、
という人達がいました。

彼ら(軍人)は核兵器を
排除したくはありませんでした。
彼らは、武器に転用可能な、
多くの技術を見つけたかったのです。

DW:
それをダブルクリックしましょう。
そのメッセージにもう少し
触れることができますか?
1950年に現れた人たちは誰ですか?

CG:
まあ、「ザ・グレイ」に似ていると言われ、
彼らは「ザ・ブルース」と呼ばれていたが、
彼らは非常に背の高い存在です。

私はそれらについての記述を読みました。
彼らは非常にラブアンドヒッピー」のように
記述されていました。
 
そして、彼らは私たちが行っていた決定、
私たちが関与しているグループ、
原子力と核兵器の危険性、
そして私たちが進もうとしていた道を、
私たちに警告しようとしました。

そして、私たちは無意識のうちに
彼らをやり過ごしました。

DW:
彼らのメッセージの点で「ザ・ブルース」と
「ブルー・エイビアンズ」の
類似点はありますか?

CG:
彼らのメッセージと彼らの一般的な
考え方には非常に密接な
関係があるようです。

私は彼らが正体を見せていない
2つの「スフィア・ビーイング(球体の人)」の
一つであると推測しても遠くはないでしょう。

私はそれらの2つが誰であるか分かりませんが、
もし彼らがそうであることが判明しても、
私は驚きません…

DW:
私たちが核兵器を放棄すれば、
彼らは何を得るのでしょうか?
彼らは何らかの開示を望んでいたのですか?

CG: はい。
彼らの望みは「フル・ディスクロージャ」です。

彼らは、私たちが軍事主義を諦め、
当時の私たちの生活様式である
戦争と引き換えに、
平和な技術を提供する用意がありました。

私たちは第二次世界大戦を乗り越え、
冷戦に深く深く入り込んでいきました。

そして、彼らは、「芽を詰みたい」と
思っていたものを見ました。

そして、地球を支配していた人々は、
その道とは全く関係のない事を望んでいました。
彼らはより多くの力とより多くの武器、
より多くの技術を持ちたいと考えました。

そしてそこに「他の存在」があって、
それを持つことが出来できて幸せでした。

DW:
だから、これらのブルー・エイビアンは、
正確に何がアジェンダでしょうか?
なぜ彼らはここにいると思いますか?

CG:
彼らは救い主ではないという
メッセージを出しました。
彼らはここに来て、すべての悪者を
逮捕したり、取り除いたりするのではない。

彼らのメッセージは基本的に、
私たちが持っているメッセージと同じです。
地球上の宗教の教義と基本は同じです。
基本的に黄金のルールに似ています。

彼らは、太陽系が揺らいでいる
バイブレーションの変化のために、
振動を上げ意識を高めることに
集中すべきだと述べました。

DW:
だから羽根や天使のような
鳥の形を選んだ理由があると思いますか?

CG:
何も思いつきません。
私は彼らがなぜそのようなフォームを
選んだのか分かりません。

DW:
彼らは彼らがそのような形になる必要はないと
あなたに伝えましたか?

CG: はい。
彼らが質問に答えるときに述べたことの一つは、
どんなタイプの運搬も必要ないということでした。
彼らは宇宙船を必要とせず、技術を必要としません。
彼らは意識、高い振動、
高い密度のタイプの存在です。

彼らは意識によって、そのように考えるだけで、
自分の位置を変えることができます。

DW:
あなたが代表団を迎えたとき、
あなたが代わりに話していた最初の会合では、
部屋の後ろに現れたと言いましたか?

CG: その通り。

DW:
インテリジェントな文明が、
その様なことをするのは普通ですか?

CG: いいえ。
通常はテレポーテーションを
使用していても、何らかの技術が
関与しています。

DW:
だから、明らかに私たちはメッセンジャーとして
あなたを選んだので、
絡み合った場所にいるのです。

明らかにあなたは普通の人ではありません。
私が知っている誰も、
誰が宇宙に行っているのか、
誰が前に出て喜んでいるのかは
分かりません。

あなたはこれが、
あなたの人生で起こったのです。

なぜあなたはそのような珍しい人生を
持っているのか、彼らは何も言いませんでしたか?
あなたは前からその様な人と
つながっていますか?

CG:
ロウ・ティア・エールと私が呼ぶ鳥人間は、
私が彼らの魂のグループから来たと、
私に知らせました。

そして、私がここにいた理由は
私が自分で選んだのです。

DW:
彼は魂のグループの意味を
説明しましたか?

CG:
選択された理由、選択された目的のために
地球上にワンダラーズ(放浪者)と
スターシードがいます。
そこにはスターシードとワンダラーズの
さまざまな定義がたくさんあります。

そして、私の場合は、
定義はそのように見えました。

私はその間に彼らの飛行機に乗っていましたが、
私に知らされていませんが、
私はこの生涯はこの目的のために来ました。

会話やコミュニケーションの中で、
彼らは、私が自分自身をどのような種類の
教祖としても提示しなかったこと、
あるいは私のエゴをあまり発展させずに、
メッセージを完全に宗教にしないようにする
必要があると言いました。

私たちはメッセージに焦点を当て、
意識を拡大し、振動を上げることに
焦点を当てる必要があります。

DW:
これを見ている人々の中には、
あなたがこの地球外エリートの一員だと
思う人もいるかもしれません。

地球上の人々は、
これらのより高いつながりを持ち、
グループソウルを持つ人もいます。

CG:
今ここに目的のためにいる人々の数は、
驚くべき数字です。
80年代には6000万人以上だったと聞きました。
ここにいるスターシード、
目覚めなかったワンダラーズ(放浪者)の
数は膨大な数です。
私一人ではありません。

DW:
スターシードやワンダラーズではない
他の人たちはまだ自分自身の
魂を持っていますか?

CG: うん。
誰もが魂を持っています。

DW:
まあ、ほとんどの人はそれを知らない。

CG:
多くの人々がこれらの地上の人間に
訪問や接触をしていますが、
これは目覚めのプロセスが
起こっているのです。

DW:
人々を目覚めさせるために
使用されている方法のいくつかは何ですか?

CG: 夢です。

DW:
夢にはどんなものがありますか?

CG:
まあ、夢の中でこれらの存在と、
コンタクトする夢を見ていると
報告している人がたくさんいます。

彼らは教室にいる夢を見ているだけで、
教えられていることを意識して
覚えていないかもしれないですが、
教室にいることは夢で見ています。

しかし、彼らは別の人々のグループと
教室にいるという思い出を持っています。
夢を通して多くのことが起こっています。

DW:
彼らのメッセージでは
魂がどれくらい重要ですか?

CG:
まあ、魂とハイヤーセルフの結びつき、
それが私たちの大部分です。
意識的な目覚めの自己、
今私たちが会話をしている自分は、
実際に私たちのごく一部です。

私たちは多面的な存在です。
多くのレベルで非常に多くのことが
起こっています。

これは、いくつかの存在と私との
コミュニケーションからの
私の個人的な見通しです。

私たちは意識的な自己を持っており、
私たちは潜在意識と自己を持っています…

ハイヤーセルフの背後にはソースがあり、
私たちはみなソースから来ているので、
断片化したソースを持っています。

そういうわけで、私たちはすべてが一つです。

DW:
では彼らは、私たちに「一なるものの法則」を
教えるためにここにいるのですか?

CG: そう言えると思います。

DW:
11:11を見る人はどうですか?
それはできますか?同期性はありますか?

CG: うん。絶対に。
それらの同時性?
私は30年以上にわたり、
そのような同時性を見てきました。

私は時計を見上げると、11:11、
11:33、3:33を見ます。
その多くは、あなたが正しい道を歩いているか、
目を覚ます道にいるかということを
同期で伝えています。

あなたがそれに気付いているなら、
それが良い兆候だと思います。

DW:
それで、あなたは私たち個人は皆、
ある種の普遍的な心の一部であると
説明しているわけですね?

CG: その通り。

DW:
詳細をもう少し説明できますか?
彼らはあなたにそれを視覚的に
表現したことはありますか?

彼らはあなたに思考や感情を伝えましたか?

その情報はどのように伝達されたのですか?
また、皆がひとつの情報源から来ているとすると、
このアイデンティティーのソースは何ですか?

CG:
そう、彼らは私たちはすべて1つだと言いました。
私たちは皆ソースから来ています。

DW:
彼らはそれが何であると言いましたか?

CG:
彼らは言いませんでした。
しかし、私は子供だったので、
奇妙なことを言う子供でした。

私は5歳か6歳の珍しいことを言う子供です。
私は自分のお母さんに、
私はあなたであることを知っていますか?
あなたは私だった?

私はおじいちゃんだった、彼は私のものだった?
そして彼女(母)は私を見て、
身体的に不可能だと言っています。
私は言う、いいえ、私たちはすべて同じです。
私たちはすべてお互いになってきました。

そして、彼女は、まあ、どうすれば、
私たちはお互いに同時に存在できるのだろう?
そして、私は彼女に言います。
時間は重要ではありません。
経験だけが重要です。
それは彼女に関係しています。

祖父と私はそれについて話をしていました。
彼は私とユーモアを交えて、
それについて長い間会話をしていましたが、
私の年齢の子供にしては異例の会話でした。

しかし、親たちがそれを聞いて励ましてほしい時に、
そのような洞察力を持つ子供が
間違いなくたくさんいます。

DW:
彼らが宗教に変わったと言っている、
私たちを助けようとした多くの試みでは、
彼らは瞑想を強調しているようです。
それと関係はありますか?

彼らは瞑想と「普遍的な心」について
何か言いましたか?

CG: はい。
祈りと瞑想は、
あなたのバイブレーションを高め、
あなたの意識を高めるのを助けます。

ですから、あなたは祈りや瞑想を通じて
それを行うことができ、
瞑想は非常に重要です。

それはおそらく少なくとも毎日1時間位は
するべきです。

DW:
彼らは具体的に言いましたか?

CG: いいえ。それは…

DW:
それはあなたの理解ですか?

CG: うん。
それは私の個人的な意見です。
集中して一日一時間を瞑想すると、
私は、より多くの愛と許し、
すべてにリアクションしないという
難しい道を歩くことができるような、
多くの焦点と能力があることに気付きました。

私たちがこの世界に巻き込まれたとき、
9〜5の世界は、私たちを非常に反動的にし、
物事の引き金を引く世界です。

そして、祈りと瞑想を通して
意識を高める事にもっと時間を掛けると、
他の人に奉仕することや愛と寛容に
もっと集中するツールになります。

DW:
その瞑想的の練習は、
私たちが住んでいる現実を
共創するのに役立つのですか?

CG: はい。
私はそれが何度も繰り返された実験で
証明されていると思います。

あなたが言及したことの1つでは、
7,000~10,000人が犯罪を瞑想し、
実際に犯した実験があります。

DW: はい。
世界中の72%がそうです。

CG: 72%。
特定のタイプの酵母や何かを入れたペトリ皿に、
嫌悪思考を持つ場合と、
愛する考えを瞑想したり考える人。
その2つの違いを追試できます。

それは科学です。
あなたは何が起こっているかを
反論することはできません。
意識は肉体的現実に影響を与えている。

DW: まあ、それも大衆ヒステリーですよね?
大勢の人が集まり、
少数の人々がパニックを起こすと、
パニックが広がる可能性があります。

CG: はい。
人類は非常に幅広い感情を持っており、
それは祝福と呪いです。

それらの感情を制御し集中させることを学び、
意識を集中的にコントロールしていくことで、
私たちが共有している大衆意識に
もっとアクセスできるようになります。
私たちが好きな現実を創造できます。

そして、人々がすべてバイブレーションである
という概念を私が聞いたことを知っていますか?
私たちの考え、私たちの背後にあるすべての
物理的なアイテムは光です。

それは私たちの認識に対して、
しっかりとしているかもしれませんが、
それらはすべて振動の状態です。

そして、私たちの意識は、実際の
物理的な物質上の現実に
影響を与えることができます。

彼らは、他の人々の考えや感情に、
エネルギーに影響を与えることができます。

DW:
インターネット上で人々が言っている
コメントを見ると、
「コリー・グッドは、私たちを安心感に
惑わせています。」

これはカバルのPsy-Op(PSYオプション・心理作戦)で、
彼らが選んだメッセンジャーを通じて、
すべてを手段が取れると、彼らに伝えています。
彼らは秘密のカルトや物事の中であなたを非難しています。

彼は単に私たちに緩和剤を与えようとしているだけです。
彼は私たちに小さなロリポップを与えようとしています。

あなたは軍事産業群のために、
「ハーメルンの笛吹き男」と言っている
これらの批評家にはどう答えますか?
私たちは誤った安心感を世間にもたらします。

CG:
私は多くのネガティブ勢力の中で、
知らずにバイブレーションを起こし、
愛と赦しのメッセージを出そうとする
ネガティブから抜け出すことができる人を、
もっと認識するようになります。

ネガティブ勢力は、あなたが光を照らし、
それを知ることを望んでいません。
彼らはあいまいに隠れたがっています。
私は、彼らの一部に光を送り、
彼らを幸せにすることは間違いありません。

DW:
人々は彼らが真実を伝える必要があると考えていて、
隠れ家から出てオープンにしなければならない。
それは彼らの魔法の一部です。

CG: それです。

DW: OK。

CG:
それは彼らが、私たちに対して
共同創造意識を使用し、
彼らが科学を隠してきた方法です。

科学では、ある科学的実験を観察すると、
それを観察することで、
結果が変わることに気づきました。

そして、それについて多くの研究があり、
彼らはそれを隠しており、
彼らはそれについて話をしません。

彼らは私たちへのツールとして
それらを使用しているため、
私たちが共同創造的な
意識的能力について知ることを
望んでいません。

ですから、私たちが意識を解放すれば、
ネガティブな勢力が私たちを奴隷にする
道具を取り除いてしまいます。
私たちは自分自身を解放する
道具を持っています。

DW:
しかし、ほとんどの人は、メディアがいつも、
地球上で最も否定的なことを見つけているので、
メディアの影響は非常に大きいと言います。
それはいつも恐怖です。
出血は最も効果的です。

しかし、懐疑的な人たちは、
人間は恐怖に対して反応するので、
メディアは自然にそうすると言います。
問題を探して修正しようとしているのだと言います。

それが彼らがそれをやっている唯一の理由ですか?
なぜメディアは恐怖に焦点を当てていると思いますか?
なぜこれは誰に対しても効果的でしょうか?

CG:
さて、それは私たちの大衆意識の中に
種を植えることだけです。
その後、彼らは意識の中でその種子を植えた後、
彼らは偽旗作戦のようなことをするか、
別の映画を出すか、
私たちに行動を起こさせる何か他のことをします。

私たちは広範な感情と共創意識を持ち、
それを活性化し、それを起こさせる。
それは、いわゆる「ブラックマジック」の秘密です。
実際には彼らの力ではありません。

それは彼らが共同創造意識の力を
共同利用することです。

DW:
ブルー・エイビアンズがここに来ておらず、
いろいろな形でこのメッセージを伝えていなかったら、
あなたが話している大量の操作というゲームの
最終的なゴールはどこですか?
私たちが助けを得ていないとどうなりますか?

CG:
それは現状が示しています。

DW:
彼らは警察国家や戒厳令などを
しようとしているのですか?

CG:
地平線上には常に
セプテンバーかオクトーバーサプライズ
(訳注:選挙前には必ず事件がある
という事から、びっくりするの意味)
があると推測されています。

「恐怖のポルノマシン」には常に新しいネタがあります。
地平線の上に、大きなクラッシュがあります。
ある大きなことがあります。
起こるべきことが...

DW: それは本当です。

CG:
彼らは常に意識の後ろにいます。
それは決して終わりません。

DW:
従って、代替メディアや確かに信頼できる
代替メディアのジャーナリストを通して
人々を惹きつけることができれば、
ネガティブに焦点を当てる人々を
惹きつけることができれば、
創造力と瞑想効果がテロリズムや犯罪を減らす
ポジティブな影響をもたらすでしょう。

しかし、恐怖に焦点を当てるだけでも、
私たちの心の力だけで、実際には地球上で
より否定的なことが起きる可能性があると
いう事ですか?

CG: はい。それは計画によって起こります。

DW:
多くの人々がカバールについて知るには、
ハリウッド映画が適していますか?
このカバールへの唯一の解決策は、
大型アクション映画の戦闘シーンのような
軍事的攻撃でしょうか?

CG: はい。
ブルー・エイビアンのメッセージが
私たちに教えようとしているのは、
あなたは否定的なことから肯定的なものを、
得ることができないということです。

あなたは、あなたの道を爆破するつもりはありません。
あなたは暴動を起こすことで、
今後のあなたの道を得られません。

これからの道のりは、私たちの共同創造的な
意識的能力と目を覚ますことです。

私たちは10億個のアリです。
彼らは私たちを抑えようとしている
非常に少数のカブトムシです。
私たちが目を覚ましてそこから注意をそらすと、
彼らは「終わる」のです。

人々が慌てずに、私たちのアリ塚に集中し、
彼らにフォーカスしなければ、
彼らから遠ざかることが出来ます。

DW:
さて、多くの人があなたと一緒に使ってきた。
という意味で第3の密度を考えると思いますか?

ブルー・エイビアンズはあなたと一緒に使用しています。
第3密度にはすべてがあります。
したがって、第3密度に問題がある場合は、
第3密度の解決策が必要です。

CG:
そしてまた、他の存在についても聞いています。

あなたが何かを非難した場合、
誰かに多くのことが伝わります。
それは通常、状況に出会うと行われることです。

あなたが何かを非難するとき、
あなたは人について多くを学ぶことができます。
他の高密度の存在にも同じことが起こります。
私たちは刻々と状況を刻印しています
─ 一覧です。

私が言うと人々は動揺します─
人々は第3密度の考え方です。
私たちは彼らの考え方や行動様式を
理解することができません。

そして、一部の人々は非常に動揺し、
人類、人類の知性を「放棄」しているように、
彼らはそれを取得出来ません。

私たちがこれらのより高い領域を
完全に理解することができる時点、
それらが動作する方法の点には
達していないということです。

DW:
妄想的精神分裂症に苦しむほとんどの人は、
彼らが救世主であり、
人類のためのすべての答えを持っている、
キリストの複合体だと感じるという、
特定の特徴があります。

CG:
私は彼らから多くの電子メールを受け取りました。 (笑)

DW:
精神分裂症が起こるという事実が
人々にこのように感じさせました。
あなたはいう「密度が高い」ということは、
まったく違っていると思ったようです。

あなたが狂っている、
あなたが精神分裂病である、
この男がこれを全部作り上げていること。

ああ、彼にはダビデが乗り移ってますか?
人はどのようにして
より高い密度を経験するのですか?

彼らは彼らが狂っていないこと、
彼らが統合失調症ではないこと、
ここで起こっていることが本当であることを
どうやって知りますか?

または、あなたに何が起こりましたか?
私たちの現実にもっと何かがあると、
あなたはどうやって確信しましたか?

CG:
さて、あなたが呼ぶような、
「精神をテストする」というものがあります。
最初は夢の中で彼らが私のもとに来てくれました。

しかし、最初に物理的に現れ始めた時は、
それが物理的な経験であることを確認したかったのです。

そして私が知ったのは、
それは他の人との共通の経験であり、
私がゴンザレスと呼ぶ人と話し合いました。
彼らは私と同じくらい接触していて、
彼について話し、私について話しました。

彼らがこの秘密宇宙プログラム同盟の
メンバーと話しているときは、
本当に本当の経験でした。

彼らは来て、
物理的なクラフトで私を迎えて、
私を物理的な場所に連れて行き、
私は実際に物理的な人々と会話しています。

だから、違います…私はチャネリングしません。

チャネリングに問題があるとは言いませんが、
私はこの情報を、
目に見えない誰のものかわからないフォースから
得ることはしません。

セキュリティインテリジェンス機関には、
その様な装置があります。
これは私が言う「神の心」で、
人々の頭の中で声を出して、
人々の頭に情報をダウンロードすることができます。

チャネリングしている一部の人々は、
実際にはこの「神の声」技術に接触しています。
だから、全部が全部そうとは言いません。

しかし、これはあなたが慎重かつ、
分別しなければならないことであり、
私は自分の分別をわきまえる為にも、
私の情報を聞いている人々を常に励ましています。

それは彼らと共鳴するか、そうでないかのどちらかです。
霊的に共鳴しなければ、正しいとは感じないでしょう。

DW:
もし今日誰かが、人生で特別な日を
作りたいと思っているなら、
いつもいつも忘れられない、特別な日を作るためには、
どうしたらいいでしょうか?

CG:
今日は少し時間をかけてください。
座って、静かな場所を見つけてください。
たとえあなたが瞑想する方法がわからなくても、
黙想はほとんど空想のようなものです。

そこに座って、あなたの心に集中し、
まずはポジティブで愛情に満ちた考え、
そしてあなたが周りの人々にもっと積極的になり、
愛するようになることができる様に、
あなたの心に集中してください。

そして、あなたは他の人に奉仕するようになり、
自分や他の人にもっと寛容になることができます。

DW: そして、どうなりますか?

CG:
いっぺんに一人の人間が変わるでしょう。
それはあなた自身です。



DW: それは素晴らしい。
あなたからメッセージを聞くことができるのは
本当に名誉な事です。

私は長い間同じことを言ってきました。
それは、他の人から聞くのはいいことです。

お楽しみいただけましたでしょうか。

私はデビット・ウィルコック、コーリー・グッドと
お届けしたこの番組は、あなたがご存知の
スペースプログラムを、
なんら傷つける部分がありませんでした。

最初にデザートのようなメッセージを
届けたいと思っていました。
ですので、もっと多くの事実に興味があるなら、
今後のエピソードにはもっと多くの
メッセージがありますので、
引き続きご覧ください。

ありがとうございました。

この記事は
https://spherebeingalliance.com/blog
に掲載されている「コズミック・ディスクロージャ」を転載/翻訳したものです。
翻訳:AK system
2018-01-16 / 736PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト