ディスクロージャ・クロニクル今回はLOCです【コズミック・ディスクロージャSeason 1, Episode 3】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


ディスクロージャ・クロニクル今回はLOCです【コズミック・ディスクロージャSeason 1, Episode 3】



原文:Cosmic Disclosure:
LUNAR OPERATION COMMAND
翻訳:AK system
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemnの記載もなしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします。


Season1,Episode3


David Wilcock:
番組ホストのデビッド・ウィルコックです。
コーリー・グッドとお届けするのは、
非常に興味深い話題、
シークレット・スペース・プログラムです。

私は、この資料は非常に論争の
的になるであろう情報で、
これまで私はあなたから伺う以外
何も聞いたことがありませんでした。

私はもう一度このことを
明確にしたいと思います。
私はこのテーマを長年にわたって
調査してきました。

私は20年以上にわたって
インサイダーと接触してきました。
私は機密扱いの異なるレベルの
人々数十人と話しました。

そして、私の結論は、あなたがこれを
どのように呼ぶのかによって、
政府や軍と呼ぶことになりますが、
私たちの太陽系及ぶその周辺の
産業化が大いに進んできたことです。

そしてコーリー、またこの話題に
付き合ってくれてありがとう。

そして、あなたが言うように、
ルナ・オペレーション・コマンドLOCは、
地球がより大きな宇宙計画と
宇宙全体にどのようにつながっているか
の焦点のようなものです。

LOCについてもう少し詳しく
教えてください。
まず、あなたがその中にはいると、
それはどのように見えますか?

CG:
まあ、それは50年代から建設され、
かなり拡張されました。
クレーターに建設されていて、
岩が多い地域にも建設されています。

多少両方にかかっています。
一部は岩の中に建設され、
地上にほとんどありません。

DW: オゥ! OK。

CG:
そのほとんどに、私はアクセス
していません。
釣り鐘型の構造になっていて、
下に、さらに下にフロアーがあります。

私は上位のレベルにしか
アクセスできませんでした。

DW:
だから、たとえそれが鐘型であっても、
実際に月の表面で
鐘を見ることはありません。

CG: ええ。
ベルの先端やピラミッドの先端を
見下ろすようなものです。

あなたは小さな氷山の先端を
見たら言うだろうと思います。
残りは下にあり、
下がるにつれて広がります。

DW :
LOCに出入りしている
多くのクラフトがあり、それが月の
ダークサイドにあるとすれば、
どうやって秘密を守りますか?

望遠鏡を持っている人は、
これらの船舶が月から出て来るのを
見てしまうのではありませんか?

CG :
人々は見てます。
月の裏側には実際に人間に属する
別の拠点があります。

ダークフリートと呼ばれる
秘密宇宙計画の一つに属し、
多くの人が船が出るのを見ています。

私はその場所のより多くの情報を
与えることができます。

あなたが月を見ているなら、
それは約10時の位置にあります。

人々は撮影して、
飛行機が飛び交ったり、編隊見て、
そこからかなり離れて行くのを見ました
…ビデオカメラを持つ
アマチュア天文学者は、
望遠鏡に夢中になりました。

これはすでに見たことのあるものです。

DW :
月面には興味を引くものはありますか、
それとも月の表面からは見えないように
すべて裏側に置かれていますか?

CG :
多くは裏側です。
正面にもクラフトの出入り口が
ありますが、 ETグループによって、
我々に見えない様に、
一種のホログラム遮蔽によって
覆われている領域もあります。

それを見ることを意図していない
惑星の人々には、見ないための、
明白な理由で月の裏側にあります。

DW :
LOCは実際にいつ建設されましたか?

CG :
LOCは、30年代と40年代の後半に
建設された既存のナチ施設に
建設されました。

DW :
では、かなり歴史のあるものですね。

CG : かなりです。
米国の産業界が関与するようになると、
彼らは本当に多くを投入し始め、
狂気のように作りはじめましました。

彼らは50年代後半に本格的に
ビルドを始めました。

DW :うん。
私はいくつかの後のエピソードで
宇宙計画の歴史にもっと多くの
話題を扱いたいと思っています。

今は別の質問をしましょう。
私たちが50年代に
これを持っているなら、
なぜアポロのミッションを
果たしたのでしょうか?

なぜ月に着陸したのですか?
ポイントは何でしたか?

CG :
さまざまなレベルの
プログラムがあります。
NASAにはいくつか存在しており、
NASAと同等の軍事プログラムが
あります。
これは、彼らが思う、最先端です。

そして、彼らは、太陽系で何が
起こっているのかを知る必要があり、
セキュリティのクリアランスでは、
トーテムポールの最上位にいると
思っています。

そして、これらの人々は文字通り、
あなたに挑戦し、そうではないと言って、
拳闘することになりました。

だから、彼らは…
嘘には多くのレベルがあり、
各レベルの人々は彼らが一番上に
いると言われています。

それは事実ではありませんが、
すべてが完全に区画化されているので、
彼らはそれを信じています。

各コンパートメントでは、誰もが
最も重要な最先端の仕事を
していると思っており、
最も幅広い知識を持ち、他の
すべてのコンパートメントとグループは
その下にあると思っています。

DW :
私が思うのは、あなたが誰かを
特別な気分にさせるかどうかは、
彼らが最高集団だと思わせる事
だと思います。

彼らはそれにより、一生懸命
働くと思います。

CG : そう。傲慢さ。

DW : うん。
あなたは、アポロの使命はマネー
ロンダリングの操作だと思いますか?

CG :
秘密の宇宙計画にそのお金の
多くを送るために、非常にうまく
それがその一部になっていた
可能性があります。

低レベルでこれらのプログラムを
実行していた人々は、
本当に自分がやっていることを信じて、
本当にそれが最先端であり、
我々が持っていた最高の
技術だと考えました。

DW :
従業員が実際に動いていた費用が、
どれくらいかかっているかについての
情報を彼らに控えさせて
もらえたと思いますか?

CG : うん。そう!
彼らは知性とあらゆることで騙された
…彼らはあらゆるレベルで
騙されました。

DW :
だから、もしかしたら、
彼らが言っていたよりも10%位は
高価かもしれないと思いますか?

CG :
推測にすぎませんが、
私は知る方法がないですが…

DW :
しかし、それは間違いなく、
宇宙計画をさらに発展させるために
「黒い現金(裏金)」を
提供することができました。

CG : うん。
いろいろなやり方で…
その毒薬は、最初から
インフラストラクチャを構築するために
現金を捻出する、
あらゆる方法を使います。

DW :
私たちが知らなかった
月の興味深いものを
NASAが知っていたと思いますか?

CG :
アポロの任務中に発見されたものが
たくさんありました。

始めに、彼らは月の地震を
確認するために月に置いた
装置のテストで、着陸モジュールを
月に打ち込むことは、
本当に良いアイデアでは
ないことを発見しました。

月は、巨大なスイスのような
非常に(管理が)厳しいゾーンです。

それは非常に中立なゾーンであり、
その発射物で打つのは
非常に悪い考えでした。

そして私が読んだ資料では、
彼らは戻らないように警告されました。

DW :
地球のすぐ隣にあるため、
月がこのニュートラルなスイスタイプの
エリアだと言うのは奇妙です。

それが私たちの月であるのに、
私たちの財産ではない。
月を支配することはできますか?

CG : NO。

DW :
そのようには出来ませんか?

CG : 出来ません。
あなたが南極の地図を
見たことがあるなら、それは
どのようにすべての国の間で
切り分けられているでしょう?

月の裏側もそうです。
そして、これらの異なる地域はすべて、
かなり多く所有されており、
さまざまなETグループが
住んでいます。

DW : ほんとうに?

CG :
血族的に対立するグループも
非常に非常に非常に昔から
数キロ離れた場所に居ますが、

彼らは何千年もの間、
平和にそこにいました。

DW :
私たちの太陽系には
たくさんの月があります。

なぜ地球のすぐ隣にある月が
これらの人々にとって、
とても重要なのですか?

CG :
それは完璧な観測場所であり、
実験をするために地球行き、
帰るための領域です。

DW :
私たちが地球外生命体と呼ぶ多くは、
遠く離れておらず、彼らは実際に
近くにある場所から出入りしています。

CG : そのとおり。

DW :
これらの22の異なるプログラムを
実行していた、
いわゆる実験の代表団について、
これまでのエピソードで
話していたことに戻りますか?

CG : はい。
そして、さまざまなETのすべて…
これには、人間型のETと、特に
お互いにあまり好きではない
人間以外の型が含まれます。

月には何らかの外交協定があります。
月が非常に外交的な中立地帯
であることは特別なものがあります。

それらの誰もそれに違反することは
ありません。

DW :
このスーパー連盟会議では、
少なくとも40の異なるグループが
あると言いましたが、
彼らは何をしているのかについて
すべて合意していません。

彼らはすべて自分のプログラムを
持っているか…

CG : 議題を。

DW :
では、これらの代表団は、
彼らの議論を解決して何とか
共通の根拠を見つける為の
ようなものでしたか?

CG : はい。
彼らのさまざまな議題で常に
互いのつま先を踏んではいません。

DW :
過去にお互いに戦っていた
これらのグループが、どうやって
このような小さな場所で
互いの存在を許すことが
できるのでしょうか?
月はわずか2,160マイルです。
(3,476㎞)

CG :
何千年も続いていることです。
彼らはこの外交的な中立地帯を
設定しており、最悪のものでさえも
違反することはありません。

誰もそれに違反することはありません。

それだけではありません
-私が彼らから聞いたのです-
条約違反は行われていません。

DW :
執行や、それを警戒する
何らかの軍隊がありますか?

CG :
必ずしもその必要はありません。
誰も強制する必要はありません。
それは単に行われていません。

DW :
まあ、過去に、何かが起こって、
彼らが学んだことは、とても恐ろしい
ことを意味すると思います。

CG : そうです。
月には、他の戦いや
古代からのものがたくさんある
地域があります。

DW :
彼らはそれを片付けてないのですか?

CG : いいえ。
彼らはそのような記念碑、
または過去に何が起こったかの
証言としてそこに残しました。

物事はまだそこにあり、
そこは立ち入り禁止です。

DW :
だから、核兵器の競争が
どれほど愚かなのかという
考えのように思えるかもしれません。

核兵器を地球全体で
撲滅しようとしても、
例えわずかなパーセンテージでも、
多くを持っている2カ国が
争っています。

CG : うん。

DW :
これらの人々は、おそらく
核兵器よりはるかに大きい武器を
持っているため、
戦争をしたいという思いを
互いに払拭するでしょう。

CG : はい。
彼らは惑星全体を
破壊することができます。

DW : ワァオウ
では、LOCは、月にあるすべての
居住地のほんの一部ですね?

CG : そうです。

DW :
他の居住区は私たちにとっておそらく
拠点ではありません。
地球のための拠点がLOCですね?

CG : はい。
それは人間の活動拠点です。

DW :
したがって、他のETグループには
LOCの独自のバージョンが
用意されており、
それが拠点になるでしょう。

CG : その通り。

DW :
彼らは彼らの活動拠点として
私たちのLOCを使用して
いないのですか?

CG :
いえいえいえいえ。
スフィア・アライアンスのメンバーが
登場したとき以外は、LOCで
ETを見たことがありません。

DW :
LOCにちょっと寄る時は
どんな感じですか?
広い会議室と小さな椅子ですか?

あるいは一時的に入れるアパート
の様なものはありますか?
あなたがいた時に何が起こりましたか?

CG :
まあ、最近まで私はVIPエリアに
行ったことがありませんでした。
私はいつも本当に小さなアパート
ではなく、小さな住居に2〜4ベッドの
場所に泊まっていました。

ホールは本当に狭いです。

VIPエリアに移動すると、ホールは
かなり広く、チェリーウッドの素敵な
壁のような木製のパネルがあります。
非常に高級です。

1つのエリアからVIPエリアに
行くときの劇的な変化です。

DW :
あなたは歩き回って制限区域を
探すことは可能ですか?

またはあなたの周りは軍の護衛で
囲まれていますか?

あなたはどのように働きますか?

CG :
それぞれに特定の分野を
許可されています。
床には、異なる色の異なるマークや
塗装ラインがあります。

DW :
あなたが赤だったとして、歩いて、
赤線をたどってどこに行くの?

CG : そう。
そして、先ほど私が言ったように、
私は制限されている…
トップフロアは、すべてのほとんどが
行われている場所です。

次の2つの階は医学的であり、
いくつかのより高度な医学的なものが
行われています。

私はそれらよりも下へ行ったことは
ありません。

最近ツアーで、私が持っている
情報以上に多くのことを見てきた
参加者もいます。

DW :
明らかに人々にとって
最も興味深いものの1つは、
同盟の考えです。

だから、私たちは簡単にそれを
取り上げましたが、
概略を述べたいと思います。

アライアンスとは何ですか?
それが宇宙プログラムの
初めにあったのか、それとも後で
形作られたのか、その目標は何か、
などです。

CG :
同盟とは、時間の経過とともに
ゆっくりと形成されました。
ソーラーウォーデンのグループは、
SDI時代にさかのぼる時代ですが
それよりさらに早かったのです。

DW :
ストラテジック・ディフェンス・イニシアティブ
(戦略的防衛イニシアチブ。)

CG : はい。

DW : スター・ウォーズ。

CG :
70年代後半から80年代に入って、
90年代初めには
アップグレードされました。
しかし、彼らは
時代遅れの艦隊でした。

DW :
ソーラーウォーデンの元々の任務は
何でしたか?

CG :
彼らは侵入者から太陽系を守った…

DW :
これは、スーパー連盟の40グループ
の一部ではないグループでしょうか?

CG : はい。
また、やや宇宙交通制御、
航空交通管制業務もあります。
彼らはそれを担当しました。

DW :
卓越した武器や技術をもった
ETグループは、
侵攻することがで可能では?

私は、80年代のグループが、
潜在的に侵入する可能性のある
誰かに、私たちの太陽系へ
侵入させないという、警察行動が
取れると思えませんが?

CG :
まあ、彼らは大きな侵襲力で自分達
を守ることはできませんでしたが、
通過したグループのほとんどの内
おそらく一握りの船でしか
ありませんでした。

私たちのエリアを通過するのは
多くの異なるグループがあります。

DW :
そして、私はそれがギャングの
島争いのようなものだと思いますが、
40のETグループは、これを
自分たちの芝生であると主張し、
どのようなレベルの技術をもっていても、
侵略から「家庭」を
守ることになるでしょう。

CG : はい。

DW :
だから、ソーラーウォーデンは
必然的に戦術的な力を
満たしていません。

あなたが、彼らは太陽系を
警戒していると言っても、
武器を使った戦いとは限りません。

CG :
彼らは戦うときには
小人数で臨みますが、
これまでに考えられたほど、
巨大な力ではありませんでした。

DW :
だから、私たちの太陽系への
望ましくない侵入のほとんどは、
卑劣なことをしようとしているET
または単一のクラフトの、
より小さいグループです。

CG : はい。

DW : 入り込もうとするのですか?

CG :
…やってきては、なにかを取って
出て行く「ヒットエンドラン」する、
卑劣なグループです。

DW : OK。
では、アライアンスはどこで
戦場に出るのですか。

あなたはソーラーウォーデンが70年代
後半に始まったと言いましたが、
彼らはスターウォーズ技術を
たくさん持っていましたか?

CG : うむ、フン(Yes)

DW :
これは正確にはアライアンスと
どのように関係していますか?

CG : OK。
さて、彼らは同盟を結成した
主要グループの一種でした。

現在、彼らは他の宇宙艦隊からの
離脱または脱出者で構成されており、
そのうちのいくつかは様々な
ブラック・オプション・ミリタリー・スペース
プログラムからのものです。

地球は、ICC(州際通商委員会)を
持っています、惑星間企業集団は
かなり大きいです。

彼らは、太陽系内のすべての
インフラストラクチャを
ほぼ所有しています。
あなたが持っている...

DW :
そしてどんな企業ですか?

CG :
すべての航空宇宙、それ以外の
航空宇宙それは膨大な量です…

DW :
ロッキード、ボーイング、
マクドネルダグラス、
ヒューズエアクラフト?

CG : はい。
上記のすべてです。そしてアメリカの
企業だけではありません。
さらにダークフリートがあります。

彼らは非常に高度な技術を
持っている非常に秘密の艦隊であり、
彼らは主に太陽系の外側に
常に存在しています。

それから、考える限りの
あらゆる国からのこのUNタイプの
艦隊がありました。彼らは…

DW :
地球の国々の話ですか。

CG :
地球の国です。
そして、彼らの多くは裏で働き、
本当に巨大な軍国主義的な
グループではないようです。

かなり冷戦を開始しているので、
彼らは国際宇宙ステーションの前で
飛び周り始めました。

偶然、彼らの船を
目撃する事になりました。

DW :
明らかに宇宙計画の他の部分が
それを望んでいないところで、
もしソーラー・ワーデンが、
開示をはじめようとするなら、
それはこれらの派閥間の戦闘に
つながることはできないでしょうか?

CG : はい。
スフィア・アライアンス、スフィア・
ビーング・アライアンスが活動開始し、
秘密宇宙プログラム同盟と
連絡を取り合ったとき、
その瀬戸際までいきました。
もはやソーラーワーデンの
グループになりました。

同盟は、他のプログラムのダ出者でも
構成されていました。

それは、「バビロニアのお金の魔法の
奴隷制度」を支配し、秘密の
地球政府による地球上の脅威を
終わらせ、私たちが開発した技術を
地球にもたらす。

フリーエネルギーを公開する。
という共通の目的を持っている
すべての宇宙計画の脱退者たちの
混乱です。

あなたが考えることができるあらゆる
不都合を癒す、あらゆる種類の
医療技術は、環境を整えます。

これらの技術は一晩で金融システムを
崩壊させ、金融システムを
不要とします。

そして、彼らはこれを地球に持ち帰り、
これらのエリート全員が何年も
何度もやってきた人道に対する
すべての犯罪を完全に開示したいと
考えています。

それが彼らの目標です。

DW:
では、秘密宇宙プログラム同盟は、
あなたの知るところでは、
いつこれらの目標を念頭に置いて、
行動を起こそうとし始めましたか?

CG :
私の知るところでは、彼らはおそらく、
90年代後半にこれらのアイデアを
形作り始め、2000年代初期に
実際にライブ(ビデオ)フィードの
前を飛んで偶発的な情報開示を
引き起こそうとしていました。

人々に質問をさせるためです。

DW :
宇宙計画は地球上の
どこにあるのですか?
彼らはケーブルテレビを見て、
私たちのショーで、
何が起こっているのかを
見ることができますか?

CG :
一定の時期、ゼロでした。
地球とのすべての通信は
ブロックされました。

DW : 本当に?

CG : うん。
ありませんでした…
インターネットの開設後、
太陽系全体にインターネット放送が
ありましたが、ブロックされました。

DW :
地球からのインターネット、
あるいは彼らは独自のインターネットを
持っているのですか?

CG :
彼らは彼ら自身のインターネットと
インターネットへのアクセスを
持っています。

DW : オゥ! 皆が?

CG : はい。
多くの場合、読み取り専用ですが。

DW : リードオンリー?

CG : うん。

DW :
私は、最も信用できる人だけが
インターネットに何かを実際に
アップロードできると思います。
彼らは真実を漏らさないことを
確信できました。

CG : その通り。
私が研究船に任命された時、
私たちはすべてを持っていました
…ラジオやテレビ放送は
ブロックされました。

私たちは、リアルタイムニュースに
近いリアルタイム性は
認められていませんでした。

DW :
では、アライアンスは地球上で
起こっていることを認識していますか?
少なくともアライアンスの何人かは、
ここで何が起こっているかを
知っている人もいます。

CG : はい。
彼らは最終的に漏れ伝わった
情報にアクセスし、
アライアンスのメンバーに情報を
公開しました。

そして何が起こっているのかを見て、
この情報、この技術を人類に
もたらしたいという動機が
与えられました。

DW :
同盟の目標が達成された場合、
普通の人生はどのようになりますか?
地球上での人生はどうなりますか?

CG :
それは「スタートレック」時代と
変わりありません。
あなたが「スタートレック」で
見たことと同じです。

DW :
どこに行きたいかにかかわらず、
スターゲイト型のシステムを
利用できるように、
飛行機で飛ぶのではなく、
どこでも行くことができる
ポータル・ステーションが
出来ますか?

CG : 確かに。うん。
レプリケーターがあります。
飢えはありません。
言い換えれば、砂漠は
水の淡水化で緑に変わる
可能性があります。

DW :
海洋に浮かんでいるすべての
プラスチックはどうですか?
これらの巨大な渦巻きの
材料はどうなりますか?

CG :
物質は他のものに簡単に変わります。
それを行う方法を知ることの問題です。
我々はその技術を持っています、
それは単に共有されていないだけです。

DW :
何人かの人々は、もはやお金を
持っていないという考えに本当に
戸惑っているかもしれません。

彼らは社会主義、つまり共産主義
だと言うつもりです。

それは誰もがしようとしている
この新しいことに抵抗する
お金を持っていないので、我々は
さらに制御下置かれるだろうと。

CG :
それが私たちがプログラム
している方法です。

DW :
それはどういうことだと思いますか?

CG :
あなたがお金をひどく欲しいなら、
レプリケータを使用して、自分が
安心してポケットに入れるだけの、
100ドル紙幣を複製するか、
銀か金を複製することもできます。

どんな種類の財政的な贈り物や
奪取の必要も絶対にありません。

DW :
私が考えるのは、
典型的な昔の学校の教えや、
政治家は誰しも、
地球にこの種のものを与えれば、
彼らは皆ビールを飲んだくれて、
誰も何もしたくなくなるだろうと、
思うでしょう。

それは人生を殺すだろう。
彼らの人生を台無しにするだろう。

CG :
まあ、人々はおそらく少しの間は
おかしな行動をとるでしょう。
技術の過渡期に起ります。

DW :
私は思います。人々が宝くじのに
当たったことを意味するのでしょうか?
それは彼らには良いことではありません。

CG : そうです。
まあ、誰もが一度に宝くじに当たって、
誰もがリプリケーターを持っています。
誰もが毎日ボタンを押して、
すべての種類の食事を試せます。

誰もが世界中に行きたいと思っています。
一度それが太陽系全体でクリアされると、
どこにいても、の異なる遺跡を
すべて見ることができます。

私は開示すべきことが、
たくさんあると理解しています。
しかし、まず、私たちは過去を扱い、
過去を乗り越えるプロセスを
経なければなりません。

DW :
誰かがリプリケーターを持っていて、
それで非常に強力な武器を作って、
人々を殺すことが出来てしまうのでは?

CG :
これがバッファー技術の目的です。

DW :
バッファー技術とは何ですか?

CG :
それらは一時的なドライブを持っていて、
人々の要求の多いものに応えますが、
特定のクラフトに対しては返さないように
なっています。

それがあなたの疑問への答えです。


DW :
ですから、レプリケータなどを使って
3Dプリントをするだけでは
意味がありません。

CG : はい。

DW : OK。
したがって制限があります。
あなたは何も作ることができません

CG : はい。

DW :
同盟は、今日の世界で見られる
このようなすべての秘密とオカルト主義、
それほど怒りと憂鬱なことまで、
公開して何をしたいのですか?
彼らはそれをどう処理したいですか?

CG :
彼らはそれに光を当てたい。
彼らは真実である情報を
すべての人間に瞬時に地球上に
届けたいと考えています。

特定の人々に真実を与えないで、
みんなに真実を与える。
誰もがこの技術と情報にアクセスできます。

DW :
それでは、これ以上隠蔽はなくなりますか?

CG :
これ以上の隠蔽はなく、
部分的な開示でもありません。
ただそれをすべて公開し、
それを人類にもたらします。

DW : うん。
それは本当に信じられないことです。
そしてこのエピソードの時間が
そろそろ終了します。

私たちはまだまだ続けます。
明らかに、我々はまだ始まったばかりです。

しかしコーリー、
再度ここにいてくれてありがとう。
これは本当に信じられないほどの
情報でした。

CG : サンキュー!

DW : バイバイ。

この記事は
https://spherebeingalliance.com/blog
に掲載されている「コズミック・ディスクロージャ」を転載/翻訳したものです。
翻訳:AK system
2017-12-09 / 1270PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト