ガン予防と治療(末期がんでも治る?)なら春ウコンの摂取が良いらしい7 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


ガン予防と治療(末期がんでも治る?)なら春ウコンの摂取が良いらしい7

今後増え続けるであろうガン
─東京の放射能汚染は現在もチェルノブイリと同等─
がんの治療法などの情報まとめページ
http://keen-area.net/?id=80

よりリンクされている記事です。

以下春ウコンの効能について述べた文献より引用[7]--------

ウコンはどのような症状に使われているか

卑弥呼の時代から秘薬として重宝されてきたウコンは、胃腸が弱い人・胆汁の分泌促進、肝機能の予防や改善、食物の消化吸収を高める働き、さらにクルクミンの強力な抗酸化作用の働きにより血中コレステロールの減少やガンの予防効果
(記者注:末期がんでも治ってしまうという多数の実績あり。ただし薬事法に抵触するため、このことはウコンの販売会社は謳うことができない。
だが医師でも薬剤師でもましてや健康食品販売会社でもない記者が「ウコンはガンに効く!」と主張しても何の罪にもならない)
また、生活習慣病の気になる人、二日酔いになりやす人他、多様に汎用されております。

最近ではウコンに含まれる精油成分(タメロール、フェラドレン)に強力な殺菌作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因であるピロリ菌を除去する作用が期待されております。

コレステロールを減らすことは動脈硬化の予防につながり、抗酸化作用や活性酸素の除去はガンの予防につながります。

以下、屋久島ウコン服用等(3ヶ月)使用経験をまとめた集計をもとに(H)医師により効果、判定された、症例報告です。

■便秘(4~5日)40歳~73歳 服用者19人 改善
■糖尿病(3週~4週)49~75歳 服用者7人(3人血糖値低下) 有効

■高血圧(2週間)60歳~75歳 服用者11人(4人低下) 有効

■足のむくみ(1週間)服用者62歳~79歳10人(3人全くむくみなし) 有効

■冷え性 48歳~65歳 服用者11人 7人に有効

■全身が暖かくなる人(4日~1週間)25歳~40歳 服用者7人 有効

■ほてり 42歳~50歳 服用者6人 有効

■肌が良くなる(2週間)52歳~60歳 服用者6人 有効

■ニキビ縮小(1週間)服用者1人 改善

■肝機能障害(急性) 急速に改善2人
強力ミノファーゲンC2アンプル(一般的治療)併用(10日~14日)著しく改善

■不眠(40歳~73歳) 服用者23人 改善

■かゆみ(25歳~72歳)服用者6人 改善


2013/05/26 / 7333PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト