米国の「ガスコンロ禁止令」の真意は?

2023-01-14
それ自体は過剰な努力のように聞こえますが、実はもっとずっと悪いことをする可能性を秘めた隠れ蓑なのです。


off-guardian.orgより

バイデン政権は、ガスストーブを「隠れた危険物」と呼んで禁止しようとしているようだ。しかし、これは十分に悪いことのように聞こえるが、より深く掘り下げてみると、いつものように、それは彼らが言うようなことではないことがわかる。

ガスコンロ禁止と「無秩序な室内空気質」の話は、さらに多くの「スマート」な監視技術を家庭に導入するために作られたトロイの木馬かもしれないのである。

さっそく検証してみましょう。

ガスコンロは危険なのか?

アレクサンドリア・オカシオ・コルテス、『ニューサイエンティスト』、そしてこの2日間にこの話を始めた100万人の出版社や識者によれば、そうなのである。

今週初め、National Review、Bloomberg、CNNからほぼ同じ内容の記事が、米国消費者製品安全委員会が「この冬中にガスストーブの危険性についてパブリックコメントを開始する」予定であることを詳しく伝えている。

記事の主張はこうだ。

この排気ガスは、病気や心臓血管の問題、癌などの健康状態に関係していると言われています。先月『国際環境研究・公衆衛生ジャーナル』に掲載された専門家による研究によると、現在の小児喘息患者の12%以上がガスコンロの使用と関連しているそうです。


今こそ、"linked to"というフレーズについて話す良い機会でしょう。主要な出版物には必ずと言っていいほど、このフレーズが使われています。因果関係を明示せずに暗示してしまうので、ジャーナリストはこの表現が大好きなのです。

例えば、連続殺人犯の100パーセントは、水の摂取と靴の着用に関連していると言われています。

このように言葉を巧みに操ることが意図的であることの十分な証拠とならないのなら、むしろ早すぎる人種カードの展開がそれを証明している。

上院議員Cory Booker(民主党、ニュージャージー州)と下院議員Don Beyer(民主党、バージニア州)は先月、委員会にこの問題に取り組むよう求める書簡を書き、有害な排出物は黒人、ラテン系、低所得世帯に「累積的負担」であると訴えた。


ということは、禁止されるのでしょうか?

実は、そうではないかもしれない。

ブルームバーグによると、米国の家庭の約40%が調理にガスコンロを使用していることを考えると、全面禁止は現実的でなく、狂気の沙汰と言えるでしょう。国土の4割を犯罪者にすることはできない。ほとんど強制力はないだろう。

カリフォルニアのガソリン車と同じように、「段階的な廃止」が検討されるかもしれない。

しかし、最も可能性が高いのは、そもそもストーブを禁止することが目的ではなかったということだ。

さて、では実際のところどうなんでしょう?

今回の事件は、典型的な「おとり商法」のようだ。問題」を設定すると、権力者は実行するつもりのない解決策を提案する(理不尽であればあるほど良い)。

この対策が国民に拒否されるのは必至なので、政府は次に「妥協案」を提案するか、NGOに金を払って提案させるだろう。

もちろん、この妥協案は妥協案ではなく、実は最初から彼らがやりたかったことなのだが。にもかかわらず、このプロセス全体が、たまたま野党であった政党の勝利としてメディアに取り上げられ、「システムが機能している」ことの証拠として引用されるのである。

これを書いている時点で、バイデンはすでに「反発を理由に禁止を否定」しているし、Voxは昨日掲載した記事ですでに「妥協」を多用していた。

しかし、この場合のその「妥協点」が何であるかは、まず明確ではなく、ちょっと調べてみないとわからない。

ナショナル・レビューの記事には一つのヒントが存在する[強調]。

家庭用電化製品製造業者協会は、調理はコンロの種類に関係なく有害な排気ガスを発生させると主張している。「同協会の副会長であるジル・ノーティニ氏は、ブルームバーグの取材に対し、「ある特定の技術を禁止するのではなく、換気について議論すべきです。「ある調理器具を禁止しても、室内の空気の質全般に関する懸念に対処することはできません。調理器具を1種類だけ禁止しても、室内の空気の質全体に関する懸念に対処することはできません。


そして、「ガス調理と家庭の大気汚染、そして喘息」の原報告の抄録に、もう一つ書かれています。2021年4月に環境科学ジャーナルに掲載された「子供へのリスクはほとんど認識されていない」です。

ガスコンロによる調理が)子どもたちに与える影響は、室内空気が規制されていないため、かなりのものになります。


「換気こそ議論すべき」結局のところ「調理はコンロの種類に関係なく有害な排気ガスを発生させる」し、禁止しても現在「規制されていない」「室内空気環境全体に対する懸念」には対処できない。

何が言いたいかわかりますか?

ガスコンロの問題でも、喘息の問題でもない。「室内空気汚染」の問題であり、さらに言えば、それをどのように「規制」するつもりなのかが重要なのだ。

現代の地政学では見慣れた光景だが、アメリカがガスコンロのために室内の空気の質について話しているのと同じように、世界の他の国もまったく別の理由で同じことを行っているのである。

シンガポールも室内空気環境の規制を検討していますが、その理由はホルムアルデヒドです。

先月はザ・カンバセーションが「室内空気汚染は死を招く」と主張する記事を掲載し、英国の最高医学責任者であるクリス・ウィッティ卿は「室内空気汚染に対する行動を要求する」と述べています。

月曜日には、アロマキャンドルについてと称するガーディアンのライフスタイル記事で、スベトラーナ・ステヴァノヴィッチが室内の空気の質を"ゴーイングコンサーン"と呼んでいます。

2日前には、カナダ政府からいくらかの資金提供を受けているカナダの「独立系」雑誌であるザ・ターが、見出しをつけた論説を掲載した。

クリーンな室内空気への革命が必要です。


この記事は、室内の空気の質を改善することを「Covidの撲滅」につなげようとするものです(もちろん、十分にワクチンをふやしていることを確認しながらですが)。

ちょうど昨日、アイリッシュ・タイムズ紙が、室内の空気の質の悪さがもたらす危険についての記事を掲載した。

面白いタイミングでは、空気衛生技術企業のエアロ・クリーンと空気清浄機市場のリーダーであるモレクレ(意味が子分w)が株式公開合併を完了した...これもちょうど昨日だ。

2日前にはイケアが独自のスマート空気モニターを販売することが発表され、同じ日にサムスンが新しい「スマート空気清浄機」を発表した。

今日、中国の大手ハイテク企業シャオミは、新しいスマート空気モニター技術に関するメディアリリースを発表しました。

最近の報告書では、世界の空気モニター技術市場は今後3年間で60億ドル近くに膨れ上がると予想されています。

しかし、これはすべて偶然の一致に過ぎないのでしょう。

この先どうなる?

推測するに、空気の質と室内の二酸化炭素排出量を監視する、新しい「スマート」技術が登場するのではないでしょうか。電気や水道のスマートメーターと同じように、空気に関するものです。

興味深いことに、世界経済フォーラム(World Economic Forum)は私の意見に賛同し、昨年7月にウェブサイトに「室内空気汚染。という見出しの記事を掲載し、次のように主張しています。

環境センシング技術の進歩により、室内空気汚染物質の検出は、より正確で効率的、かつ小型のセンサーで行えるようになりました。その結果、インテリジェントホームシステムでは、このようなセンサーを使って室内の空気環境を把握し、危険なレベルに達する前に換気システムに通知することができるようになる日も近いでしょう。


ストーブ禁止の「撤回」の一環として、彼らは「スマート空気モニター」をすべての新築住宅、ホテル、賃貸住宅に義務付けるという新しい法案を提出する予定だ。

スマート電力メーターと同じように、スマート空気モニターは膨大な量のデータを収集し、国や企業があなたの家をコントロールできるようにするために使われることはほぼ間違いないだろう。

ストーブを使いすぎたり、アロマキャンドルを燃やしすぎたり、二酸化炭素を排出しすぎたりと、「室内の空気」が十分に「クリーン」でない場合、もっと責任ある行動をとるようになるまで、何らかのペナルティを受けることが予想されます。

よりスマートな技術、より多くの監視、そして最終的にはより多くのコントロール。

ガスコンロ禁止令の話が、陳腐な税金や罰金、あるいは多くの人々から給料を巻き上げるための小手先の計画に収束する可能性もあるが、もっと邪悪なものになる気配があるのは確かである。

一方、ガスストーブが気候を悪化させるという報告や、室内の空気の質が悪いと風邪が悪化するという話は、これからも出てくることだろう。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。
もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。
以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。
https://doneru.jp/AK-system


https://off-guardian.org/2023/01/12/what-is-the-us-gas-stove-ban-really-about/
501 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧