「キャッシュフリー」な中銀デジタル通貨展開が12月に登場?


shtfplan.comより

最終的な目的は、現金のないシステムで奴隷を完全にコントロールすることだ。トップに立つ者は中央銀行のデジタル通貨、CBDC(セントラルバンク・デジタルキャッシュ)を完全にコントロールし、いったんそれを展開すれば、奴隷階級にとってはゲームオーバーとなるのです。

ジョー・バイデンが署名した大統領令14067は、支配階級にCBDCを作り、自由に配布し、好きなときにあなたから奪い、あなたが彼らの気に入らないことをすれば、それを停止する権限を与えるものです。

「金持ち父さん貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキ氏は、この大統領令を「最も純粋な形の共産主義」と呼び、アメリカ人に「目を覚ましているように」と勧めている。

しかし、これは共産主義を超えたものだ。これは永久的であからさまな奴隷制度だ。彼らはもはやそれを隠すことはできない。私たちは自由ではなく、彼らはそれを永久にするつもりだ。誰もが耳を傾け、これに反対し、参加を拒否するために共に立ち上がることが望ましいでしょう。CBDCを選択することは、文字通り奴隷になることを選択することです。以前は、私たちは嘘をつかれ、自由であると思わせるためにプロパガンダが使われていました。今はそれがあからさまになり、私たちの目の前に現れています。

「自由という幻想は、その幻想を続けることが有益である限り続くだろう。」-フランク・ザッパ

キヨサキ氏は、ジョー・バイデン大統領が署名した大統領令を「米国史上最も反逆的な行為」と呼び、これに反対を表明しているのは彼だけではない。同じく経済学者で投資家、そして元CIA職員のジム・リカードは、これは現金の終焉に向けた一歩だと言っている。リッカーズ氏は40年にわたるウォール街での経験がある。新しい「デジタルトークン」は、政府があなたのしていることを気に入らなければ、「オフ」にすることができる。

これは、私たちが警告してきた奴隷制度の到来なのだから、覚悟しておくことだ。今が奴隷でないわけではないが、これは幻想を完全に放棄することだ。今年の12月13日にやってくる「C-Day」に備えよう。

終盤戦。中央銀行デジタル通貨

リッカーズはCBDCを批判し、"Bitcoin's Evil Cousin(ビットコインの邪悪な従兄弟)"とレッテルを貼った。彼はまた、彼によると2022年12月13日に起こるというC-Dayと呼ばれる特異な出来事を想定し、米国の伝統的な金融システムを崩壊させると暴露した。

彼が「C-Day」と呼ぶ出来事が起きると、紙幣は無価値となり、米ドルは暴落するという。さらに、消費者の支出や基本的なニーズへのアクセスも制限され、お金を持ちすぎている人はペナルティーを受けることになると付け加えた。-WND


"バイデン大統領令14067の第4項、デジタル・ドル開発の緊急研究を呼びかけたおかげで、1792年以来世界の標準である米ドルは・・・新しい通貨、デジタル・ドルにREPLACEされると私は信じている "とリカードは述べている。しかし、これはずっと以前から計画されていたことです。すべて計画の一部なのだ。彼らは、COVID-19の詐欺騒ぎの間、COVIDがコインや現金に広がると言って、このことに世界の人々の感覚を鈍らせようとさえしたのです。

キャッシュレス社会への準備はできているか?WHO、汚染された現金でコロナウイルスが蔓延すると発表

これは文字通り、通貨を作り、他の人たちを支配しようとする人たち以外には誰も得をしないのだ。私はデジタル・ドルを "バイデン・バックス "と呼んでいるが、それは私が犯罪と考えるものについて、彼に全責任を持ってもらいたいからだ」とリカードは言う。「これは、あなたのオンライン銀行口座のお金とは違う・・・いや、これは新しく、違うのだ。すべてのデジタル・ドルは、ビットコインや他の暗号通貨のように、プログラム可能なトークンになる。しかし、大きな違いがあります・・・暗号通貨は分散型のデジタル通貨です。その代わり、もし私が見たとおりの展開になれば、バイデンバックスは米国連邦準備制度の完全な後ろ盾を持つことになります。現在ある現金(「不換紙幣」)ドルに取って代わるでしょう。すぐに、アメリカの唯一の義務的な通貨になるでしょう。

政府が奴隷であることにまだ気づいていないのなら、歴史の正しい側に立つのに良い時期でしょう。この新しいCBDCは、「政府が完全にコントロールし、監視する時代が始まるだろう」とリカード氏はWNDに述べた。「これは大げさな話ではない。これは誇張ではなく、連邦政府の権力と影響力を劇的に拡大させるだろう...本質的に、新しいタイプの『スパイウェア』として機能する。バイデン・バックスがあれば、政府はそのアジェンダに従うよう強制することができるようになる。なぜなら、もしあなたが従わなければ、彼らはあなたのお金を止めることができるからだ。これは銀行口座を凍結するようなものではなく、とても簡単なことだろう。"

これも恐怖を煽るようなものではありません。 "大統領令14067 "です。バイデンは2022年3月9日に署名しています。「憲法と合衆国法によって、大統領として私に与えられた権限により」。

憲法愛好家の皆さん、もうお分かりですか?ただの紙切れです。バイデンは紙切れにサインした一人に過ぎない。憲法に力があると信じているから 自由でいられないんだ 時間がないんだろう

「しかし、憲法が本当にあるのかないのか、これだけは確かだ。憲法は、われわれのような政府を承認してきたか、それを阻止する力を持たなかったかのどちらかだ。いずれにせよ、憲法は存在するに値しない」。
-ライサンダー・スプーナー

https://www.shtfplan.com/headline-news/cash-free-central-bank-digital-currency-roll-out-coming-in-december
325 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧