国際刑事警察機構:#MonkeyPoxの流行に伴い、ビル・ゲイツが「パンデミック」容疑で捜査対象に


vancouvertimes.orgより

インターポールの複数の情報筋によると、マイクロソフト社の創業者で億万長者のビル・ゲイツ氏が、殺人および人道に対する罪の謀議で捜査を受けているという。ゲイツ氏は、起訴され有罪になれば、絞首刑に処される可能性がある。

※当記事は当サイトの意見を反映するものではありません。ホワイトハット活動家であるPhil氏による該当記事紹介があったため掲載しています。当記事に関する信憑性を当サイトは保証しておりません。

ゲイツはクラウス・シュワブと共謀して、未試験の致死性ワクチンで世界の人口の大部分を殺そうとして、インターポールの捜査を受けている。彼はまた、世界を破産させ、西側諸国を共産主義に近づけるためにパンデミックを製造したことでも告発されている。

ゲイツ氏は以前、人口抑制に関する公の発言で非難を浴びたことがある。彼はジェフリー・エプスタインと多くの時間を過ごしたことで知られており、小児性愛者であるという信憑性のある告発を受けている。

インターポールは、ジャスティン・トルドー氏とクラウス・シュワブ氏を同様の犯罪で捜査していることをバンクーバー・タイムズに確認した。クラウス・シュワブは、危険で未検査のワクチンでカナダ人を殺害するようトルドーに指示したことで告発されている。トルドーは、協力と引き換えに、キックバック、豪華な休暇、未成年のウクライナ人少女との接触を提供されたと告発されている。

テドロス・アダノム・ゲブレイエスは現在、人道に対する罪と大量虐殺の罪で裁判を待つため、オランダの刑務所にいる。有罪判決を受けた場合、彼は死刑に直面することになります。テドロス氏は現在、弁護団を雇っているところです。主流メディアは、ゲイツとシュワブがそのほとんどを支配しているためか、この件に関して沈黙を守っている。

有罪が証明されるまで、すべての関係者は無罪とみなされます。

UPDATE: Lead Storiesの「ファクトチェッカー」は、この記事が明らかに風刺であるにもかかわらず、「ファクトチェック」することに決めました。混乱を避けるため、記事の末尾に注釈を加え、風刺のセクションに配置しました。また、免責事項にも目を通すことを忘れないでください。

これは風刺記事です。保健当局は、COVID-19ワクチンは安全で効果的であると考えています。詳細については、CDC.orgをご覧ください。

https://vancouvertimes.org/interpol-bill-gates-under-investigation-for-plandemic/
303 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧