リモートビューイング、スーパーソルジャーケレスと火星昆虫戦争


WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON MARCH 29, 2022

exopolitics.orgより

2022年初頭、トニー・ロドリゲスは著書『セレス・コロニー・キャバリア』を出版した。そこには、火星で先住民のインセクトロイドと戦う軍の補助者として、そしてドイツが主導するダークフリートに従軍した奴隷としての「20-and-back」の体験が詳細に描かれている。ロドリゲスの本はコートニー・ブラウン博士の目に留まり、博士はリモート・ビューイング・プロジェクトを組織して、この本の中心的な主張のうちの2つを調査することになった。その結果、ブラウン博士はロドリゲスの証言は正確であり、完全な情報公開に大きな意義があると結論づけた。

まず、ロドリゲス氏の話を簡単に紹介するのが適切であろう。彼のトラウマとなる体験は、1981年、彼がまだ9歳で小学4年生だった時に始まりました。ロドリゲスは、教室の仲間に何かした罰として、「20-and-back」プログラムに強制的に参加させられたのです。彼は、イルミナティの高位メンバーの息子に公然と恥をかかせ、その影響力を利用して、ロドリゲスを密かに勧誘させたのです。ロドリゲスは3人のグレイの宇宙人と1人の小さなレプティリアンの宇宙人に拉致されたと言う。


https://youtu.be/Fp4299-vfPs

そして、遺伝子検査を行い、どのような技能を持っているかを調べ、秘密裏に行われる「支援」プログラムや、大きくなったら秘密宇宙プログラムの一つに利用できるようにしたのである。『セレス・コロニー・キャバリア』は、ロドリゲスがその後、さまざまな個人やグループに利用される奴隷として、いかに操られ、性的虐待を受け、屈辱を受けたかを詳細に描写している。

ロドリゲスは火星で、高度に知的なインセクトロイドを含む火星の先住民から企業の基地を守る傭兵部隊の奴隷戦士として短期間働いた後、小惑星帯にある小惑星セレスに連れていかれたと言う。セレスでは、ドイツ軍を中心とした「ダークフリート」の貨物船の乗組員として13年間働きました。ロドリゲス氏の体験談については、以前のインタビュー記事をご覧ください。


https://youtu.be/MNIx72eRqWc

ブラウン博士は、ロドリゲス氏の主張の核心を探るリモート・ビューイング・プロジェクトを立ち上げる際、ブラインド・サイエンスのプロトコルを取り入れることを強調した。4人の専門家リモート・ビューワーは、誰も調査対象や被験者について何も知らなかった。また、ブラウン博士がロドリゲスと接触したり、連絡を取ったりすることもなかった。

リモートビューイングセッションの対象者は2名。

ターゲット1:小惑星ケレスの内部。

目標2:現在トニー・ロドリゲスと呼ばれている人格と、彼の著書『セレス・コロニー・キャバリア』の185〜193ページに書かれている火星の「バグ」たちとの相互関係。


また、リモートビューイングセッションの前半では、4人のリモートビューワーは、本の中で確認されたいくつかの人物、場所、船に焦点を当てました。リモートビューワーには、ターゲット1、サブジェクトKなど、英数字のターゲット、場所、主題しか与えられなかった。その英数字が『セレス・コロニー・キャバリア』で語られている内容にどう対応しているのかは、ブラウン博士だけが知っていた。


https://youtu.be/Cq-CByak5d4

インティサム、アジズ・ブラウン、シャンテ、プリンセス・ジェニーの4人のリモートビューワーが、ターゲット1(ケレス上の基地)について見たこと、さまざまな対象や場所などの映像を共有した後、ブラウン博士から次のような概要が語られました。

なるほど、ケレスと呼ばれる小惑星や惑星は、内部がかなり空洞になっているようですね。内側に基地があるのです。しかも、その基地には地球外生命体が多数存在し、基地の管理は旧ヨーロッパ人が行っているというトニー・ロドリゲスの記憶には裏付けがあるようだ。確かに、元ドイツのナチス。

どうやら、断片を引っ張り出してみると、ファーサイトのミステリープロジェクトでお伝えした、レプティリアンが組織した奴隷傭兵部隊「ハイジャンプ作戦」と同じナチスであることがわかります。このようなナチスやIS-BEは、他の人と同じように、それぞれの身体が消耗すれば、新しい身体に乗り移ることができると私は理解しています。だから、元ナチがまだウロウロしていることは十分あり得ることだ。


これは、トニー・ロドリゲスが13年間、惑星ケレスの大規模な地下基地で活動する商船宇宙船に乗務していたという核心的な主張に対する、独立した驚くべき裏付けとなるものです。重要なことは、この基地と宇宙船が、ロドリゲスや他の人々が述べた「ダークフリート」と呼ばれる秘密宇宙プログラムを運営していた元ドイツのナチスによってコントロールされていたことが、リモートビューイングによって確認されたことである。


https://youtu.be/mmhV-hFAi-8

ファーサイト社のリモートビューイングプロジェクトの後半は、ロドリゲス氏が主張する火星の知的昆虫類との軍事的交戦に焦点を当てた。ここでも、ブラウン博士が情報を求めているターゲットと被験者を調べるために、リモート・ビューワーには英数字の用語だけが与えられた(例:ターゲット2、被験者A、など)。

4人のリモート・ビューワーが火星でのインキュボイドとの軍事交戦について、ロドリゲスが『セレス・コロニー・キャバリア』で述べた内容とほぼ一致する言葉で説明した後、ブラウン博士が出した結論がこれである。

では、何をもって事態を収束させるか。我々の見解では、トニー・ロドリゲス氏が著書『セレス・コロニー・キャバリア』で報告している活動、場所、出来事が実際に存在し、起こったことを示すデータだと思われます。セレス内部の基地の存在と、ロドリゲス氏が報告した火星での活動です。しかし、この2つの事柄と彼の著作の重要性と中心性を考えると、ロドリゲス氏が本に書いた残りの事柄も正確に書かれている可能性が高いと言うのは、妥当な判断だと思われます。とはいえ、それはそれとして。


このブラウン博士の結論を過小評価しないことが肝要である。複数の専門家による独立した調査によって、火星とケレスでの強制労働に関するロドリゲスの中核的な主張が確認されたところである。これはロドリゲスの本の全容を確認したわけではないが、特に奴隷労働の主張に関しては、その正確さの可能性が高いことを指し示すものであった。

奴隷労働については、ブラウン博士は次のような重要な指摘をしている。

さて、このような20年にわたる長期間の拉致監禁を止めるために、あるいは少なくともこのような事態に前向きな影響を与えるために、何ができるかを問うのは自然なことである。この状況を変えることができるのは、ただ一つ、情報公開です。否定的または抑圧的な地球外生命体がこのようなことをすべてやり過ごすことができるのは、たった一つの理由によるものです。彼らは、明らかに、一部の人間の権力者の同意を得て、密かにやっているのです。人類の大部分が砂の中に頭を突っ込んでいる限り、彼らはそれを続けるでしょう。開示こそが、人類を運転席に引き戻すために必要なたった一つのことなのだ。


ブラウン博士の言う通り、完全な情報公開によってのみ、奴隷として使われる拉致被害者の搾取を伴うこの秘密のプログラムが将来も続くことを防ぐことができる。秘密主義がこのような搾取を可能にするのであり、完全な透明性だけが、このような虐待的行為を終わらせることができるのです。他の人類は、地球外生命体がいかに長い間私たちと交流し、複数の秘密宇宙計画を生み出すに至ったか、そしてこれらの戦闘的存在がいかに肯定派と否定派の両方を含んでいるかという全体像に目を覚ます必要があるのだ。

とりあえず、宇宙と地球で奴隷に何が起こっているかを理解するために、トニー・ロドリゲス『セレス植民地の騎兵』を読み、ファーサイトの最新のリモートビューイングプロジェクト "セレスのスーパーソルジャー" を見ることを強くお勧めします。


▼購入はこちら
https://amzn.to/3wLUwQz

この記事の動画版はYouTube&Rumbleにあります
Apple、Spotify、またはGoogleでオーディオポッドキャスト

© Michael E. Salla, Ph.D. Copyright Notice

https://exopolitics.org/remote-viewing-ceres-super-soldiers-mars-insectoid-war/
1096 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧