何百万頭もの家畜が突然死する。食糧危機は続く

2022-12-04


2022年を通して、インフレ率は前例のないレベルにまで高騰している。燃料、食料品、住宅はほぼ毎週値上がりしている。
米国政府は何十億ドルもの資金を海外に流出させています。
同時に、国内のサプライチェーンの問題は、深刻な品不足を引き起こし、無数の消費者に影響を与えています。

今年、100以上の食品製造施設が不審な破壊を受けた。さらに悪いことに、市民はさらに別の不測の事態に備えなければならない。何百万という家畜、鳥、魚が異常な状態で死んでいるのだ。果たしてこれは偶然なのか、それとも何か裏があるのか。

食料供給に関して言えば、私たちの世界は急速に変貌しつつあります。アメリカでは、食用ナノテクノロジーの大量生産に向けて急速に進んでいる。
遺伝子組み換えのキメラ肉が、地元の店の棚を埋め尽くしている。
ビル・ゲイツが膨大な農地を蓄積し、独立した農家が「気候変動」法によって攻撃される一方で、一連の奇妙な死亡事故が起こっているのである。
大量の牛、豚、鶏などの動物が、驚くべき速さで死んでいるのだ。この11ヵ月間に起きた世界的な現象を時系列に追ってみた。

11月29日 米国コロラド州で牛の死骸が多数発見され、野生動物の専門家を困惑させる。
11月24日 米国で数百万羽の鶏と七面鳥が病死。
11月20日 オーストラリアのニューサウスウェールズ州で数万匹の魚が「窒息死」している。
11月17日 新しいダニが媒介する病気が、アメリカ全土で牛を死亡させている。
11月17日 ケニアでは「過放牧」による野生動物の大量死で、数百万人が飢餓の淵に立たされている。
11月10日 オランダで養鶏場の火災が発生し、3万羽の鶏が死亡。
11月9日パナマの海岸に何百もの海の生き物の死骸が打ち上げられる。
11月7日 鳥インフルエンザがイギリスのノーフォークで数十万羽の鶏、七面鳥、アヒル、ガチョウを死亡させる。
11月7日スペインのウエルバの海岸に、何十万匹もの魚の死骸が打ち上げられる。
11月4日 アメリカ西海岸でダンジネスクラブが壊滅的に死滅。
10月13日 ベーリング海で10億匹以上のズワイガニが消えた。
10月8日 悪天候により、カナダの小川で数万匹のサケが死滅。
10月3日 ヨーロッパでインフルエンザが流行し、4700万羽の鳥が死亡。
10月3日 アメリカで5000万羽の鶏と七面鳥が急病で死亡。
10月2日 北米で鹿の群れが伝染病により壊滅的な打撃を受ける。
9月29日 インドのニューデリーで10万頭の牛と水牛がウイルス性疾患で死亡し、200万人が発病。
9月27日 イギリスでは数百万羽の鳥が病気に感染し、死亡。
9月23日 イギリス・ボストンの川が数十万匹の魚の死体で埋め尽くされる。
9月22日 イギリスの海岸線に数トンの魚や甲殻類の死骸が散乱。
9月21日 ニューヨーク州ロングビーチアイランドの水路に数千匹の魚の死骸が溢れる。
9月21日 ジャマイカ、ポートモアの海岸に数千匹の魚の死骸が散乱。
9月12日 インド全土で67,000頭以上の牛が急病で死亡。
9月2日 テキサス州ウィチタの住民が地元の湖で数千匹の魚の死骸に遭遇。
9月1日 カリフォルニア州サンフランシスコの海岸線に数千匹の魚の死骸が広がる。
8月30日 パキスタンで大洪水が発生し、72万7000頭の牛が命を落とした。
8月26日 イギリスのサマーセットで数千匹の腐敗した魚が発見される。
8月22日 アメリカ、ジョージア州で鳥インフルエンザにより約1000羽の野鳥が死亡。
8月21日 イギリスのウェスト・サセックス州の海岸に数万匹の魚の死骸が打ち上げられる。
8月17日 ポーランドの川には100トン以上の魚の死骸が流れ込む。
8月8日 カリフォルニアで「山火事」によって数万匹の魚が犠牲になる。
8月8日 オーストラリアのニューサウスウェールズ州で数千匹の魚が死んでいるのが発見される。
8月8日 メキシコのユカタン半島の海岸に数千匹の魚の死骸が打ち上げられる。
7月25日 ファーン諸島で3,000羽以上の生きたままの野鳥が発見される。
7月23日 エチオピアの干ばつにより150万頭の家畜が死亡。
7月22日 カナダのニューファンドランドの住民が数千羽の鳥の死骸を発見。
7月20日 スペインのカディスの海岸に何百匹もの死んだ魚が打ち上げられる。
7月17日 アメリカ、カンザス州で数千頭の牛が死亡、「熱ストレス」が原因だとされる。
7月16日 イギリスのノーサンバーランドで数千羽の鳥の死骸が群衆によって観察される。
7月12日 ニューヨークのスタテンアイランドで数千匹の魚の死骸に遭遇。
7月10日 メリーランド州ボルチモアのパタプスコ川が数千の魚の死骸で埋め尽くされる。
7月8日 スコットランドのアバディーンシャーの海岸で何百羽もの死んだ鳥が発見される。
7月3日 ロシアの黒海で3,000頭以上のイルカが死んでいるのが発見される。
7月2日 カリフォルニアの海岸で、何万匹もの腐った魚が発見される。
6月21日 マサチューセッツ州マーサズ・ヴィンヤードで、数百羽の海鳥の死骸が発見される。
6月16日 アメリカのカンザス州で1万頭の牛が「湿気」のために死亡。
6月8日 ミシガン湖に数千匹の腐敗した魚が流れ着く。
6月8日 スペインのアルメリマールの湖で数千匹の魚の死骸が発見される。
6月7日 スコットランド東部の村人たちが海岸で数百羽の期限切れの鳥を発見。
6月6日 フランスのアリエで嵐の後、10万羽以上の鳥が死んでいる。
6月2日 ベネズエラのプエルトピリトゥの海岸で、散歩中の人々が数百羽の死んだ鳥を発見。
6月1日 カナダ・ケベック州で数百羽の死亡した鳥が発見される。
5月27日 チリの養魚場で30万匹以上のサケが突然死する。
5月26日 ニュージーランドのサーモン養殖場で大規模な死滅事故が発生。
5月24日 カナダ・ノバスコシア州の川で10万匹の魚の死骸が散乱。
5月19日 ニューメキシコ州クロヴィスで汚染された水が原因で、当局が3,665頭の牛を安楽死させる。
5月18日 メキシコのゲレロで5トン以上の魚の死骸が漂着。
5月6日 アメリカで3700万羽の鶏と七面鳥が散発的な病気で死亡。
5月8日 アメリカ・バージニア州で火災が発生し、数百頭の家畜が死亡。
4月28日 トルコのチグリス川で数千匹の魚の死骸が発見される。
4月14日 アメリカ・イリノイ州で数百羽の鳥が突然死する。
4月10日 西オーストラリア州で魚の大量死が発生。
4月8日 フロリダの海岸でホタテの死骸が大量に発生。
4月4日 カリブ海で前例のないウニの大量死が発生。
4月1日 カナダのニューファンドランド西部の住民が数百羽の瀕死の海鳥に出くわす。
3月31日 フランスでインフルエンザにより1,200万羽の鳥が死亡。
3月24日 ブラジルのバーラ・ダ・チジュカの海岸に数トンの魚の死骸があふれる。
3月22日 バングラデシュのコックスバザールで数千匹の魚の死骸が発見される。
3月18日 アメリカ、サウスダコタ州で85,000羽の鳥が安楽死させられる。
3月17日 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州で「洪水」によって数十万匹の魚が死亡。
3月15日 マダガスカルのFort-Dauphinの住民が湖で数千匹の死んだ魚を発見。
3月12日 アメリカ、インディアナ州のシーダー湖で魚の大量死が起こる。
3月8日 アメリカ合衆国のアイオワ州とミズーリ州で280万羽の鳥が突然死する。
2月25日 インドのコラプールで川が数千匹の浮魚の死体で埋め尽くされる。
2月22日 チリの海岸に数万匹の腐敗した魚が打ち上げられる。
2月17日 アメリカ・ミズーリ州のセントルイスで、100羽以上の鳥が飛行中に突然死亡。
2月14日 エルサルバドルのウスルタンで数千匹の魚とマンタの死骸が発見される。
2月13日 ブラジルのリオグランデ・ド・スル州で15トン以上の魚が天候の影響で死亡。
2月11日 ウェールズのペンブルックシャーで「電気ショック」が起こり、数百羽の鳥が死亡。
2月10日 H5N1がアメリカ・インディアナ州で3万羽の七面鳥の命を奪う。
2月7日 メキシコのクアウテモックで数百羽の鳥が突然死亡。
2月6日 イギリス、カンブリア州の地元住民が海岸線に何百羽もの鳥の死体を発見する。
2月2日 ウルグアイで「熱波」によって40万羽の鶏が死亡。
1月30日 ケニアで干ばつによる家畜の大量死が発生。
1月27日 ギリシャで「寒冷化」により数千匹の魚が死亡。
1月26日 ケニア北部で嵐の後、数万頭のヤギと羊が死亡。
1月26日 日本の北海道で前例のない魚の死が発生。
1月24日 アメリカ・カリフォルニアの海岸線では、何百羽もの鳥が死に絶える。
1月19日 メキシコのプエルト・バジャルタで海水浴客が数百匹の魚の死骸を発見。
1月18日 アルゼンチンのクルス・デル・エヘの海岸線に数万匹の魚の死骸が見られる。
1月17日 ニューカレドニアのフアイユで数トンの魚の死骸が発見される。
1月14日 イギリス、ヨークシャーで海の生物が大量死し、「数マイルにわたってすべてが死んでいる」。
1月13日 アルゼンチンのパラナ川で数千匹の魚の死骸が浮遊しているのが発見される。
1月6日 イギリスのリンカーンシャーで100万羽の鶏が病気で死亡。
1月5日 カナダのノバスコシア州で1000匹以上のスズキの死骸が謎の漂流をする。
1月5日 ウェールズの海岸で数万匹のヒトデの死骸が出現。
1月5日 オランダで100万羽の鳥が急病で死亡。



これらの事件の中には、単なる偶然の産物として片付けられるものもある。しかし、このような大災害が繰り返し起こる統計的な確率はどの程度なのだろうかと考えざるを得ない。
偶然とは、ある特定の出来事が同時に起こることであり、それはランダムに起こる。今、起きていることは、計算された行動の意図的なパターンに見える。
現代の戦争は、より狡猾な技術に進化している。気象改変、電磁波兵器、バイオテロは現実の脅威である。
生命を維持するために必要なものを狙うこと以上に、社会を攻撃する方法があるだろうか。
ヘンリー・キッシンジャーがかつて言ったように。
「石油を支配すれば国家を支配し、食糧を支配すれば国民を支配することになる」。

https://downthechupacabrahole.com/2022/11/30/millions-of-livestock-animals-are-dying-suddenly-the-war-on-our-food-supply-continues/?_ga=2.218020369.641678812.1670169302-1795869114.1670169302
433 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧