2022年も続く、アルミニウム、銅、鉄、鋼鉄の生産停止

2022-10-21

naturalnews.comより

2020年、世界的な閉鎖が世界中の政府高官や多国籍企業によって宣伝され、推し進められ、賞賛された。最終的に、共産主義の理想と命令が社会の構造にしみ込むにつれて、これらのロックダウンは大多数の人々によって拒否された。

しかし、2022年、産業全体が四面楚歌となり、SHUTDOWNSが目立たないように、こっそりと行われるようになったのです。反炭素、反肥料、反石油、反肉政策がその犠牲になっている。戦時中の対ロシア制裁は、深刻な経済的打撃を与えている。さらに、世界中で食品製造工場が焼き払われ、倒産に追い込まれている。アルミニウム、銅、鉄、鋼鉄の生産者も世界中で驚異的な速度で倒されている。(関連記事 エネルギーコストが高騰し、ヨーロッパの鉄鋼生産は崩壊寸前で、世界経済に壊滅的な波及効果をもたらすだろう)。

以下は、アルミニウムや銅の製錬所、鉄鋼メーカー、各種鉱物メーカーの最近の買収のリストである。

鉄鋼、アルミニウム、銅、亜鉛、金など、世界各地で減産や完全操業停止が行われています。
  • モンテネグロで唯一のアルミニウム製錬所であるUNIPROMKAPは、高騰する電気料金の支払いができず、永久に閉鎖されることになった。電力供給会社は経済的な電力価格を提示できず、アルミニウム製錬所は永久に閉鎖せざるを得なくなりました。
  • ペルーの銅鉱山MMG LTD LAS BAMBASは、2022年2月に操業停止となりました。活動家が鉱山への道路を封鎖し、操業を停止した。
  • かつてウクライナの大規模な鉄鋼工場だったARCELORMITTAL SAは、ロシアの侵攻に対する圧力に複数の外国企業が屈服し、3月に操業を停止した-鉄鋼工場は経済的でなくなってしまったのだ。
  • 英国のロザラムにあるリバティ・スチール社の工場は、上昇する電力コストについていけず、生産を完全に停止せざるを得なくなった。
  • ドイツのSALZGITTERAG Steel Producerは、3月にPeine工場での製錬作業を大幅に縮小し、その過程で多くの労働者を解雇した。
  • スペインのオラベリアにあるARCELORMITTAL SAのSESTAO製鉄所は、高い電力コストに耐えられず3月に閉鎖を余儀なくされた。それ以来、操業は断続的に続いている。
  • セルサグループもエネルギーコストの高騰により、バルセロナでの鉄鋼生産を縮小せざるを得なくなった。エネルギー価格の高騰に対応するため、同社の炉は断続的に稼動している。
  • スペイン最大の鉄鋼メーカーであるアセリノックス製鉄所は、3月にオフラインになった。同社はその後、カディスでの操業を停止している。
  • ペルー第2位の銅生産者であるサザン・コッパー・コープス・クアホネ鉱山は、活動家が同社の水と鉄道へのアクセスを遮断したため、操業を停止した。
  • チリの大手銅製錬所であるコデルコ社のベンタナス製錬所は、生態系管理者が労働者に複数の病気が発生したと報告したため、閉鎖した。
  • イタリアのアクシアイエリア製鉄所は、生産コストが手に負えなくなり、ほぼすべての操業を停止した。現在も稼働しているのは高炉1基のみです。
  • 欧州の著名なアルミ製錬所であるNORSK HYDROは、2022年8月にスロバキアの工場を閉鎖した。電力価格は、欧州各地のアルミ製錬所を圧迫し続けている。
  • オレゴン州ポートランドのコロンビア・スチール・キャスティング・カンパニーは10月に工場を閉鎖し、100年以上の歴史に終止符を打った。
  • タルムアルミ製錬所は、エネルギーコストのためにアルミニウムの生産量を20%減らしています。ブルガリアのDundee Precious Metals、オーストラリアのOz Minerals、オーストラリアの鉄鉱石生産会社BHP Group、ホンジュラスの金生産会社Aura Minerals、ブラジルのVale SA、マレーシアのFortress Minerals、カナダのFirst Quantum Minerals、南アフリカ、カメルーン、ブラジル、オーストラリアのアングロ・アメリカンの銅製錬事業など、いくつかの鋳物工場の生産も2桁減となる見込みです。

これらの気候シャットダウンの影響は、2023年以降に世界的に現れるでしょう。

https://www.naturalnews.com/2022-10-20-aluminum-copper-iron-steel-production-shuttered-alarming-rate.html
388 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧