新デジタル通貨はプライバシーを破壊し、購入の完全監視を可能にする

2022-10-04

naturalnews.comより

グローバルエリートが推し進める新しい技術は、それが優れているから推し進められるのではなく、個人主義や自由を破壊するから推し進められるだけだと言っていいでしょう。

新世界秩序の西側信奉者たちによって推し進められる新しいデジタル通貨には特にそうで、彼らの中にはそれを認めている人さえいる。

リクレイムザネット(Reclaim the Net)が報じたように、"プライバシーが中央銀行デジタル通貨(CBDC)について市民が抱く主な懸念の一つであるにもかかわらず、米国(US)連邦準備制度と欧州中央銀行(ECB)のトップは、それぞれのCBDCが匿名でないことを確認した。"とある。

フランス銀行(Banque de France)のイベントに出演した米国連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は、米国が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を追求することがあれば、その通貨は「身元確認済み」であり「匿名ではない」だろうと述べました。

「我々は、プライバシー保護と身元確認のバランスを取ることを検討している。これは...もちろん、今日の伝統的な銀行システムでも同様に行われなければならない」とパウエルは付け加えた。

リクレイムザネット(Reclaim the Net)が補足している。

欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁は、欧州連合(EU)が提案するCBDC(デジタル・ユーロ)について、ヨーロッパ人が抱く主な懸念のひとつがプライバシーであることを認めた。こうした懸念にもかかわらず、彼女はデジタル・ユーロを使用する場合、「銀行券のように完全な匿名性はない」ことを確認した。

ラガルドは、「情報開示は限定的であり、中央銀行レベルではないことは確かだ」と述べた。

また、ECBは来年までにデジタルユーロの試作段階に移行するかどうかを間もなく決定するとし、潜在的なデジタル通貨の主要な特徴として、中央銀行に個々のユーザーの残高を制限する権限を与えることも説明した。

「また、デジタル・ユーロが決済手段以上に魅力的な投資とならないよう、保有額の制限や報酬に関する高度な階層化システムなど、十分に設計されたセーフガードを設けるべきだと考えています」と、ラガルドは述べた。

デジタル通貨を追跡する、つまりデジタル通貨のユーザーを追跡するというコメントは、明らかに何億もの人々がデジタル通貨の使用に関して抱いている懸念を反映している。たいていの場合、人々はプライバシーが失われることにショックを受けている。デジタル時代には、そもそも権利が縮小しているのである。しかし、それだけでなく、中央銀行がデジタル通貨を導入することで、人々のお金の使い方や貯め方をよりコントロールできるようになるという、正当な懸念もあるのだ。

「EPICはFRBに対し、プライバシーを優先し、現在のデジタル決済システムにおけるプライバシー侵害を繰り返したり悪化させたりしないような中央銀行デジタル通貨(CBDC)の設計と実施に慎重なアプローチを取るよう促した」と電子プライバシー情報センターからの声明は述べています。「EPICは、デジタル・キャッシュの発明者として広く知られている諮問委員会メンバーのDavid Chaumの研究に基づいたCBDCをFRBに提言しました。

「EPICは、CBDCは個人の金融プライバシーを改善することができるが、それは現金と同等の匿名取引を促進するように設計されている場合に限られると主張しました。「そのようなプライバシー保護のCBDCは、基礎となるプロトコル、システム、デバイスの綿密な規制とテストを必要とし、永続的なデジタル台帳を持たないトークンベースのシステムを使用した現金に似たデジタル通貨として設計されるべきです」。

このグループは、プライバシーが定期的にビッグテックと政府によって同様に侵害されている時代に、より多くのデジタル・プライバシーを代表して「定期的に」提唱していると付け加えました。

"EPICは、デジタル取引におけるプライバシーと消費者保護を定期的に提唱しています。"と声明は付け加えました。


https://www.naturalnews.com/2022-09-30-new-digital-currencies-global-elite-will-destroy-privacy.html
307 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧