ビル・ゲイツが世界的な感染症対策を実行していることを保健当局が認める

2022-09-29

tapnewswire.comより

Politicoに掲載されたレポートで、米国と欧州の当局者とグローバルヘルスの専門家は、ビル・ゲイツが世界のCOVID対応を実行していることを認めています。

一目瞭然

2022年9月14日、ポリティコは、ビル・ゲイツが世界的なCOVID対応を実行していることを認める、米国や欧州の当局者や世界保健専門家への4ダースのインタビューに基づく特別報道を発表しました。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団、GAVI、CEPI(疫病対策イノベーション連合)、ウェルカム・トラストの4つの保健組織が、急速に世界的なパンデミック対策の主導権を握りましたが、4つとも独立組織と主張しているものの、実際にはすべてゲイツが設立したり資金提供したりしているものです。
ゲイツ財団、GAVI、CEPI、ウェルカム・トラストは、パンデミック発生の初期に、ワクチンメーカーの特定、検査、薬物治療、mRNA注射の資金調達、世界保健機関との協力による世界的な配布計画の策定などの協調作業を開始しました。結局、彼らはすべての面で自分たちの目標を達成することができなかった。
ゲイツは健康を推奨する資格はなく、一般市民の代表として選ばれたこともない
ゲイツはその富と影響力、そして抜け目のなさを利用して、自らの経済的利益のために世界の健康政策に口を出すことができる立場になった

ビル・ゲイツがグローバルヘルスに不当な影響力を行使しているという考えは、一貫して否定され、おかしな陰謀論として退けられてきた。しかし、他の多くの事柄と同様に、この陰謀論は今、陰謀の事実であることが判明しつつある。

2022年9月14日、ポリティコは、「ビル・ゲイツとそのパートナーはいかにしてグローバルCOVID対応を引き継いだか」という見出しの、「米国とヨーロッパの当局者やグローバルヘルス専門家への4ダースのインタビュー」に基づく大規模な特別報道を発表した1。

SubstackのIgor Chudovが指摘するように2、この見出しは数時間のうちに次のように編集された。Chudovが以下のスクリーンキャプチャで示したように、「4つの民間グループがその権力を使って、ほとんど監視されることなく、いかにCOVIDの世界的な対応をコントロールしたか」という見出しに編集されています。



不思議なことに、この編集から5時間後、Politicoは見出しを元に戻し、この記事を書いている時点では次のようになっている:
"ビル・ゲイツとパートナーは、その影響力を利用して、ほとんど監視することなく、世界的な感染症対策をコントロールすることができました。"元の見出しから消えている単語は、"his"だけである。この見出しが15時間の間にどのように変化していったかは、archive.todayで見ることができる。

4つのゲイツ組織が世界のCOVID対応を独占している

Politicoによれば 、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、GAVI、CEPI(疫病対策イノベーション連合)、ウェルカム・トラストの4つの保健組織が急速に世界のパンデミック対応の主導権を握り、4組織とも独立組織と言いながら、実はすべてゲイツが設立、あるいは出資しているのだそうである。

「Covid-19が発生したとき、世界各国の政府は準備ができていなかった」とPoliticoは書いている。「最も強力な国家が内向きになる一方で、4つの非政府の国際保健機関が、境界を知らないウイルスとの生死をかけた戦いに向けて計画を立て始めたのである。

米国と欧州に拠点を置くPOLITICOのジャーナリストとドイツの新聞WELTによる7カ月間の調査によれば、その後、圧倒された政府から非政府組織グループへと、ほとんど不可抗力ともいえるほど着実に権力が移行した。

専門知識を持ち、西側諸国の最高レベルとのコネクションを持ち、医薬品メーカーとの良好な関係によって力を得た4つの組織は、しばしば政府が果たす役割を担ったが、政府のような説明責任はなかった。


ポリティコの調査から得られた6つの教訓

発生当初、各国政府がまだその深刻さを議論していた頃、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、GAVI、CEPI、ウェルカム・トラストは、世界保健機関と協力して、ワクチンメーカーの特定、検査、薬物治療、mRNA注射の資金提供、世界規模の配布計画策定などの協調作業を開始しました。サイドバーで、Politicoは調査から得られた6つの重要なポイントを紹介しています。

1.4団体は2020年以降、COVIDのために約100億ドルを費やしており、これは海外でのCOVID対策を任務とする米国の主要機関と同額です。
2.4団体は合計で14億ドルを世界保健機関に提供し、COVID-19ツールを配布する重要なイニシアチブの創設を支援しました。このプログラムは、当初の目標を達成することができませんでした。
3.組織のリーダーは、政府の最高レベルへの前例のないアクセスを持っており、米国と欧州の議員や当局者へのロビー活動に少なくとも830万ドルを費やしています。
4.米国、EU、WHOの代表者は、これら4つの組織の職員としてローテーションし、ワシントンやブリュッセルでの政治的、財政的コネクションを強固なものにするのに役立った。
5.4つの組織のリーダーは、公平性のギャップを埋めることを約束した。しかし、パンデミックの最悪の波の中で、低所得国は命を救うワクチンを手に入れることができませんでした。
6.4団体のうち3団体のリーダーは、ワクチン供給を増やすために知的財産権保護の解除は必要ないとの立場を貫き、活動家たちは、それがあれば命を救うことができたと信じていました。


無資格・無選別

Politicoが詳述しているように、ゲイツ氏のロビー活動と資金力によって、COVIDに対する国際的な対応は、個々の政府から「非政府の専門家による私的な世界的構成員」へと急速に移行していったのです。

ビル・ゲイツに、米国政府が莫大な資源をどこに投入すべきか、助言する資格があるのだろうか?" ~ 国境なき医師団のアクセス・キャンペーンのシニア・ポリシー・アドバイザー、ケイト・エルダー。


米国では、バイデン大統領が50億ドルのCOVID予算の中でCEPIにのみ5億ドルの予算を計上しているが、この予算はまだ議会で承認されていない。しかし、国境なき医師団のアクセス・キャンペーンのシニア・ワクチン・ポリシー・アドバイザーであるケイト・エルダーは、次のように指摘している。

ビル・ゲイツに、アメリカ政府が莫大な資源をどこに投入すべきか、助言する資格があるのだろうか。


ジョージタウン大学教授で公衆衛生法を専門とするローレンス・ゴスティン氏は、ポリティコにこう語った

私たちは深く憂慮する必要があると思います。非常に下品な言い方をすれば、お金で影響力を買ってしまうのです。そして、これは最悪の影響力なのです。お金だからというだけでなく、お金に左右されるのではなく、密室での優先的なアクセスだからです。

[反民主主義的で、透明性がなく、不透明で、一般の人々や地域社会、市民社会から取り残されたものだからです。


ゲイツはWHOを「所有」している

ゲイツはWHOへの数十億円の寄付を通じて、WHOの意思決定に大きな影響力を持っていることは多くの人が指摘している。2021年9月、WHOの内部関係者であるアストリッド・スタッケルベルガー博士がゲイツのことを内部告発し、WHOが実際にはゲイツに支配されており、ゲイツが自らの経済的利益のために政策を決定していることを説明した。

Politicoが注目する4つの組織のうち、最も重要なのはGAVI(ワクチン同盟)であろう。ゲイツが設立したGAVIは、スイスに本部がある。2009年、GAVIは国際機関として認められ、適格外交特権を含む包括的な免責を与えられたが、この組織が外交特権を得るような政治力を持たないことを考えると極めて奇妙なことである(9)。

さらに奇妙なのは、GAVIの免責条項が外交官のそれをも超えていることです。GAVIの免責は、犯罪的なビジネス取引を含む、関与のあらゆる側面をカバーしています。同様に奇妙なのは、完全に非課税であることです。

GAVIは基本的に何の影響も受けずにやりたいことができるのです。仮にGAVIが犯罪捜査に巻き込まれたとしても、警察はGAVIに対して捜査や証拠の収集すらできないのです。それくらい、GAVIは守られているのです。そして、スタッケルバーガーによれば、GAVIはWHOを実際に指揮している団体なのだそうです。

スタッケルバーガーによると、ゲイツは2017年に、WHOの執行委員会--加盟国のようなもの--に、表向きは自分が多額の資金を提供しているからという理由で入れるよう要求したそうです。ゲイツが正式に加盟国の地位を得たという証拠はないが、彼は別のパワープレーを考え出したようだ。

スタッケルバーガーは、ゲイツとWHOがスイスの食品医薬品局であるスイスメディックと三者間契約協定を結んだことを指摘し、これは極めて異例なことであると述べた。つまり、本来、ゲイツは一人国家として投票されなかったときに、加盟国やWHOと三者契約を作り、実質的にWHOと同列に扱ったのだ!」と。

ゲイツがWHOの実権を握っているか、WHOと同等の力を持っているという考えを裏付ける一つの珍事は、ゲイツがパンデミックに対して世界が何をすべきかを最初に発表し、その後WHOが同じメッセージを出して、加盟国がそれに従わなければならないということを繰り返してきたことである。

しかし、グローバルヘルスやパンデミックへの対応を指揮するゲイツはいったい誰なのだろうか?彼は何者でもない。医学的な訓練も受けていない。健康問題について語る資格は全くない。大学を卒業すらしていない。そして、国民の代表として選ばれたこともない。

基本的に、ここにあるのは、一人の裕福な個人が、自分自身を豊かにするために、世界的な健康当局の意思決定能力を非公式に独占する方法を考え出したということであり、それは狂気を超えています。

ゲイツ氏の権力獲得に貢献したWHO

WHOがゲイツの出資する4つのグループにCOVIDへの世界的な対応を指示させた理由は、間違いなくゲイツのWHOに対する影響力である。Politicoが報じたように。

WHOは、各グループが権力を握る上で極めて重要であった。どの団体もこの世界的な保健機関と長い付き合いを持っていた。CEPIとGaviの理事会には、WHOの代表が特別に任命されている。

また、これらの団体とWHOの仕事の間には回転ドアがある。WHOの元職員は現在ゲイツ財団やCEPIで働いており、ゲイツ財団のカントリー・パートナーシップ担当副ディレクターであるクリス・ウォルフのように、重要なポジションに就いている者もいる。

これらの団体のWHOに対する影響力の多くは、単に金銭的なものから生じている。WHOが提供するデータによると、2020年のパンデミック開始以来、ゲイツ財団、Gavi、ウェルカムトラストは合計で14億ドル以上をWHOに寄付しており、これは米国や欧州委員会を含む他のほとんどの公式加盟国を大きく上回る額である。


ポリティコが取り残したもの

Politicoのレポートは広範囲に及んでいるが、チュドフのサブスタックの記事で挙げられた重要なパズルのピースの数々が含まれていないのである。例えば、次のようなものである

SARS-CoV-2は意図的に操作された生物兵器であるようだ。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、COVID-19を予言的に予測した2019年10月の卓上パンデミック対策演習「イベント201」の開催を支援し、このウイルスに関する「陰謀」を打ち消す大規模なプロパガンダと検閲キャンペーンが必要であることを指摘した。
ゲイツは2019年9月にBioNTechの310万株を5500万ドルで購入した当時、BioNTech は癌や他の慢性疾患に対する患者固有の免疫療法を手掛けていた。2020年3月中旬、BioNTechはファイザーと提携し、COVID mRNAジャブを開発した2021年8月までに、ゲイツの予見的な投資は17億ドルの価値を持つに至った。
ゲイツ財団は、SARS-CoV-2の開発に手を貸したと疑われる組織、エコヘルス・アライアンス17に資金を提供した。
ゲイツ財団はまた、ノースカロライナ大学(UNC)にも少なくとも56種類の助成金を出しており、そこではラルフ・バリック博士がSARS-CoV-2の開発に関連する機能獲得研究を行っていた。バリックはまた、エコヘルス・アライアンスと武漢ウイルス研究所(WIV)とも連携していた。
チュドフが閉会の辞で述べたとおりである。

とはいえ、この記事が掲載されただけでも、大きな意義があります。私たちのほとんどが知っていて、話していることが、いわゆる「メインストリーム・プレス」に掲載されるのである-もちろん、被害がすべて終わった後で、である。

ウイルスが放出され、何百万人もの人々が死に、10億人以上の若者が偽りの口実で強制的にワクチンを接種された。何かを変えるには遅すぎるとき、Politicoはようやく明白なことを述べたのだ。それでも、何もしないよりはましである。

ポリティコの記事にあることは、ほとんどすべて1年前に知られていた。その時Politicoはどこにいたのか?政府のCOVIDワクチン広告費を取るのに忙しかった。パンデミックは犯罪であり、事故ではない。


ゲイツ-ファウチのワクチン接種計画

しかし、このドラマの宿敵はゲイツ氏だけではありません。アンソニー・ファウチ博士もまた、重要な人物である。皮肉なことに、ゲイツ氏は、ヨーロッパ人がファウチ博士のことをよく知らないので、「COVID陰謀論の罵倒の矢面に立たされた」と主張している。彼は最近、フォーチューン誌にこう語っている。

アメリカでは、私とトニー・ファウチが注目されましたが、国際的には私だけが注目され、トニーのことは知られていませんでした。


しかし、ゲイツは人々の健康に対する過度の影響力に対する懸念を冗談として受け流そうとしているが、彼が本当に資格のない糸を引いていることを示す証拠には事欠かない。

ビル・ゲイツ、世界征服の計画を打ち出す」で、私は、WHOにおけるゲイツの役割と、最終的に世界中のすべてのヘルスケアに関する決定を掌握するWHOの計画について検討した。また、ゲイツとファウチがどのように協力し、アメリカ国民に対して強大な権力を行使する官民パートナーシップを形成してきたかも見てきた。

2000年には早くも、ファウチとゲイツは世界的なワクチン事業を管理・拡大する契約を結び、2021年には地球上のすべての男性、女性、子どもに実験的なCOVID注射を打つという計画で頂点に達しました。ゲイツとファウチの協力関係は、ロバート・F・ケネディ・ジュニアのベストセラー、"The Real Anthony Fauci "に詳しく書かれています。この記事のトップにあるビデオは、彼らの共同計画を要約したものである。

メルコラ・ニュースレターを購読する

免責事項:このウェブサイトのすべてのコンテンツは、特に断りのない限り、Dr. Mercolaの意見に基づいています。個々の記事は、それぞれの著者の意見に基づくものであり、著作権は明記されている通り、著者に帰属します。

https://tapnewswire.com/2022/09/health-officials-admit-bill-gates-is-running-the-global-covid-response-dr-mercola/
445 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧