ウォルマートをはじめとする米国大手小売業は、夏の終わりに数十億ドルもの注文をキャンセルしているのはなぜか?

2022-09-22

tapnewswire.comより

彼らは、私たちに言っていない何かを知っているのでしょうか? 下記の通り、ウォルマート、ターゲットをはじめとする米国の大手小売業者は、来るホリデーシーズンを前に、文字通り何十億ドルもの注文をキャンセルしています。 このようなことは今まで聞いたことがありませんし、通常であれば全く意味のないことでしょう。 ホリデーシーズンは通常、小売業者にとって1年で最も忙しい時期ですが、2021年のこの時期には、実は世界的なサプライチェーンの問題から、十分な在庫が確保できないのではないかという懸念が大きくなっていたのです。 しかし、今はすべてが変わっています。 突然、大手小売業者が熱狂的に注文をキャンセルしていますが、これは深刻な景気後退が差し迫っている場合にのみ意味があることでしょう。

例えば、ウォルマートは、来るホリデーシーズンに向けて「何十億ドルもの注文をキャンセルした」と認めている...。

ウォルマートのEVP兼CFOであるジョン・デイヴィッド・レイニーは、夏物在庫の大半を処分し、エレクトロニクス、家庭用品、スポーツ用品における露出を減らし、「数十億ドルの注文」をキャンセルして在庫の適正化を図ったと述べた。彼は、「第3四半期における我々の行動は、絶対的なレベルとミックスの合理化に向けて大きく前進することができ、それによって我々の店舗はホリデーシーズンに向けて良いポジションにつくことができるだろう 」と述べています。


ウォルマートがそのようなことを決行するとは、極めて奇妙なことである。

最近、ウォルマートの店内を散策する機会があったが、在庫の穴はたくさんあった。

では、なぜ、ホリデーシーズンに必要だと考えていた「数十億ドル」の注文を突然キャンセルしたのだろうか?

おそらく、どこかの気鋭の記者がそのような質問をしてくれることだろう。

一方、ターゲット社も「15億ドル以上」の注文をキャンセルしたことが判明した...。

ターゲットは、第2四半期を通じて、裁量的なカテゴリーにおける15億ドル以上の注文をキャンセルし、商品を値下げすることで、「裁量的なカテゴリーにおける在庫エクスポージャー」を削減したと発表しました。


ターゲットはウォルマートよりずっと小さいので、ターゲットがこれほど多くの注文をキャンセルすることは、本当に大きなことなのです。

そして、Kohl'sとUnder Armourも同様に大量の注文をキャンセルしていることが判明しました...。

Kohl'sはまた、在庫過剰を乗り切るために、受注を引き下げ、プロモーションを増やした。

コールズのCFOであるJill Timm氏は、投資家との電話会議で、「プロモーションを増やし、過剰在庫の解消に積極的に取り組み、入荷を控えるなど、在庫対策に取り組んできた」と述べた。

アンダーアーマーも、「正しい在庫が正しいタイミングで入ってくる」ように、サプライチェーンの制約から積極的にキャンセルを行ったと、臨時社長兼CEOのコリン・ブラウンは投資家との電話会談で述べています。


これらの小売業者は明らかに、売るに売れない大量の在庫を抱えることになるのを恐れているのです。

今後数カ月間の経済活動が当初の予想よりはるかに低調になると考えているのだろうか。

実際に不況がやってくると公言している企業経営者の一人が、フェデックスのラジ・スブラマニアムCEOだ......。

フェデックスのラジ・スブラマニアムCEOは24日、CNBCのジム・クレイマーに、世界経済の後退が差し迫っているとの見方を示した。

「私はそう思っている。しかし、この数字はあまり良い兆候ではありません」スブラマニアムは、経済が「世界的な不況に突入しているのか」というクレイマーの質問に対して、こう答えた。

このCEOの悲観論は、フェデックスが第1四半期の収入と収益の予想を下回ったことを受けてのものだ。同社はまた、通年のガイダンスを撤回した。


悲しいかな、彼の言うことは的を得ている。

私は数ヶ月前から、経済指標は大きな問題の到来を告げていると警告してきたが、今や誰もがそれを理解できるようになった。

しかし、2008年と2009年の「大不況」とは異なり、今回は経済活動が鈍化しているにもかかわらず、猛烈なインフレに対処しなければならないのである。

実際、ウォールストリート・ジャーナル紙は、暖房費がとんでもない水準に高騰しているため、米国の消費者は「この冬、さらに多くの費用を支払うことになる」と不吉な警告を発している...。

米国の電力会社の顧客は、ここ数年で最大規模の請求書に直面しており、天然ガス価格が上昇を続けているため、この冬はさらに多くの金額を支払うことになりそうだ。

ウクライナ戦争で悪化した世界的な供給不足のため、天然ガス価格は今年2倍以上になっており、冬の間、照明や暖房に燃料が必要なため、数カ月は高止まりすると予想されている。この供給不足は、電力会社が電力を購入したり生産したりするコストを大幅に引き上げ、そのコストは顧客に転嫁されています。


生活費は、ここしばらくの間、私たちの給料をはるかに上回るペースで上昇しており、さらに多くの苦痛が待ち受けている。

ブランドン・スミスが最近、米国経済の現状を次のようにまとめているのがとても気に入った。

オルタナティブ・エコノミストに対して批判的な人たちがよく言うのは、私たちは長い間危機を予測してきたのだから、"いずれは正しくなる "ということです。このような人たちは概して、経済衰退の本質を理解していない。それは、時間をかけて積み重なった雪崩が、山から流れ落ちるときに壊れ、急速にエスカレートしていくようなものだ。今まさに経済崩壊の真っ只中にいるのに、雪と寒さに慣れてしまっているために、それが見えないだけなのだ。

経済衰退は何年もかかるプロセスであり、1929年の市場暴落や2008年の暴落のような出来事が起こるかもしれないが、こうしたパニックの瞬間は、誰もがずっと前に予測できたはずなのに、拒否した、氷が転がる大波が残した残骸に過ぎないのである。


本当にその通りです。

私たちはすでに猛烈な経済危機の真っ只中にいますが、これから数ヶ月、数年の間に事態はさらに悪化していくでしょう。

ウォルマート、ターゲット、その他の大手小売業は、来るべき事態に備え、懸命に努力しています。

あなたはどうですか?

なぜなら、この時点で、非常に困難な時代が到来していることは、誰の目にも明らかであるはずだからです。


https://tapnewswire.com/2022/09/why-are-walmart-and-other-major-u-s-retailers-canceling-billions-of-dollars-in-orders-as-summer-comes-to-an-end/
369 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧