ベンジャミン・フルフォード - 2022年9月12日:エリザベス2世の移動に伴い、10月革命が西側に迫っている。


stillnessinthestorm.comより
by Benjamin Fulford, September 12th, 2022

エリザベス二世の死は、今年10月に西洋で起こるある種の巨大なブラックスワンの兆候の一つである。残るは、これが流血の革命となるか、無政府状態となるか、それとも平和的な移行となるかである。

まず第一に、QEIIの死は、西側世界の秘密指導部として多くの人に知られている300人委員会のトップの死を意味する。これは、西洋の軍事指導部であるマルタ騎士団の全トップランクの解任に続くものである。グノーシス主義のイルミナティ関係者によると、西洋の権力を象徴する3つのエジプトのオベリスクは、すべて倒される予定だという。最初のオベリスクは、ロンドン市内にあり、金融の権力が存在する。QEIIの死によって、それは倒れたという。2本目のオベリスクは、ワシントンDCにあるもので、軍事力のある場所である。マルタ騎士団の実力主義的なリーダーシップに取って代わられ、没落した。3本目のオベリスクは、精神的な力を象徴するもので、ローマにある。だから、今、ローマ法王庁に注目が集まっている。イルミナティ関係者は、フランシス法王が今後数日のうちに華々しく公然と解任されることを約束している。

大きな変化は、欧米に限ったことではない。中国の共産党は、5年に一度の大きな全国大会を11月から10月に前倒しで開催した。そこでは、"新しい統治戦略 "につながる憲法改正が行われる予定だ。

https://english.news.cn/20220910/ba7f7502953142e5b1303cd54dd47176/c.html

アジアの秘密結社筋によると、台湾との合併や共産党の改名などが会議で話題になるという。

また、9月には世界のリーダーやパワーブローカーが集まる前例のない会議が開催される。

例えば今週は、9月15日、16日にロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、インドのナレンドラ・モディ首相が会談する予定だ。その後、9月19日に女王の葬儀が行われます。これは、最近の世界史の中でも最大級の世界のパワーブローカーが集まることになる。例えば、いわゆるアメリカのバイデン大統領や日本の天皇陛下などが出席される予定です。

また、アメリカ合衆社、国連、世界銀行、IMF、その他の西側勢力の柱を所有する一族にとって、9月30日の支払い期限が迫っていることも念頭に置かなければならない。

特に、ロックフェラー一族の運命が決定されようとしている。この一族のメンバーには、ヒラリー・クリントン、ビル・クリントン、マーク・ザッカーバーグ、ジョン・ポデスタ、デヴィッド・ロックフェラーJr.など、そうそうたるメンバーが名を連ねている。



多くの種類のエネルギー技術を抑圧することによって、この家族は世界史の中で他のどのグループよりも人類を後退させることを行ったと主張することができる。ゴムマスクのバイデン役者は、現在フランシスコ法王のふりをしているゴムマスクの詐欺師と同様に、彼らの下僕である。

(AK注:ゴムマスクではありませんただの皮膚の皺です)

世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ(ロスチャイルド)が率いるロスチャイルド家のフランスとスイス支部の運命も、この秋に決まりそうだ。

ロスチャイルド家、ロックフェラー家、そして彼らの詐欺的な不換紙幣に対して、世界中でボイコットが行われているので、彼らは間違いなく潰れることになるのです。バチカン銀行が9月30日付で彼らとの関係を断ち切ったことは、その最も明確なサインである。問題は、何が、誰が、彼らに取って代わるのか、ということだ。

また、グノーシス主義のイルミナティと英国王室との間のより大きな戦いもまだ決まっていない。

いずれにせよ、エリザベス女王が亡くなった今、彼女をめぐるいくつかの秘密と大きな謎を開示することができる。例えば、天皇陛下の従兄弟によると、911アメリカ同時多発テロの前に、QEIIは、このテロが象徴するブッシュ・ナチス・ファシストのクーデターに激しく反対したため、「殺されてクローンとすり替えられた」そうです。私たちは「クローン」やそのような話には懐疑的ですが、MI6の上級情報筋は、オリジナルの女王がずっと前にこの世を去ったことを確認しています。NSAの情報源も、彼女は「10年前に死んだ」と言っている。また、女王陛下の署名入りクリスマスカードが数年前に届かなくなったことも確認できる。

しかし、筆者は、ある人物と電子メールでかなり定期的に連絡を取っており、その人物は確かに本物らしかった。映画「ローマの休日」は実生活に即した軽率な行動に基づいているのかと尋ねると、「墓場まで持っていく秘密もある」と答えた。また、最近行われた在位70年の祝賀会では、何千人もの人々の前に姿を現した。

彼女が本当は誰であったにせよ、女王陛下が人類の90%を殺すというKM計画に反対する西洋の血統エリートの大きな派閥を率いていたことは間違いないだろう。彼らの考えは、炭素税を使って世界の指導者たちに森林を保護するよう金を払うことで、皆を殺さずに環境を守ることだった。彼女の派閥は、2000年に彼らのエージェントであるアル・ゴアが選挙に勝ったにもかかわらず、アメリカ大統領になれなかったことで敗北した。しかし、それ以来、彼らは戦い続け、最終的にはブッシュ一族全員を処刑させることに成功した。

https://stillnessinthestorm.com/2022/09/benjamin-fulford-september-12th-2022-october-revolution-looms-in-west-as-queen-elizabeth-ii-moves-on/
596 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧